「Movable Type」タグアーカイブ

フィードバック

自宅の離れで妻が開いている雑貨屋が、来月で3周年を迎えます。3周年記念として、会場を借りてのイベントを企画中。自作のチラシを印刷屋で刷って各方面に配布するなど、現在いろいろと準備を進めているようです。私からすると、イベントの準備も良いけど、確定申告は大丈夫?などと、余計な心配をしてしまったりするんですが…。

そんな妻の店のWebサイトは私が構築したんですが、先日からサイトのリニューアル作業が進行中です。といっても、別に3周年に合わせたわけではなく、システムの更新をしなくてはならなかったから。既に有償版の公式サポートは終了しているMovable Type 5.x(ここで使っていたのはオープンソース版)から、SSK Worldでも採用したWordPressへの乗り換えです。

続きを読む フィードバック

MTからWordPressへ

先週末に行った、SSK Worldのリニューアルについて、先にお約束していたとおり、ご説明をしておきたいと思います。

SSK Worldの外観が大きく変わるのは約5年ぶりとなります。このときは、SSK Worldの管理に使用していたブログシステムのMovable Typeをバージョンアップすることにして、そのためにデータベースのMySQLもより新しいバージョンに移行する…という、かなり大規模な作業になりました。

今回のリニューアルでも、前回に匹敵するか、それ以上とも言って良い大きな変化がありました。そのことを示すある記述が、ページの一番下にあります。それは、「Proudly powered by WordPress」というクレジット。ブログシステムを、これまで使っていたMovable Typeから、WordPressに移行したんです。

以前にも、WordPressへの移行については検討したことがありますが、いろいろと障壁があって断念した経緯があります。今回改めて移行を進めたのは、問題点が解決できる目途が立ったこともありますが、それ以上に、移行せざるを得なくなったある事情がありました。

続きを読む MTからWordPressへ

続けていくことの意味

SSK Worldへの通算アクセス数が900,000を超えました。800,000アクセスを超えてから125日での到達で、1日あたりに割り戻してみると、ちょうど800のアクセスがあることになります。

この数が多いのか少ないのか、そして実際の訪問状況を反映しているのかは、なかなか判断しにくいところではありますが、なるべく実態に近づくように自ら作ったアクセスカウンターではありますし、少なくともWebサイトとしてSSK Worldが17年間積み重ねてきた数字であることは確かです。Webサイトの存在感を計る指標として、真っ先に思いつくのがアクセス数とオープンからの期間なんですが、アクセス数は、World Wide Webという世界の中でどのくらい認知されているかを、比較的わかりやすく示してくれます。

このペースでアクセス数が伸びていくと、今年の11月中旬頃には、ついにアクセスカウンターの数字は7ケタの1,000,000に到達します。アクセス数を数えること自体の意味に疑問を感じてから久しいんですが、それでもこれもひとつの足跡ではあります。1,000,000に達したらアクセスカウンターは外そうかな?とも思っていましたが、今のシステムが使える限りは、もうしばらく数えてみようかと思っています。

続きを読む 続けていくことの意味

スマホファースト

妻の雑貨屋のために、Webサイトの構築を手伝っているところです。妻は、すでに1年以上前から「開店準備ブログ」という形でWeb上での宣伝活動はスタートさせていました。地域密着型の口コミ情報戦略としては非常に強力で、ここまで傍から見ているだけでも相当の成果があったと思うんですが、一方でどうしてもブログだけではカバーしきれない限界もあります。

ブログという媒体は、基本的には投稿された記事を時間軸上で整理するシステムです。常に最新の情報を提供するためには非常によくできたスタイルなんですが、恒常的に案内したい情報を整理しておく仕組みは、基本的に持ち合わせていません。また、高度にカスタマイズされた表示形態を用意したい場合にも、基本的にテキストデータを投稿して決まったひな形に収める…というブログでは、融通の利かない場面があります。

