「記念日」タグアーカイブ

8か、8 Plusか、はたまたXか

9月13日未明(日本時間)に、今やこの時期恒例となった、Apple社の新製品お披露目イベントが開催されました。さすがに、午前2時からという生中継動画を見る根性はなく、それでも翌朝は早めに起き出してネットニュースをチェックしてしまった自分がちょっと恥ずかしかったりして(苦笑)…まあ、妻のiPhone 6 Plusが購入からちょうど2年になるところで、乗り換え先の有力候補になるかも知れないという事情はあったんですけどね。

昨年の9月には、おサイフケータイや防水・防塵などを実現したiPhone 7/7 Plusが発表され、話題になりました。今年はマイナーチェンジで7sと7s Plus…ということも考えられたわけですが、それだけでは収まらないのでは?という話は、ずいぶん前からありました。というのも、今年でiPhoneはデビューから10周年。何らかの「記念モデル」が出ることが予想されていました。昔から、Apple社はそういうのが好きですからね。 続きを読む 8か、8 Plusか、はたまたXか

生きてて、よかった。

今日・5月23日は、私の誕生日でした。Facebookのタイムラインには、たくさんお祝いのメッセージをいただきました。とても嬉しいのですが、返事を書かなきゃ…と思うと結構タイヘンです(汗)。お返事遅くなってしまい、申し訳ありません。

誕生日についても、毎年いろいろなことを書いて振り返ってみたりしますが、今年思うことはたったひとつです。

…生きてて、よかった。

ハタチになりました。

1997年2月22日にSSK Worldをスタートさせてから、今日でちょうど20年が経ちました。誕生日の記念に…ということで、ちょっと一曲。

先日我が家にやって来たばかりの初音ミクに、「Happy Birthday To You」を英語で歌ってもらいました。日本やアメリカ等ではパブリックドメインの曲ですから、聴いていただいても問題ありませんよね(笑)。 続きを読む ハタチになりました。

マイペースとか言いながら

2017年が始まりました。新年あけましておめでとうございます。旧年中より、多くの皆様方にSSK Worldをご訪問いただき、たいへん感謝しております。本年も変わらず続けていきたいと思っておりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

…というお堅いご挨拶はそこそこにして。

続きを読む マイペースとか言いながら

10周年でした。

甚だ私事ではありますが、先週金曜日の8月26日で、結婚してからまる10年が過ぎました。10年間いろいろ、それこそSSK Worldにはとても書けないようなことも含めていろいろとありましたが、それでもこうして11年目の日々を迎えられていることには、ただただ感謝です。

結婚したときには、結婚したところでSSK Worldは何も変わらない…なんて書いていますが、振り返ってみると、妻の出番のなんともまあ多いこと。家族をネタにしながら日々を暮らすブログに成り下がってしまいました(汗)。

…まあ、裏を返すと、妻のおかげで私の人生の幅は思いっきり広がったということなんですけどね。繰り返しになりますが、いくら感謝しても感謝しきれません。 続きを読む 10周年でした。

19歳のホラ吹き

1997年2月22日にオープンしたSSK World。昨日・22日で、オープンしてから満19年となりました。毎年この日になると、Webサイトの価値は続いている期間だけではない…と言い続けていますが、この1年間も、何とか週に1度は何かしら投稿を続けることが出来ました。中身の質はともかく、生存確認としては上出来でしょう。

自作曲やCGなどのモノ作りのコンテンツを復活させたい…という話も、この日に限らず何か節目が来る度にしている気がします。しかし、皆さんご存じのとおり、もう長い間実現せずに現在に至ります。ただのホラ吹き状態です。まあ、今の庭いじりだって、「モノ作り」といえないこともないんですが。

とはいえ、ドラムを始めたのも曲作りへの肥やしになるかも…と思った面がありますし、まだ全然あきらめていないのは本当です。語り続けていないと、行動に移す気すらなくなってしまいますからね。ホラは吹き続けようと思います。とにかく、まずは資金を貯めなくちゃなぁ(汗)。

帽子を被る

今年の8月で、結婚してからちょうど10年になります。記念で何かしておきたいところなんですが、妻からは「北海道に行きたい」とリクエストが出ています。諸般の事情で結局新婚旅行には行けていない私たち。旅行というプランは、私としても実現するのにやぶさかではありません。

娘の分も含めて、それなりに旅費を準備しなくてはならないのは当然なんですが、それ以上に問題なのは、妻が飛行機に乗りたがらないこと。今年の夏なら移動手段に北海道新幹線も使えるようになりますが、それでも飛行機と比べると段違いに時間とおカネが掛かります。

