5ではなく4Sだった

今日の早朝、アップル社の新しいiPhoneが発表されました。巷で言われた全くの新型「iPhone 5」ではなく、登場したのは外観はiPhone 4とほぼ同じ「iPhone 4S」。しかし、ハコの中身はずいぶん強化され、OSも新バージョンのiOS 5に。基礎体力から遊べる多彩な機能まで、かなりのパワーアップを遂げたようです。
これまで独占的にiPhoneを供給していたソフトバンクモバイルに加えて、auでも取り扱うようになったのは、先日からの噂の通り。マスコミがKDDIに対して「iPhone 5を販売するんですか?」という質問ばかりしていましたが、さすがに「5ではなくて4Sです」とは口が裂けても言えませんでしたね。
誰が見ても、独占が崩れることでソフトバンクに不利に働くであろうことは容易に想像できます。ソフトウェアやサービス面で全く同等なiPhoneなら、競争のベースは通信環境としての強靱さになります。私ならこの二者択一はauしか考えられません。au回線の方が対応する通信速度が低速なようですが、それを補ってあまりある安定感があります。
もっとも、ソフトバンクもそのあたりを見越して、あれだけ大量のAndroidスマートフォンを送り出し、様々なニーズを拾う構えなのでしょう。気がつけばAndroid依存が最も鮮明になっているNTTドコモも巻き込んで、新しく起こる嵐の風向きは、年内には見えてきそうです。