「マラソン」タグアーカイブ

こむら返り

先日、珍しく早朝に足がつってしまって目が覚めました。ふくらはぎの筋肉が収縮して痛くなる、いわゆる「こむら返り」です。ちなみに、蛇足ではありますが「こむら(腓)」はふくらはぎのこと。「足をつる」の「つる」がひらがな表記なのは、「攣る」の字が常用漢字外だからですね。

こむら返りへの対処としては、つま先を掴んで縮んだふくらはぎの筋肉を伸ばしてやることになるわけですが、就寝時に発生してしまうと、起き抜けでなかなかとっさの対応は取れません。結果的に、ふくらはぎの痛みが残ってしまうこともあります。このときの私は、丸一日くらい足を引きずる羽目になりました。 続きを読む こむら返り

ともかく完走

今日は、第13回浜松シティマラソンに出場するために、四ツ池公園陸上競技場まで行ってきました。去年も、浜松シティマラソンに出場するために日々トレーニングを重ねていましたが、直前になって足を痛めてしまい出場は断念しました。今年は、一昨年以来の挑戦ということで、一昨年と同じ5kmの部にエントリーしていました。

去年は、練習でちょっと無理をしすぎて足を痛めてしまったので、オーバーワークには気をつけようと思っていたんですが、今年は例年以上に仕事が忙しくなってしまい、平日は全然走れない状況に。夜は帰りが遅いので走りに行けず、朝は早起きできずに走るのは断念…と、見事なまでの負のスパイラルに突入していました。 続きを読む ともかく完走

8年ぶりに10km

日曜日・30日は、しまだ大井川マラソンに出場するために、島田市に出かけていました。大井川沿いに設置されている、全国で初めて作られたというマラソン専用コース「リバティ」を使って行われている大会で、今年で8回目を迎えるのだそうです。

駅伝大会などに出場している高校の同窓生たちのグループで、この大会に出よう!という話で盛り上がり、同級生も含めて(といっても、先輩が大勢いらっしゃって、私たちが一番若いくらいなんですが)多くの人たちがフルマラソンにエントリーしていました。しかし、駅伝の3kmを走るのにいっぱいいっぱいで、普段のランニングで走る距離もせいぜい3~5km程度の私にとって、42.195kmを走るのは無謀としか思えませんでした。

幸い、しまだ大井川マラソンには、フルマラソンの部に加えて、10kmの部があります。これなら、私もちょっと頑張れば走りきれるかも?と思い、こちらにエントリーすることにしました。10kmなら、浜松シティマラソンに10kmの部があった頃に、何度か走っていますから、イメージも何となく掴めます。10kmにエントリーしていた方々もいたので、心強かったですね。 続きを読む 8年ぶりに10km

どのアプリと走るか

屋内でも屋外でも見える液晶画面

スマートウォッチ・Moto 360 Sportを購入した最大の理由は、ランニング用の時計として使いたかったから。シリコン製のバンドと一体になった防塵・防水仕様の筐体には、心拍センサーとGPSが内蔵されています。液晶画面も、明るい屋外でも見やすいように、透過型液晶と反射型液晶の特徴を併せ持っています。

文字盤裏側にある心拍センサー

スマートウォッチの中には心拍センサーを搭載した製品は結構ありますが、GPSを搭載したものはまだ少なく、今のところMoto 360 Sportの他にはSONYのSmartWatch 3だけ。そして、これら両方を搭載しているものは、Android Wearとしては今のところオンリーワンとなります。Garmin社などが販売しているランニング用GPSウォッチでも、スマートフォンからメールや電話の着信通知を受け取る製品があって、これらも「スマートウォッチ」と言えないこともないんですけどね。 続きを読む どのアプリと走るか

Moto 360 Sport

Moto 360 Sport

先日行われた佐鳴湖駅伝の後、「気になるスマートウォッチ」としてご紹介したMoto 360 Sport。ありそうで意外とない、スポーツ仕様のスマートウォッチです。今後も走り続けるぞ!という意思表示…というより、自分へのプレッシャーを掛けるために、思い切って購入してしまいました。

先日ご紹介したとおり、Moto 360 Sportはまだ国内では正規の取扱がありません。Googleストアには一時期商品紹介ページが用意されていたものの、現在は行方不明。ページがあったということは、国内での販売も想定されているのかも?という希望的観測も出来るわけですが、待ちきれないせっかちな私は、Amazonで販売されていた並行輸入品を注文することにしました。 続きを読む Moto 360 Sport

