アップルそのもの

iPhone 4Sの発表に、賞賛よりもちょっと多くの失望が流れた翌日の10月5日。米アップル社の共同創業者であり前CEOのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。
アップル社と言えば、1976年に創業してからの初期は、パソコンメーカーとして独自の地位を築いてきた会社でした。Macintoshは、マウスでアイコンをポイントしながら操作する、現在のパソコンにつながる操作体系を一般に広めたパイオニアと言っても良いでしょう。私も、学生時代には、「Macでしか動かないソフトがある」ということで、PC-9801やWindowsだけでなくMacintoshとも格闘したものです。
ジョブズ氏は一度は内紛が元でアップル社を離れましたが、経営不振に陥った同社を救うため、1997年に復帰。その後はiMac、iPod、iPhone、iPadと、IT機器の世界を大きく変革するような新商品を立て続けに世界に送り出しました。彼がアップル社を離れていたときに興した会社のひとつが、「トイ・ストーリー」などの3次元CGのアニメーションですっかり有名になったピクサー社であることは、余談にしておくにはあまりにももったいない話です。
数々の新商品を送り出す上で、常に彼自身の意向が色濃く反映されてきたのだそうです。単にひとつの会社の経営者であるという以上の、「アップルそのもの」と呼んでも過言ではない存在でした。
2004年に膵臓がんが見つかって以来闘病中で、現役のときからずっとその体調がアップル社最大の不安要素と言われてきました。それにしても、8月にCEOを辞任してからたった2ヶ月での訃報には、私だけでなく驚いた方が多かったはずです。享年56歳。あまりにも若すぎます。

続きを読む アップルそのもの