「CF-R4」タグアーカイブ

5(+1)台のレッツノート

1996年6月に初めての「レッツノート」・AL-N1が発売されてから、間もなく満20年を迎えますが、考えてみると、その20年のうち8割ほどの期間は、私もレッツノートと共に過ごしてきたことになります。

私はこれまでに、モバイルノートPCとして5台を購入していますが、他社のいろいろなタイプの製品と比較してみるものの、最後に「購入しよう」という決心にまでたどり着くのは、いつもレッツノートでした。皆さんご存じの通り、お値段は相当高価なんですが、損をしたと思ったことは一度もありません。今日は、私が使ってきたレッツノートを振り返りながら、ちょっと昔話でもしてみましょうか。

続きを読む 5(+1)台のレッツノート

Rが帰ってきた

パナソニックから、レッツノートシリーズの2014年秋冬モデルが発表されました。LX、MX、SXという従来のラインナップは、順当に基礎体力がパワーアップされました。そして、ここにもうひとつ新しく加わった新製品があります。

CF-RZ4は、B5判の大学ノートとほぼ同じフットプリントで10.1型・1920×1200ドットの高精細なIPS液晶画面を持つ、現行ラインナップではいちばん小さなレッツノート。かつてのAXシリーズや現行のMXシリーズと同様に、タッチパネル付きの画面が「360度開いて」タブレット形態でも使える…という、いわゆる2in1タイプの製品になります。

JEITA 2.0基準で約10時間という、まる1日使うには十分のバッテリーライフを持ちながら、重量はたったの745g。「コンバーチブルPCとして世界最軽量」だそうです。しかし、これだけ軽くても、きちんとレッツノート基準の耐久テストをくぐり抜けていますし、インターフェースはUSB 3.0×3ポートに有線のLANポート、さらにはHDMIだけでなくアナログVGA出力まで備えています。現物を見るまでは分からない…とはいえ、いつものレッツノートと同様、妥協のないビジネスモバイルとして開発された製品であることは間違いありません。

続きを読む Rが帰ってきた

やりやがったな(笑)。

本日、パナソニックから新しいレッツノート・CF-AX2が発表されました。11.6型ワイドの液晶画面を持ち、光ドライブは装備されません。ラインナップとしては、一番小さかったCF-Jxシリーズの後継という位置づけでしょうか。超低電圧版の第3世代Intel Core iシリーズCPUを採用し、折りたたんだときの厚みは18mm。私がずっと待ち望んだ、レッツノートとしては初めてのUltrabook(うるとらぶっく)ということになります。
10月下旬から発売になるCF-AX2は、当然のことながらMicrosoft社の最新OS・Windows 8を搭載して登場。Windows 8の新しいユーザーインターフェースを十分に生かすため、液晶画面はマルチタッチ対応のタッチパネルとなっています。
…と、ここまでのところは私でも容易に想像できる展開だったんですが、それだけでは終わらないのがレッツノート。このCF-AX2、液晶画面を開いていくとぐるりと360度回って、裏側にぴったり張り付くところまで開きます。この形態にすると、いわゆるタブレットそのもの。従来のノートパソコンとしても、タブレットとしても使える「ハイブリッド・モバイル」を名乗っています。
従来からタブレットと兼用で使えるノートパソコン自体はいろいろとありましたし、パナソニック自身もCF-Cxシリーズを作っていましたが、変形する構造が結構複雑な印象がありました。一方、CF-AX2のアプローチは実にシンプル。タブレット形態になるとキーボードやタッチパッドが露出することになりますが、この形態になると自動的にロックがかかるようです。
CF-AX2を見てしまうと、ここまで国内外の各社から登場したUltrabookは全て「その他大勢」に見えてきます。やりやがったな、パナソニック(笑)。

続きを読む やりやがったな(笑)。

ハードディスクに戻してみたら

レッツノート・CF-R4GにWindows 7 Home Premiumをインストールして使い続けています。CPUの能力が根本的に足りないことやAeroインターフェースが使えないことは、それを覚悟して使っているわけですから、特に問題視はしていません。文句を言えばきりがないわけですが、これについては新しいモバイルPCを買うしか対策はありませんからね。
ただ、一つ気になっていたのが、SSDのいわゆる「プチ・フリーズ」現象。普通に操作しているだけなのに、突然かなりの長時間待たされることがありました。それも、使い込むほど長くなり、長いときには1分以上凍りっぱなしだったりして、さすがにこれは許容できる範囲ではありません。使い始めた頃には、たまにフリーズする…という程度だったんですが、使っているうちにどんどん頻度も上昇。しばしばフリーズするという状態になりました。これではとても使っていられません。
もともと、SSDはCF-R4G標準のハードディスクと交換して導入したものです。考えてみると、Windows 7をCF-R4Gのハードディスクにインストールした環境では全然動作を確認していませんでした。
せっかくなので、ちょっとやってみよう!ということで、再びCF-R4Gを開腹。80GBのハードディスクを元通りに納めました。…と、ずいぶんさらりと書いてしまいましたが、もちろん分解・再組み立ては自己責任の元で行わなくてはなりません。真似してみよう!と思われる方はくれぐれもご注意を。