ミレニアム北海道ツアーのときのように、片道二晩かけて船に車ごと乗って行く手もあります。これなら費用面はまあまあリーズナブルで、北海道でも余裕たっぷりのデリカD:5に乗れる利点はあるんですが、往復で4日かかるわけで、さすがにそれだけ長期休暇が取れるかどうか不安です。まあ、いろんな選択肢、いろんな可能性を考えてみましょう。

続きを読む 帽子を被る

18歳になりました。

先ほどは「それどころではない」と言ってみたものの、それでもやっぱり気になるのが誕生日。今日・2015年2月22日で、SSK Worldはオープンから18年が過ぎましたただ年月が過ぎるだけでは意味がない、中身が伴っていなくては…と言い続けているわけですが、この1年間もなんとか1週間に1回以上の更新を続けてくることができました。更新頻度だけで論じるのもナンセンスなのかも知れませんが、「生きている」という意味ではまあまあ上出来かな?と思っています。

昨年末に、久しぶりにレッツノートオーナーに復帰して、かつては看板コーナーと位置づけていた「レッツノートのある暮らし」が、活気を取り戻してきました。現在は、今年の秋にはデビューするとみられるWindows 10のプレビュー版の評価を進めています。マニアックに突っ込もう!という意欲を持ってモノを書いているのは、かなり久しぶりです。ある意味、SSK Worldの原点回帰といえるのかも知れません。

しかし、以前から何度も触れているように、本来なら「原点回帰」に位置づけるべきなのは音楽やCGなどの「モノづくり」の成果のような気がします。やりたくて仕方ない自分はいるんですが、時間も経済的余裕も全然ありません。とはいえ、簡単に諦めたくもありませんし…まあ、当分はもがき苦しむことになりそうですね。

18歳と言えば、現在開かれている通常国会では、18歳以上に選挙権を与える法改正が進められようとしているのだそうです。のらりくらりと遊びほうけて18歳になったSSK Worldも、本当はもっと自分の主義・主張を表に出さなくてはならないのかも?と思ったりもするわけですが、世の中にはデリケートな問題が多すぎます。しがない個人ブログが世論に火を付けてしまうほどの存在感を持っているとはとても思えませんが、当面は趣味にひた走るWebサイトを続けていこうかと思っています。

ついに7ケタに

SSK Worldへの通算アクセス数が、1,000,000を超えました。1997年2月22日にSSK Worldをオープンして以来6,487日。オープンの当日以来ずっと回し続けてきたアクセスカウンターの数字が、ついに7ケタの大台に乗りました。途中でカウンターの仕様変更をしているので、厳密なカウントとは言えないかも知れませんが、それでもひとつずつ確かに積み上げてきた数字ではあります。

10,000アクセスを超えたときにも、100,000アクセスを超えたときにも、意外に淡々とその日を迎えていました。今回も同じ。今更アクセスカウンターごときで大騒ぎする時代でもありません。「ホームページ」が一般的な呼び名だった頃の、ふた昔前の文化ですよね。まあ、そんなことは言いつつも、ここまで17年間Webサイト運営を続けてきたことの、目に見える結果ではあるわけで、こっそり(でもないか…笑)自分を褒めたいとは思います。

1,000,000アクセスを機にサイトは閉めようかな?なんて考えていたこともありますが、今は全くそのつもりはありません。これからも、マイペースで淡々と進んでいこうかと思います。…とか言いつつ、裏では意外にバタバタともがいていたりもするんですけどね。

続けていくことの意味

SSK Worldへの通算アクセス数が900,000を超えました。800,000アクセスを超えてから125日での到達で、1日あたりに割り戻してみると、ちょうど800のアクセスがあることになります。

この数が多いのか少ないのか、そして実際の訪問状況を反映しているのかは、なかなか判断しにくいところではありますが、なるべく実態に近づくように自ら作ったアクセスカウンターではありますし、少なくともWebサイトとしてSSK Worldが17年間積み重ねてきた数字であることは確かです。Webサイトの存在感を計る指標として、真っ先に思いつくのがアクセス数とオープンからの期間なんですが、アクセス数は、World Wide Webという世界の中でどのくらい認知されているかを、比較的わかりやすく示してくれます。

このペースでアクセス数が伸びていくと、今年の11月中旬頃には、ついにアクセスカウンターの数字は7ケタの1,000,000に到達します。アクセス数を数えること自体の意味に疑問を感じてから久しいんですが、それでもこれもひとつの足跡ではあります。1,000,000に達したらアクセスカウンターは外そうかな?とも思っていましたが、今のシステムが使える限りは、もうしばらく数えてみようかと思っています。

続きを読む 続けていくことの意味