「浜松」タグアーカイブ

高断熱・低気密

この週末は、この冬最強の寒波が日本各地を襲い、広い範囲で雪が降りました。滅多に雪など降らない浜松ではありますが、土曜日・14日は一日中雪が降ったり止んだり。今日も、空は真っ青に晴れていたものの、きらきらと風花が舞う一日となりました。

雪の中で荷下ろし

その土曜日の、いちばん雪が降っていた時間帯に、薪にする木をもらいに出かけることになりました。ちょうどその時間にしか行けなかったので仕方なかったんですが、吹雪の中で積み下ろしの作業をする羽目になりました。ようやく片付く頃になって、雪は止んできました。まあ、そんなものです。


薪はもちろん、我が家の薪ストーブで燃やすために集めているわけで、薪ストーブなくしては我が家の暖房は考えられないんですが、薪ストーブを点火していない日でも、我が家の室内は冷え切ってしまうことはまずありません。 続きを読む 高断熱・低気密

薪割り会

薪ストーブを主な暖房の手段としている我が家にとって、燃料となる薪の確保のことは、年中頭から離れない最重要課題です。これまで4シーズンを、基本的には完成品の薪は買わずに、様々なつてを辿り、「裏山に倒した木が転がってるから」などの話を見つけては現場に赴き、基本的には無償で薪をいただきながら乗り切ってきました。

しかし、この方法で薪を入手しようとすると、安定的に薪を確保するのは至難の業です。現に、我が家の薪小屋は今のところほとんど空っぽに近い状態。このままでは、5シーズン目となる今年の冬を乗り切るどころか、年を越せるかどうかもわからない状況になっていました。

出来上がった薪を購入するのなら、こんな心配をする必要はないわけですが、ひと冬を乗り切るには何万円分もの薪を買わなければならず、かなりの高コストな暖房となります。集めるのは困難だし、買うと高いし…というのが薪ストーブを動かしていく上での問題で、「憧れの薪ストーブライフ」に突入してはみたものの、この問題を乗り切れずに数年であきらめてしまう方も結構いらっしゃると聞きます。 続きを読む 薪割り会

紙の代わりにCF-RZ4

今日は、午前中に名古屋市内で、午後は浜松市内でそれぞれ行われた説明会に出席することになり、新幹線で飛び回りました。名古屋では説明を聞き、浜松では説明する側に回り…と、アタマの切替もなかなか大変な一日でした。まあ、仕事ですから、「行け」と言っていただけるだけでもありがたいことで、暇なよりはずっと良いことです。

今回、どちらの説明会でも資料は事前にPDFファイルがWeb公開やメール送付で用意されていて、当日は出席者が各自印刷して持参するように…という指示になっていました。最近、こういうスタイルの会議が結構増えている気がします。主催者側としては、大量の配付資料を準備しなくても良くなり、手間も印刷経費も節減できる…ということになるわけですが、出席者側としてはその分手荷物が増えるわけで、ありがたい話とは言えません。 続きを読む 紙の代わりにCF-RZ4

ローズガーデン

5月も半ばを過ぎました。この時期の庭を彩る代表的な植物といえば、やっぱりバラで決まり!でしょう。

我が家の「ローズガーデン」(2016年5月19日)

我が家の「ローズガーデン」は、先週末あたりから見頃を迎えています。例年、巷のバラと比べると我が家のは開花が遅かった気がするんですが、今年は周りにちょっと合わせる気になったのかも知れません。 続きを読む ローズガーデン

読まなくなったなぁ。

昨日は、妻と一緒に図書館をハシゴしました。最初に向かったのは、東名高速道路の浜松インターチェンジ近くにある、流通元町図書館。5年前に開館した、かなり新しい図書館です。ときどき妻のイベント出店などでもお世話になる浜松市総合産業展示館や、東区役所などがある場所になります。

我が家の愛車・デリカD:5を修理に持っていく間、妻に図書館で待っていてもらい、後から私も代車で戻り合流しました。…というよりも、朝9時台だと時間待ちできる場所を他に思いつかなかったんですよね。産業展示館北館の1フロアを模様替えしたスペースで、それほど大きくはありませんが、キレイな図書館です。

妻から1冊の本を薦められて、そのまま借りてきました。「オッサンになる人、ならない人」。読んでいくと、既にオッサンという分類のど真ん中に入りつつある私にとっては、身につまされる行動分析のオンパレードです。外見はともかく、中身までオッサン色には染まりたくないですね…って、そう感じてしまう時点でもうオッサンなんですが(苦笑)。

続きを読む 読まなくなったなぁ。

コストコが浜松に来る?

