ついに来たXGP

今日は、ソフトバンクモバイルの新商品発表会が行われました。実に11機種ものAndroidスマートフォンが発表され、auの発表会同様に端末はなかなか魅力的だとは思いましたが、ソフトバンクに乗り換えることのメリットを全く見いだせない私にとって、直接の興味はありません。
私にとって今回最大のトピックだったのは、下り最大110Mbpsという高速通信サービス「SoftBank 4G」が発表されたこと。このサービスが使用するAXGP方式は、かつてウィルコムが開発を進め、商用化サービス寸前まで行っていたXGPが、経営再建に伴いソフトバンクなどが出資する新会社に譲渡され…もうちょっと平たく言うとソフトバンクが体よくウィルコムから分捕って、さらに高度化したものです。
最初の対応機器であるWi-Fiルーターが発売される来年2月には、全国の主要都市で使える状態になるようです。そして、2012年度末までに「全国政令指定都市での人口カバー率が99%以上」という何とも微妙な表現ながら、さらにサービスエリアが広がる予定になっています。エリアマップが公開されていないので、何とも言えないところもあるんですが…。
来年以降はauがモバイルWiMAXで行っているのと同じようにスマートフォンに内蔵され、3G回線の負荷を逃がす(オフロード)のに活用していくつもりのようです。このまま埋もれさせるのはもったいなかったXGPの高度な技術にさらに磨きをかけて、表舞台に立たせるところまで持ってきたソフトバンクには敬意を表したいと思います。
AXGPのエリア展開のスピード次第では、ソフトバンクの悪評高い接続環境が大逆転できるかも知れません。ウィルコムの基地局の権利を譲り受けているソフトバンクがちょっと本気になりさえすれば、NTTドコモのXiよりは遙かにスピーディに展開できる可能性があります。どこまで頑張るのか、しばらくはお手並み拝見です。

auからつながる希望

今日は、auのこの秋冬の新商品発表会が開催されました。今のところはauに乗り換えるつもりはない私ですが、今シーズンの商品展開の傾向が見えてくる発表会で、今後発表されるであろうソフトバンクモバイルやNTTドコモの新機種がどんなものになるのか、予想するための参考になります。
auのスマートフォンの中でハイエンドに位置するのは、モバイルWiMAXを内蔵した機種。増大するデータ通信を3G回線から逃がすルートとして、auが無線LANと共に力を入れているのがモバイルWiMAXです。自ら出資していますから、当然の流れではありますけどね。NTTドコモなら、Xi対応端末がこれに相当することになります。
今回、WiMAX対応のスマートフォンは4機種発表されました。デュアルコアCPU、高解像度の大画面などの豪華なスペックを誇ります。私が一番注目したのは、初の富士通ブランドで登場する「ARROWS Z」ISW11F。4.3型・1280×720ピクセルの大型高解像度液晶画面を持ち、1.2GHzのデュアルコアCPUを装備。厚さ10mmの薄型に仕上がった筐体は、きっちりと防水にも対応しています。富士通は、長い間NTTドコモ向けの製品を手がけてきたメーカー。WiMAXのところをXiに入れ替えれば、NTTドコモも同レベルの端末が提供できるはず…ということになります。
WiMAX対応以外も含めたスマートフォン6機種中、日本メーカー製の4機種は全て防水対応となっているところにも注目です。もともとauは防水端末に力を入れていたわけですが、日本メーカーにとっては、防水は特殊機能から必須の標準装備に変わりつつあるのかも知れません。
29日にはソフトバンクの発表会が行われます。NTTドコモの発表会も近いうちには行われることでしょう。各社からどんな機種が登場するのか楽しみになってきました。

