第一印象

幕張メッセで開かれているCEATEC JAPAN 2011で、NTTドコモがXi(くろっしぃ)対応スマートフォンとして未発表の4機種を参考出品しています。ショーケースに入った状態で触れることは出来ず、電源も入っていない状態だったようですが、4機種というのは「この冬に登場する」とNTTドコモが発表している機種数と一致します
展示機の下に書かれているメーカーは、サムスン、NECカシオ、LG、富士通。これまた、Xi対応スマートフォンの先陣を切ると噂に上っている4社と一致します。おそらく、近々行われるらしい新商品発表会で、この秋冬シーズンの新モデルとして発表されるのでしょう。
デザインしか見ていない状態ですが、第一印象ではNECカシオの端末が良い感じです。いかにもGALAXY S(あるいはiPhone 3GS)そのものの丸みを帯びたサムスンやLGの端末、何となく角張ったXperia acroのような富士通の端末と比べると、ひと味違った雰囲気で、なかなか精悍な印象を受けます。ケータイWatchの記事でサイドからの写真を見ると、MEDIAS WPほどではないものの、なかなかの薄型に仕上がっているようです。あとは防水対応かどうか?なんですが、こればかりは外見だけではわかりません。MEDIAS LTE(仮)、まずはデザインでも一歩リード、でしょうか。
現時点では妄想ばかりが先に立ってしまいますが、おそらくもうそう遠くないであろう発表会を、楽しみに待つことにしましょう。これからリーク情報は出てくるのでしょうか?

「第一印象」への1件のフィードバック

  1. MEDIAS LTE(仮)の写真をもうちょっと詳しく見てみました。左サイドには、充電台に載せる充電端子らしきモノが見えています。右サイドには、端子にキャップが被せてあるらしき溝が見えます。画面下の3つのボタンは、MEDIAS WPと同じタッチセンサー式になっているようです。どれも、防水端末である!という予想に有利に働きそうな要素ではあります。まあ、どれも決定的な証拠にはほど遠いんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です