Xiでも2番号する方法

先日の記事でご紹介しましたが、NTTドコモのXi(くろっしぃ)契約では、1台の端末に複数の番号を登録するマルチナンバーや2in1のサービスが契約できません。しかし、個人用と仕事用の電話を1台で受信するなど、「1台で2番号」が便利に感じるシーンは確実にあります。Xi対応のスマートフォンでも何とかならないか…というところだったんですが、弟のささっちにひとつヒントをもらいました。
スマートフォンの場合、音声通話の手段は電話回線を使うだけではありません。インターネットを使って音声を送受信する方法もあります。例えば、インターネット通話の分野では超定番のSkypeにもAndroidアプリが存在しますし、他にもささっちがブログで紹介していたViberなど、いろいろなサービスが提供されています。
そんな中で、彼が提案してくれたのは「050 plus」。NTTコミュニケーションズが提供する、iPhoneやAndroidケータイのアプリから利用できるIP電話サービスです。その名の通り050で始まるIP電話向けの電話番号が割り当てられるので、この番号が発信者番号として通話相手に通知されますし、一般電話からの着信も可能になっています。これなら、仕事用の電話としても使えそうです。
不安要素としては、携帯電話の不安定なインターネット通信で、IP電話がどのくらい安定した通話品質を確保できるのか?という点があります。そして、私が購入を予定しているARROWS X LTE F-05Dでは、まだ050 Plusアプリの動作が確認されていないのも気になります。それでも、十分に低コスト(月額315円)で「1台で2番号」環境を実現できる、有力な方法になると思います。頭に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です