今年も佐鳴湖へ

今日は、「第32回佐鳴湖国際駅伝大会」に参加するために、浜松市西区内の佐鳴湖畔まで出かけました。初めて参加した昨年のこの駅伝大会と同様に、高校の先輩を中心として結成された同窓生チームでの参戦です。

昨年も説明しましたが、この大会はフルマラソンと同じ42.195kmを、3kmずつ14人でタスキをつなぎながら走ります。昨年Facebookのつながりでひょんなことから出場が決まってしまったわけですが、今年は最初からこの大会の日程は織り込み済み。娘の運動会も重なりませんでしたし、やる気は十分でした。 続きを読む 今年も佐鳴湖へ

また走れるかな?

シンスプリント」の診断を受けて、目標にしていた浜松シティマラソンへの出走も取りやめて、走るのをしばらくお休みしていたわけですが、ようやく痛みが収まってきました。

そもそも、一昨年の秋から走り始めたのは、自分の健康管理のためではあったわけですが、ずっと続けよう!と思った最大のきっかけは、高校の同窓の皆さんに誘われて、駅伝大会で走ったことでした。その私の駅伝デビュー戦だったのが、昨年5月に開催された佐鳴湖駅伝。今年も、チームはこの駅伝に申し込みしてあったんですが、出場の可否は抽選で決まる…ということで、結果を待っている状況でした。

先日、チームのとりまとめをしている先輩から、Facebookグループ経由で、出場が決まったとの連絡がありました。しばらく休んでいたとはいえ、今から走り始めれば、5月末の駅伝では何とかまともに走れそうです。今年は娘の運動会とも重ならなさそうですし、早速手を上げておきました。こうやってプレッシャーを掛けないと、なかなか動けないたちです。有言実行…となれば、聞こえは良いんですけどね。

続きを読む また走れるかな?

応援席で見るマラソン

今日・2月21日は、第12回浜松シティマラソンの日でした。私は、昨年と同様に5kmの部にエントリーしていましたが、こともあろうに直前になって足を痛めてしまい出場は断念する羽目になりました

昨日・20日は、その足の経過観察のために整形外科に行ってきました。ひと月ほど、なるべく足をいじめないように気をつけていた甲斐があってか、ようやく痛みが引き、歩くのなら苦にはならなくなってきました。この日は先生にも実際に足の状況を診てもらいましたが、炎症は収まりつつあるものの、それでも叩いてみると振動がちょっと響くような感じもあり、まだ完全復活とは行かないようです。

「走るかどうかはご自分で判断してください」と言われましたが、「走るとまたすぐ痛くなるかも」とも付け加えられました。自分の気持ちとしては、少しでも早くランニングを再開したいんですが、ここで慌てては元の木阿弥になりかねません。慎重に、少しずつ復帰していこうかと思っています。


私自身が出場しないことはもう決めていたわけですが、駅伝を一緒に走った仲間たちの中には、何人かこのマラソンにエントリーしている人たちがいます。せっかくなので、応援にくらいは行こう!ということで、各距離のゴール地点であるとともに、ハーフマラソン以外ではスタート地点でもある四ツ池公園陸上競技場に向かいました。

続きを読む 応援席で見るマラソン

また次があるさ

ランニングで頑張りすぎたせいか、先日足を痛めてしまった私。整形外科の先生からの指示は「できるだけ安静にして」ということで、とりあえず2週間は様子を見ることになっていました。

早く回復してくれなくては、今月21日に迫った浜松シティマラソンに出場することが出来ません。私も先生からの指示を守って安静に…と言いたいところなんですが、現実はそんなことをさせてくれるほど甘くはありません。

続きを読む また次があるさ

シンスプリント

一昨年の秋から久しぶりに走り始めて1年と少々が経ちました。マラソン大会にエントリーするだけでなく、駅伝で他の皆さんと一緒に走る楽しさも加わり、気になっていた体重も減り始め、かなり良い気分でした。

今年も、来月開催される「第12回浜松シティマラソン」の5kmの部にエントリーして、去年よりも速く走れるように…と、時間を見つけてはランニングを続けていました。ところが、ここに来てちょっと困った問題が持ち上がっています。

続きを読む シンスプリント