なぜ落合監督がクビなのか

日本プロ野球のペナントレースが、ようやく最終盤です。パ・リーグは既に福岡ソフトバンクホークスがぶっちぎりのリーグ優勝を決め、あとはクライマックスシリーズの顔ぶれを決めるだけ。盤石に見えるホークスの不安材料と言えば、リーグ戦上位3チームによるプレーオフというこのシステムをどうも苦手にしているらしいことくらいです。
一方のセ・リーグは、中日ドラゴンズがリーグ優勝まであと一歩のところまで来ています。今日も昨日に続いて読売ジャイアンツに敗れ、ちょっと足踏み状態。ひょっとすると最後までこのまま行ってしまうのでは?と不安も覚えたりしますが、さすがにもうマジック1ですし、どこかで決めてくれると信じています。
そのドラゴンズを率いる落合博満監督は、今季までで切れる契約を更新しないことが決まっています。監督の方から「一身上の都合」なんて話があったわけでもなさそうで、どちらかといえば球団側が契約を更新したくなかったようですね。もうちょっと平たく言えば、落合監督は球団からクビを宣告されたわけです。

続きを読む なぜ落合監督がクビなのか

ARROWSとMEDIAS

いよいよ、NTTドコモの新商品&新サービス発表会は明後日となりました。ここまでに、それなりに漏れてきた情報もありますが、さすがに発表会前に完全に丸裸では格好も付きませんし、こんなものでしょうか。明後日まで待てば全容は明らかになるわけで、今さら予想しても仕方ないんですが、それでもいろいろ気にはなります。
ひとつびっくりするのは、富士通から登場する機種数の多さ。Xi対応スマートフォンとなるARROWS X LTE F-05D(数字の大きさすなわち機種数の多さ、というわけで)は、デュアルコアCPU、ハイビジョン解像度の画面、ワンセグ・おサイフケータイ・赤外線通信のガラケー3点セット、さらに防水…と、およそ考えられる最高レベルの装備で固めてきました。
しかし、見れば見るほど残念なのはそのデザイン。「どうもXperiaに似ている」と思ったのは、私だけではなかったようです。auのARROWS Z ISW11Fがデザインでも主張していたように感じるのと比べると、とにかく残念の一言です。
もう一つ目を引いたのは、最薄部6.9mmで「世界最薄スマートフォン」となりそうな、ARROWS μ F-07D。数字比べにはあまり意味がないと思っていますが、シンプルにカッコいいデザインだと思います。機能・性能面でも十分なものを持っているようです。

続きを読む ARROWSとMEDIAS

シンプル・バックアップ

パソコンを日常生活や仕事で活用していく上で、考慮しなくてはならない重要なポイントのひとつがデータの保護。OSやアプリケーションなどのシステム部分は、破損して起動しなくなっても、再インストールをすれば何とかなりますが、自分で作成したデータは、破損してしまったら取り返しが付きません。
我が家の場合、デジカメで撮影した写真や動画、そして自作のいろいろな作品を保存したデータが、最重要の保護対象です。特に、デジカメの画素数が多くなり、1枚あたり数メガバイトが必要になってきましたから、容量の増加ペースが加速しています。1回旅行に出掛けると、軽くギガバイト単位を食ってしまいますからね。
これまでは、そうしたデータはネットワーク接続のハードディスク(NAS)にバックアップとして保存していましたが、これの容量は250GB。導入した当初は、これでも無限に近い容量だと思っていたんですが、ここ数年で一気に埋まってきました。しかも今年で実働8年目ということで、冷却ファンの音が気になるなど、最近はかなりガタが気になり始めました。そろそろ新しいバックアップ先を確保しておかなくては…と思っていたところです。
これまでNASを使用していたのは、我が家で稼働しているパソコンが複数台あって、各端末のデータを1台のハードディスクに集約しようと考えていたから。しかし、2台あったデスクトップ機が1台にまとめられ一時は酷使していたノートパソコンも最近ではほとんど出番がなくなって、バックアップを必要とするパソコンは1台だけという状態になりました。
これなら、わざわざネットワークを介する必要もなく、シンプルにUSBにでもハードディスクを接続すれば用が足りるな…という結論に達し、新しいバックアップ先の調達に向かいました。

続きを読む シンプル・バックアップ