「23:パパのつぶやき」カテゴリーアーカイブ

子供とのことを語っていこうかと思っています。子供と一緒に、親の私たちもこれから成長していくのかな?という気がしています。

インフルエンザ一家

2月になりました。2017年は、いきなりのスタートダッシュで、1月を公私ともにイケイケで走りきったんですが、実は2月には実質的にはまだ何にもしていない…という、なんとも情けない状態になっています。

というのも、今週はインフルエンザに感染してしまい、後半は仕事にも出られず、自宅でほぼ寝ているだけの状態だったんですよね。私自身としては、一昨年6月以来1年半ぶりのインフルエンザということになります。

続きを読む インフルエンザ一家

パパのカメラ…かな。

Panasonic HC-W580M

この冬のボーナスで、ひとつ買物をしました。Panasonicのデジタルビデオカメラ、HC-W580Mです。ビデオカメラを購入したのは15年ぶりくらいになりますが、当時より大幅に小型化されているのに驚きます。記録がテープからメモリーデバイスに移行したのが大きいですね。内蔵の32GBのメモリーまたはSDメモリーカードに、フルHD解像度の動画を記録することが出来ます。 続きを読む パパのカメラ…かな。

砂場完成間近です。

先週から砂場作りをしています。幸い先週は酷い雨も降らず、掘りかけだった穴は無事残っていました。この週末は、完成に向けて一気に作業を進めました。
真ん中は深く掘り下げ、周りはレンガの埋まる分だけ
まずは穴掘りの続き。周囲の幅10数cmは、縁取りのレンガを載せるために5cmほどの深さで水平に表面を整えます。真ん中の部分は、20~30cmの深さに掘り込みます。
土の中から、大きなコンクリートの塊や栄養ドリンクの瓶、空き缶など、様々なゴミが出てきました。それでも、農薬の瓶が出てこなかったのは良かったですね。子供が直接手を触れて遊ぶ場所なので、このあたりは気を遣います。尖った石やガラスの破片なども丁寧に取り除きました。

続きを読む 砂場完成間近です。

ドラムすめ2014

2014年になりました。皆様、明けましておめでとうございます。月並みな言葉ではございますが、本年も旧年と変わらずどうぞよろしくお願いいたします。

去年に引き続き、元旦は初売りに出かけました。妻は「今年は福袋は買わない」なんて宣言していましたが、帰るときには2つの福袋をぶら下げていました。まあ、去年に比べればずいぶん我慢したということなのでしょうけど。

続きを読む ドラムすめ2014

今どきのランドセル

我が家の娘も、来年4月から小学生。というわけで、最近気になっていることの一つがランドセル選びです。ランドセルという言葉は、そもそもオランダ語のRansel(背嚢…いわゆるバックパック)が訛ったものだという説が一般的ですが、日本で「らんどせる」といえば、小学生が背負っているあの独特な形状の革製の背負い鞄のことです。小学生の象徴みたいなところがありますよね。娘の成長がそんなステップまで来ていることを改めて実感し、感慨深いものがあります。
お義父さん、お義母さんから「買ってあげるよ」というお話はいただいているんですが、実際にどれを買うのかは私たちが決めることになります。私も妻も6年間お世話になったアイテムではありますが、買う側になるのは初めて。リサーチしなくてはなりません。

続きを読む 今どきのランドセル

はがぬけました。

はがぬけました。
娘が、幼稚園から小さな包みを持って帰ってきました。包みには、「はがぬけました」と書いてありました。お昼の給食の時間に歯が抜けたのを先生が見つけて、包んで持たせてくれたのだそうです。現在、娘の歯は3本が抜けた状態。もちろん、抜けたのは全て乳歯で、これから永久歯に生え替わるところです。
私は毎晩娘を風呂に入れますが、このときに合わせて歯磨きもします。前歯がぐらついてきているのには気づいていましたから、「もし歯が抜けたら、先生に言うんだよ」と言い聞かせていました。実際に娘が先生に言えたのかはわかりませんが、どこかに落としたり、飲み込んだりせずに家まで歯は戻ってきたんですから、実に上出来です。
先日は、下の歯が抜けたので、思いっきり屋根の上に放り上げました。今度は上の歯なので、軒下…というよりデッキの下に放り込もうと思います。一生丈夫な歯で食べられますように。

ペペロンチーノ?

娘が熱を出して、妻がかかりつけの病院に連れて行きました。「普通の夏風邪ですね」と言われて、何種類か薬を処方されて帰ってきました。薬を飲んだら、どうやら落ち着いたようです。あとはしばらく安静にしていてくれればすぐ治るのでしょうけど、彼女は身体が楽になるとすぐに遊びたがります。仕方ないんですが、困ったものです。一方で、妻まで体調不良を訴えています。だいたい風邪は家族を一回りすることが多いです(泣)。
妻は、娘を病院に連れて行く前にある病気のことを気にしていました。幼稚園のお友達が、その病気で高熱を出してダウンしていたのだとか。喉の奥に水疱が出来て、これが破れると喉がひどく痛むのだそうです。水分も取りにくくなり、脱水症状の危険もあります。
その病気の名前は、前にも確かに聞いたと思うんですが…え~っと、何だっけ…と首を捻り、私の口をついて出てきた言葉は、よりによって「ペペロンチーノ?」。妻には「何、それ?」と一笑に付された後、「ヘ・ル・パ・ン・ギー・ナ」と訂正されてしまいました。ヘルパンギーナは、乳幼児によく見られる代表的な夏風邪のひとつだそうです。文字数くらいしか合っていませんねぇ(苦笑)。
それにしても…う~ん、美味しいペペロンチーノが食べたいっ!

ドラムすめ

先日からドラムのレッスンに通い始めた私。マイスティックも用意したわけですが、バッグに入れておいたスティックを娘が見つけて、いつの間にか両手に持って振り回していました。しかも、手つきは妙に本格的。私はまだそれほど練習するシーンを見せていないはずなんですが…幼稚園でも太鼓は叩いているらしいので、そこで覚えたんでしょうか。

家にはドラムセットや太鼓があるわけではなく、彼女はいろいろなところを叩こうとするので、家財道具は仕方ないとして(いや、これはこれで大問題なんですが)、スティックが傷んではたまらない…ということで、娘用に安いスティックをもうひと組買いました。とりあえず、これで一安心です。

振り返ってみると、娘にはどうも私が使っているものを欲しがる習性があるようです。彼女が生まれて間もない頃に、私が使っていた肌掛け布団は、いつの間にか彼女のものになっていました。ダイニングでも、私の椅子に座るのが大好き。何でも奪われてしまう気がして、何とも複雑な心境です。まあ、私が嫌われてはいない証拠なのかな?と納得はしていますけどね。

ウイルスの猛威

今週は、本格的に体調を崩してしまい、仕事を2日半も休む羽目になってしまいました。年度末に向かう忙しい時期に、こんなに長い時間職場を空けてしまうのは心配だったんですが、そうせざるを得ないくらいひどい状態だったのですから仕方ありません。それにしても悪夢だったのは水曜日でした。よりによってSSK Worldの15歳の誕生日に、どうしてこんなにひどい目に遭ってしまうんでしょうか(涙)。

続きを読む ウイルスの猛威