続きを読む auからつながる希望

秋の断捨離

相変わらず、週末になるといろんなところに出掛けてしまうんですが、在宅している日があれば、断捨離に取り組もうと思っています。断捨離(だんしゃり)については、以前にもWeekly SSKで取り上げたことがありますが、モノを上手に減らして、片付けがスッキリ出来るようにしよう!というのが勘所です。
私たちの場合は、いずれは来る次回の引っ越しのときに、なるべく運ぶ荷物を減らしてコストを圧縮したいところです。その引っ越し先になるかも知れないマイホームは、おそらく今の借家よりは広くなるのでしょうけど、部屋中に溢れかえっている荷物を全て飲み込んでもらうのはちょっとかわいそうです。せっかくの新居は、やっぱりスッキリ爽やかにしておきたいものです。

続きを読む 秋の断捨離

ファームのチカラ

我が家の自作PCに採用しているSSD・Crucial m4のファームウェアが0009にアップデートされました。ファームウェアというのは、ハードウェアを制御するために組み込まれているプログラムのことで、マザーボードのBIOSもファームウェアの一種と言えます。昔は、書き換えられないROMで実装されていることが多かったようですが、最近は不具合の修正や機能の追加、性能向上などのために、書き換えられる仕様になっているものが多いようです。
英文のWebサイトを解読してみたところ、どうやら従来のファームウェア0001、0002よりもパフォーマンスが向上しているようです。これをインストールするだけで、全く費用はかからずに(厳密に言えばインターネットの通信コストはかかっているわけですが)性能が向上するのなら実にお得です。導入してみることにしました。
Webサイトからダウンロードできるアップデートファイルは、解凍するとISOイメージファイルになります。これをCD-Rに書き込み、そのディスクからシステムを起動すると、アップデータが立ち上がる仕掛けになっています。このときに、SATAコントローラーがRAIDモードやAHCIモードで動作しているとSSDを認識してくれないので、先にBIOSでIDE互換モードにしておく必要があります。
我が家の場合は、SRTのキャッシュとして使っているSSDなので、データ保護のことは考えていませんでしたが、SSDを単独で起動ドライブに使っている方などは、ファームウェア更新前にデータのバックアップをお忘れなく。万が一データがすっかりハジケ飛んでしまっても、責任は持てません。

続きを読む ファームのチカラ

○○○!

家づくりに向けていろいろと情報を収集しているところです。土地も、外観も、間取りも気になりますが、屋内に設置されるいろいろな住宅設備も、これまた気になります。その中でも一番大掛かりになるのが、キッチンの設備ではないでしょうか。
キッチンについては、広告などで見かけて気になっている設備が一つありました。ガスコンロにしても、電磁調理器(IH)にしても、普通は手前に二つ、奥に一つの3口が三角形に並んでいるんですが、これが横一線に3口並んでいるものがあります。「○○○!」(まる3つ)のキャッチコピーも印象的。見た目のインパクトだけでなく、これはなかなか使いやすそうです。

続きを読む ○○○!

避難勧告

台風15号は、今日午後2時頃に浜松市付近に上陸し、静岡県内を猛威をふるいながら駆け抜けていきました。我が家でも、緑のカーテンとして植えていたアサガオのネットが切れて落ちてしまうなどの被害がありましたが、家屋の浸水などの深刻な被害は今のところありません。もっとも、台風の通過した後で河川が増水することもありますから、まだ油断は出来ませんね。
台風の通過を受け、午後2時頃に浜松市は人口の約4分の1、20万人以上に避難勧告を出しました。この中に、我が家がある地域も含まれていたらしいんですが、この勧告は直接我が家には伝わらず、ずいぶん後で近所の方からのメールでわかった…という状況でした。風雨が激しく、外に出るのも危ない!ということで、結局自宅待機で様子を見ています。こうした危機管理情報の伝達はどうなっているのか、確認しておかなくてはなりませんね。

どこに建てるのか(2)

