スマートではあるけれど

25日に、当初の予定を前倒しして、「世界初」のWindows Phone 7.5搭載スマートフォン・IS12Tが巷に登場しました。私も、とりあえずどんなものなのかが見てみたくて、イオン浜松市野ショッピングセンターに足を運んでみました。
モール内に入居しているauショップには、IS12Tはモックアップしか置いてありませんでした。やっぱり浜松は田舎なのか?とがっかりしつつも、ダメでもともと…とイオンの携帯電話コーナーに立ち寄ってみると、こちらにはちゃんとIS12Tの実働機が展示されていました。何とも不思議だったんですが、ともかく目的はちゃんと達成できたわけです。


先に弟のささっちも実働機を体験していたので、話は聞いていましたが、確かに動作はなかなか気持ちいいですね。指に貼り付くようにぬるぬるっ(笑)と画面がスクロールします。もっとも、中身のデータが空っぽだったので、動作とは言ってもタイル状のアイコンが並んだメニュー画面くらいしか確認できなかったんですが。
筐体は薄型、コンパクトで、しかも防水・防塵仕様。かなりポップなボディカラー選択も、アクティブなイメージ作りとしてはこれもアリ、かも。ハードウェアとしてはなかなか魅力的な端末です。ただ、やっぱりOSのWindows Phone 7.5には、今後の展開でどうしても不安を覚えてしまいます。Microsoft社と心中する気合いがあるかどうか、というところでしょうか。
早期に発売することを重視したためか、この製品向けのカスタマイズがまだ不十分ですね。だいたい、Eメールのやりとりすらできない(後日アップデートで対応だそうですが)のはちょっと辛いところ。TwitterやFacebookなどとの密接な連携が特徴の「Peopleハブ」も、日本で展開するならmixiにも対応できると面白いところです。将来的にアプリが増えてくれば、解決していくことは多いのでしょうけどね。
アプリの追加でカスタマイズが可能な「スマートフォンらしさ」はあまり考えず、新しいユーザーインターフェースの携帯電話として捉えれば、これはこれで面白いかも知れません。まあ、いずれにしてもソフトウェアの対応がもうちょっと進むまでは待った方が良いと思いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です