「CF-RZ4」タグアーカイブ

M.2 SSDの再利用

レッツノート・CF-RZ4の内蔵SSDの換装に無事成功したわけですが、当然のことながらもともと内蔵されていたSSDが手元に余ることになります。

先日もご紹介したとおり、CF-RZ4で使われているSSDは、「M.2(えむどっとつー)」という規格で接続される基板剥き出しのタイプ。このままで使うのは非常に困難です。しかし、これを納めて外付けのストレージとして使うためのケースは、巷でいろいろ売られています。これを使って、SSDの再利用を試みることにしました。 続きを読む M.2 SSDの再利用

CF-RZ4のSSD換装

SSDの128GBの容量が足りなく感じ始めた今日この頃なんですが、これを一番簡単に解決する方法は、SSDをより大容量のものに換装することです。とはいえ、自作PCの場合と比べると、私の2台のパソコンではそう簡単にいかない作業です。 続きを読む CF-RZ4のSSD換装

128GBでは足りない

現在、私はWindows 10が動作するパソコンを2台使っています。デスクトップPCのHP Pavilion Wave 600と、モバイルノートPCのレッツノート・CF-RZ4では、使い方も、性能も全然違うんですが、実は仕様面でこれらにはひとつ共通点があります。それは、どちらもシステム起動ドライブとして128GBのSSDを使っていること。とはいえ、SSDに期待するところは両者で全く異なっています。 続きを読む 128GBでは足りない

シェアSIMの管理

新しいスマートフォン・NuAns NEO [Reloaded]を購入したときに、通信回線についても前の端末で使っていたauからBIGLOBE SIMに切り替えました

BIGLOBE(びっぐろーぶ)は、そもそもは日本のパソコンの一時代を築いたNECによって立ち上げられた、超老舗のインターネットプロバイダであると共に、いわゆる格安SIMや格安スマホを提供するMVNOとしても最古参の業者のひとつです。現在も業界シェアでは10本の指くらいには入るようです。

基本的にNTTドコモとサービスエリアは同じですから、「つながらない」ということはほぼありませんし、通信速度についても特に不満を感じる場面はありません。もっとも、これは私自身が地方都市の郊外在住で、周辺に帯域を取り合う他のユーザーがいないから…というのが要因かも知れませんけどね。


SIMを切り替えたときにもちょっと説明しましたが、私は、もともとレッツノート・CF-RZ4内蔵のワイヤレスWANでデータ通信に使用するために、BIGLOBEのSIMを使っていました。今回は、この契約で利用していた3GBのデータ容量を、2台の端末でシェアするように契約を切り替えた形になります。 続きを読む シェアSIMの管理

電光石火のBIGLOBE SIM

新しいSIMフリースマートフォン・NuAns NEO [Reloaded](以降「NEO Reloaded」)が、これまで使っていたauのSIMをそのまま挿すだけではLTEでのデータ通信ができず、使い物にならない…ということが明らかになりました。さて、それならどう対応する?ということになるわけですが、選択肢はいくつか考えられます。

いちばんシンプルなのは、au回線をそのまま使うために、月額540円の「LTE NET for DATA」オプションを追加契約すること。しかし、これは普通にauのスマホを使っている皆さんよりも月々540円高い利用料を払わなくてはならない…ということであり、どうも釈然としません。 続きを読む 電光石火のBIGLOBE SIM

ちょっとは広がった、のだが

レッツノートの2017年夏モデルが発表されました。とは言っても、昨シーズンのCF-XZ6のような強烈な飛び道具があるわけでもなく、内容としてはCPUやストレージの強化程度の、至って地味な定期更新です。

パナソニックストアの直販モデルでも、その状況が大きく変わるわけではありませんが、今回「売り」になっているのは、各モデルでストレージの容量をある程度選択可能になったこと。外観だけでなく、内部の仕様についてもカスタマイズの選択肢が広がった…ということになります。 続きを読む ちょっとは広がった、のだが

旅先での充電

大型連休中に横浜に行ってきましたが、こうした泊まりがけの旅行のときに困るのが、持ち運んでいる様々なモノたちの充電をどうするのか。近頃は、まる一日ならなんとか充電なしでがんばってくれるデバイスも増えてきましたが、1泊となるとまだまだ厳しいと言わざるを得ません。

今回横浜に連れて行った持ち物の中で充電が必要なものは、私のデジイチビデオカメラスマートフォンスマートウォッチ。そしてレッツノート・CF-RZ4も持っていきました。あと、忘れてはいけないのが電動のひげ剃り。これに加えて妻のiPhone、コンパクトカメラもあるわけで、なかなかタイヘンです。

基本的には機器の数と同数の充電器、そして充電器を挿すためのAC100Vのコンセントが必要になる訳なんですが、これだけ数が多くなると、いろいろ考えたいことも出てきます。

続きを読む 旅先での充電

タブレットを持ち歩きたいのか

レッツノートの2017年春モデルが発表されました。RZ、SZ、LXの各モデルについては、昨年秋冬モデルの時点で既に第7世代のCoreプロセッサが搭載されていたこともあり、ワイヤレスWAN内蔵モデルのSIMがnanoサイズになるなどのマイナーな変更にとどまっています。

そして、今回新たに投入されたのが、レッツノートとしては初の分離型2in1となるCF-XZ6。画面が12型ということですから、従来のSZシリーズのサイズ感で、ディスプレイ部分だけが取り外せてタブレットとしても動作する…と思えば、ほぼ間違いなさそうです。キーボード側に用意されたタッチパッドも、円形のホイールパッドですしね。

タブレット部分だけの重量が550g。合体時も1,019gということで、どちらも「TDP 15WのCore iプロセッサ搭載の12型タブレットモバイルPCとして世界最軽量」だそうです。これで、従来のレッツノート基準の耐久試験もしっかりパスしているそうですから、大したものです。 続きを読む タブレットを持ち歩きたいのか

CF-RZ4のクリニック

クリニックから戻ってきたCF-RZ4

日曜日・25日にレッツノートクリニックに送っていたCF-RZ4が、今日帰ってきました。購入してからちょうど2年が過ぎたところで、当初の予定どおりクリニックを受けられる期限ギリギリまで待っていました。

改めてご紹介しておくと、「レッツノートクリニック」というのは、パナソニックストアで購入したレッツノートが、購入後1年を経過するとハードウェアのチェックやメンテナンスを受けられたり、天板やキーボードなどを交換できたりするサービスです。店頭販売モデルでは受けられない…という、実にスペシャル感に溢れる仕組みですね。 続きを読む CF-RZ4のクリニック

ないようでいろいろあった

今日は、2016年最後の日曜日。例年、SSK Worldとしてのその年の総括をしてみるのが習わしのようになっていますが、振り返ってみたものの、どうしたらいいモノか頭を抱えています。というのも、今年を振り返るに値するテーマが見つからないのです。

そもそも、記事の投稿総数が極端に減っています。今日の記事は2016年の97本目の投稿となりますが、年間投稿数が100件を下回れば、2008年以降では初めてのこととなります。9月の投稿数は、たったの4。これは、「Weekly SSK」として週に1回以上のペースで更新する!と宣言した1999年8月以来、月間投稿数では最も少なかったことになります。 続きを読む ないようでいろいろあった