この週末も、先週に引き続きBESSで紹介していただいた土地の現地を見に出掛けてきました。まだ造成は済んでいない場所で、実際の区画がどうなるのか、ましてや家がどんな風に建つのかは想像できませんでしたが、日当たりも周辺の施設等環境も良く、なかなか好印象でした。我が家の候補地の一つにはなりそうです。
他にもWebで気になる情報を見つけたので、BESSの担当さんに詳細の調査をお願いしました。私たち自身も、まだまだ調査を続けるつもりです。何しろ一生に一度、人生で最大になるであろう買い物の品定めです。最終的には妥協しなくてはならない箇所があるかも知れませんが、今はこだわりを大事にしたいところです。

続きを読む どこに建てるのか(2)

浜松にもXiが来るらしい…が

NTTドコモのWebサイトで、次世代移動体通信サービス・Xi(くろっしぃ;何度見てもこの強引な読み方は何とかならないものか?と思います)のサービスエリア拡大予定が更新されました。
先日、Xiの静岡県内への展開計画があまりにも遅々として進まないことに触れましたが、今回は少しは進歩を見せたようです。静岡市内では、JR静岡駅に「2012年2月末までの拡大予定エリア」の色が塗られました。紺屋町から呉服町、市役所や県庁あたりに至る、おそらく静岡市では最も賑やかな一帯にまだ全く色が付かないのが気にはなりますが、サービスエリアを広げる気があることだけは伝わってきます。
そして、浜松市にも初めて色が塗られました。2012年2月末までにサービスが始まる予定なのは、市役所の周辺一帯。JR浜松駅からはちょっと離れた場所で、とりあえず市役所をカバーして全国の人口カバー率を上げておこうか…という魂胆が見えてきます。カバー率という観点では、どうして静岡市役所をカバーしないのかの方がずっと不可解ではありますけどね。ともかく、これだけではまだ「浜松市でサービスイン」だなんて言えません。さらなる拡大を期待したいところです。

MEDIAS LTE(仮)

先にお知らせしたとおり、9月8日に開催されたNTTドコモの新商品発表会は、タブレット2機種のみのお披露目という、何とも拍子抜けな結果に終わりました。私たちの興味は、ここ1、2ヶ月くらいの間には発表されるであろう、秋・冬モデルのスマートフォンに移ります。
先の新商品発表会の場で、このシーズンに次世代通信サービス・Xi(くろっしぃ)対応のスマートフォンが4機種登場することが確認されました。海外メーカーが2機種、国内メーカーが2機種という話も伝わってきています。その筋の話によると、この4社はSamsung、LG、NECカシオ、富士通東芝ということでほぼ間違いないようです。ハイビジョン解像度(1280×720ピクセル)の画面など、一部スペックも伝わってきています。

続きを読む MEDIAS LTE(仮)

どこに建てるのか

以前からときどき話題にはしているんですが、最近の私のテーマのひとつが、自分の家をどう購入するのか。もともと、何を買うにしても徹底的に下調べをする方なんですが、何しろ家というのはおそらく一生の中で最大の買い物です。そう簡単に話を片付けられるはずがありません。

最大の買い物であるだけに、家の購入には実に多岐にわたる条件の検討があります。即金でポンと代金を払えるはずはありませんから、ローンを組むなどの資金計画は重要な要素になります。もちろん、どんな建物を建てるのか(あるいは建て売りや中古を選ぶのか)、そこにどんな設備を入れるのかは重要です。そして、家の購入で重要な要素のひとつに「どこに建てるのか」があります。

弟のささっちのようにキャンピングカーを手に入れるのならともかく、家は普通は決まった土地の上に立てるもの。どこに建てるのかは、言い換えれば「どこに住むのか」であり、ライフスタイルに密接に関わります。そして、この土地の条件次第で他の条件が多大な影響を受けます。土地の価格はピンからキリまで落差が激しいですから、資金計画は土地の話抜きで語れませんし、土地の形状によって物理的に建てられない建築も出てきたりします。

私の場合、土地を持っているわけではありませんから、ある程度自由に選べる立場である代わりに、迷わなければならないポイントも多いわけです。もともと土地を持っている人の場合、土地について迷うことはなさそうですが、逆に土地による制約に苦しめられるのかも知れません。

続きを読む どこに建てるのか