Wear 2.0も来るらしい

Moto 360 Sport

Windows 10には、間もなく大型アップデートがやって来るようですが、我が家にはもうひとつ、大型アップデートを心待ちにしているデバイスがあります。それは、スマートウォッチのMoto 360 Sportです。

Moto 360 Sportに採用されているスマートウォッチ向けのOS・Android Wearの、初のメジャーアップデートとなるAndroid Wear 2.0が、2月にリリースされています。既にこれを搭載した製品が巷に出ているほか、既存の製品にも「ここ数週間のうちに」アップデートが配信されるのだそうです。

Android Wear 2.0では、これまで親機のAndroidデバイスがなくてはほとんど役に立たなかった(iPhone向けのアプリも一応あったようですが)Android Wearデバイスが、これまでよりも親から自立して(?)動作するようになるのだそうです。ウォッチ側でGoogle Playを起動してアプリをインストールするのだとか。これまでも、親機なしでランニングログが取れていたMoto 360 Sportではありますが、Android Wear 2.0により、使えるアプリの種類が増えるのでは?と期待しています。

アップデート対象になる製品は、既にGoogleから発表されていますが、この中にMoto 360(第2世代)と共にMoto 360 Sportの名前があるのは確認しています。あとは配信がいつになるのか気になりますね。3月末までには来るのではないか?という噂はありますが…こればかりは待っているしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です