続きを読む ハードディスクに戻してみたら

さよなら、なのかな。

以前からたびたび話題にしていたことなんですが、モバイルインターネット回線として愛用してきたウィルコムの契約を、6月末までで終了することにしました。
振り返ってみれば、DDIポケット時代からもう10年近い付き合いになるわけで、愛着がないと言えば嘘になりますが、激動の時代の中で、同じものを支持し続けることの難しさも感じています。長年の間「PHSでは最強、最大派閥」ではあり続けたわけですが、私の本来の使用目的であるモバイルインターネット接続としては、強力なライバルたちに抗い続けるのはちょっと辛い状況かも知れません。
解約の手続きについては以前にもちょっとご紹介したことがありますが、電話でウィルコムサービスセンターに解約する旨を伝えると、解約申込書が郵送されてきて、これを記入して返送することになります。所定の期間内に返送すれば、電話で伝えた解約日までで契約は終了します。
電話口で、「よろしければご解約の理由をお聞かせいただけますか?」と聞かれました。思わず、「御社の将来性に不安を感じてしまったので」と本音で答えてしまいそうになりましたが、それではあまりにも身も蓋もない話で、これまでの私自身の「ウィルコム愛」を踏みにじる行為にもなってしまいます。しばらく間を置いた後、「WiMAXに乗り換えようかと思います」と答えると、これまたしばらく間のあった後、「ご回答いただきありがとうございます。長年のご利用ありがとうございました」と返ってきました。愛のある、心の通じ合うやりとりができたような気がします。

続きを読む さよなら、なのかな。

セブン、セブン、セブン!(3)

またしてもお待たせしてしまいましたが、Windows 7 Home Premiumをインストールしたレッツノート・CF-R4に、アプリケーションや周辺機器をセットアップした経過報告をしたいと思います。まあ、経過報告というよりは備忘録の意味合いの方が強いんですけどね。

続きを読む セブン、セブン、セブン!(3)

セブン、セブン、セブン!(2)

さて、いよいよレッツノート・CF-R4GへのWindows 7 Home Premiumのインストールです。とはいえ、既に公開β版RC版とWindows 7のインストールを試していますから、手順自体はだいたいわかっています。あとは製品版での確認作業です。
…さて、始めましょうか。

続きを読む セブン、セブン、セブン!(2)

CF-R4にWindows 7 RC版を

連休中に登場したWindows 7のRC版を、早速…と言い切るには少々時間がかかってしまいましたが…レッツノート・CF-R4にインストールしてみることにしました。
RC版の入手方法やインストールの手順については、基本的に公開β版のときと変わりません。クリーンインストールで作業を進めていくことになります。インストールの所要時間は公開β版のときより少々遅くなった気がしますが、それでもかなり早いと感じます。

続きを読む CF-R4にWindows 7 RC版を

ROBOCOPYでバックアップ

レッツノート・CF-R4に搭載したSSDの寿命とパフォーマンスに対する対策の一環として、RAMディスクを確保している話は以前紹介しています。ここにWebのキャッシュファイルを保存し、これをシャットダウンのときにバックアップしようと考えていたわけですが、一時的に保留にしてありました。
OSをWindows 7公開β版からWindows XPに戻したところで、バックアップの検討を再開しました。最初は、VBScriptで記述するWindows Scripting Host、あるいはMicrosoft社が新たに開発した「オブジェクトベースのスクリプト環境」・PowerShellを使ってみるつもりで、いろいろ手を付けてはいましたが、どうもうまくいきませんでした。最大の問題はパフォーマンス。実行時に逐次解釈していくスクリプト言語では、どうしても実行速度で不利です。

続きを読む ROBOCOPYでバックアップ

SSDのデフラグ、試用中。

昨年11月から、ハードディスクをSSDに換装して使っているレッツノート・CF-R4G。SSDの静粛性能や省電力性能については、構造上ハードディスクより優位に立てるのは当然なんですが、読み書きのパフォーマンスではベンチマークの数字ほどの満足感がなかなか得られません
その原因のひとつは、いわゆる「プチフリーズ」現象。SSDへのアクセスが集中すると一時的に応答を停止してしまう訳なんですが、どうやらこれは特定のコントローラチップとの組み合わせで起こる現象らしいですね。ハードウェアの問題となれば、そう簡単には直りません。それこそ再換装するしかありません。
SSDへのアクセスを極力減らすようなチューニングを施すことで、プチフリーズの起きる機会もかなり減らせます。ただ、それでもやっぱりパフォーマンスには不満が残る場面がかなりあります。先にコメントでご指摘もいただいていますが、デフラグをしていないことが悪影響を与えているようです。とはいえ、普通にデフラグをしてしまうとSSDの寿命に不安を感じますし…何かいい方法はないのか?と思っているところに、ちょっと気になるものを見つけました。

続きを読む SSDのデフラグ、試用中。