来る11月20日に、コストコ岐阜羽島倉庫店が、東名高速道路岐阜羽島インターチェンジのすぐ近くにオープンすることになりました。東海地区では、中部空港倉庫店に続いて2店舗目となります。まあ、我が家からだと中部空港倉庫店よりも遠いので、岐阜羽島倉庫店にはわざわざ訪れることはなさそうですけどね。

中日新聞の記事によると、先日岐阜羽島倉庫店の準備状況の視察に訪れたコストコホールセールジャパンの社長が、次の出店場所について「用地交渉を進めているので詳しくは言えないが、次は浜松が有力だ」と発言したそうです。以前から、浜松周辺へのコストコの出店についてはたびたび噂に上っていました。用地交渉は話が明るみに出るだけでも嫌がる当事者が多い中で、これだけハッキリとした発言が出たのが事実だとすれば、出店決定は間近…と見ても良さそうです。

続きを読む コストコが浜松に来る?

ひまわり畑

梅雨も明けたということで、海の日なのに丘の上に登ってきました。浜松市西区庄和町にあるひまわり畑です。ひまわり2525プロジェクトの皆さんが、毎年植えていらっしゃるのだそうです。今年は生育が遅れていて、8月1日・2日の「ひまわり祭」が予定通り開催できるか危ぶまれているそうですが、今日は丘の上の一角で元気なひまわりたちを見ることができました。

続きを読む ひまわり畑

14人でフルマラソン

5月の週末は、自宅で庭仕事をしていることが多かったんですが、今日はまる一日外に出かけていました。とはいえ、どこかに遊びに行ったわけでも、買い物に出かけたわけでもありません。この日開催された、「第31回佐鳴湖国際駅伝大会」に参加したんです。

佐鳴湖国際駅伝大会(以下「佐鳴湖駅伝」)は、浜松市西区の佐鳴湖(さなるこ)という湖の湖岸の遊歩道を会場にして行われました。14人のランナーが一人あたり3km(第1走者だけ3.195km)を走り、フルマラソンと同じ42.195kmをつないでいきます。

続きを読む 14人でフルマラソン

目の付けどころが

「目の付けどころが」と来れば、続くフレーズはもちろん「シャープでしょ。」ですよね。「目の付けどころが、シャープでしょ。」は、シャープの企業スローガンとしてあまりにも有名です。他社とは着眼点のひと味違ったアイデアを、実際に商品化に結びつけてしまう、まさに鋭角な感覚を持った企業風土をうまく表現していたと思います。

もっとも、シャープ自身は2010年に「目指してる、未来がちがう。」という新しいスローガンに乗り換えているんですけどね。それ以来、この会社の「シャープさ」が削がれつつあるような気がするのは、私の気のせいでしょうか。私にとっては何かと縁のある会社でもありますし、気になるところです。

とはいえ、今日は別にシャープという企業の話をしたいわけではありません。「目の付けどころ」について、最近気づいたことを書き留めておきたくなったんです。

続きを読む 目の付けどころが

サンライズ出雲

先に島根行きの話をしたときに後回しにした、松江市までの移動手段の話をしましょう。当初の予定では、浜松駅から新幹線に乗り、岡山駅で特急やくもに乗り換えて松江に向かうことにしていました。これなら、当日朝6時過ぎに家を出れば、午後1時くらいまでには目的地にたどり着けます。

しかし、せっかく島根県まで足を運ぶのですから、仕事だけして帰ってくるのはちょっともったいありません。もう少し早めに松江入りして、ちょっとは観光の真似事でもできれば嬉しいですよね。となると、前日にもう1泊した方が良いのでは?…と検討しているところで、とんでもなくエキサイティングなあるモノに気がつきました。泊まりながら、移動する方法があったんです。

続きを読む サンライズ出雲