店舗が正式にオープンして、日常的なリズムが出来てくると、店舗のコンセプト紹介や営業時間、店舗へのアクセス方法など、常に入手しやすい位置に置いておきたい情報が増えてきます。妻の雑貨屋の場合は、ほかの作家さんに販売の場を提供するレンタルボックスという形態を採っているので、レンタル条件の案内や作家さんの紹介などもこの手の情報に区分されると思います。

そこで、店主ブログを公開したのと同じ頃に、私が提案して店名を冠した独自ドメインを取得しておきました。どこかのレンタルサーバーにこれを割り当てて、常時案内する情報を掲載した店舗のWebサイトを立ち上げよう!という目論見でした。Webサイトへのアクセスだけでなくメールアドレスなどにも独自ドメインを使えるのは、ブランド戦略としての強みになります。ドメイン取得は、基本的に早い者勝ちですからね。思い立ったが吉日です。

そして、独自ドメインの意外な強みがもう一つありました。妻が、とあるフリーペーパーに店の広告を掲載してもらおうと相談したんですが、ブログのアドレスを載せようとしたところ、「はまぞうはウチの競合サービスだから、hamazo.tvの入ったアドレスは載せられない」と言われたのだとか。こんな場合にも、特定サービスとの紐付けが表に出てこない独自ドメインは強みになります。

続きを読む スマホファースト

スマホ用ページを作ろう

現在、SSK Worldでは横800ピクセル以上の画面を持つパソコンでの閲覧を前提として画面を設計しています。そして、携帯電話をターゲットにしたSSK World mobileを別に用意しています。サイト側での閲覧環境による自動振り分けはあえて行わず、皆さんの使いやすい方を使っていただけるような仕組みにしています。

しかし、スマートフォンで見ようとすると、どちらを選んでも不便を強いてしまいます。パソコン用を読み込むと、画面全体が表示されるように縮小して表示されますが、これでは字があまりに小さすぎて読むのは非常に困難。画面を拡大して読むことになります。一方、mobile版の場合でも文字が非常に小さく表示されてしまい、そのままでは読めません。画面を拡大すると、今度は横スクロールを繰り返しながら読む羽目になり、パソコン版以上に不便です。

私自身も、AndroidスマートフォンのF-05Dを使い始めてもうすぐ1年になりますから、当然この状況は認識しています。iPhoneも含めてスマートフォンの利用者がどんどん増えてきている現在、是非とも対応していかなくてはなりません。

それ以前の問題として、私自身が内容をチェックするのが不便だったんですけどね。Movable Type自体にはスマートフォン用の管理環境がちゃんとあるんですが、出来上がった記事をチェックするところで面倒な作業を強いられます。

続きを読む スマホ用ページを作ろう

WordPressが気になるが

これまでも何度か話題にしていますが、現在、SSK Worldのコンテンツ管理システムとしてはMovable Typeを使っています。Movable Typeとの付き合いは、Webサイト内でブログの運用を始めた2005年からになりますから、もう足かけ8年目。この間、バージョンナンバーは3から5へと移り変わり、ブログを運営するためのシステムから、Webサイト全体を管理するシステムへと進化してきました。

しかし、システムが大きくなってきたせいか、最近は何かと動作の重さが気になるようになりました。また、PerlベースのMovable Typeプログラムの中でPHPを組み込んだドキュメントを扱っているため、これが運用で妙に頭を使わなくてはならない原因のひとつになっています。デザインを直していくのも一苦労です。

続きを読む WordPressが気になるが

Movable Type 5.11

SSK Worldのサーバーで運用しているMovable Type(オープンソース版)のバージョンを、5.11にアップデートしました。それまで使っていた5.04から小数第一位が変わる、比較的大きなバージョンアップになります。編集画面の雰囲気もちょっと変わりました。

従来のバージョンでは、カテゴリーやフォルダーの順番を並び替える機能がなく、サードパーティ製のプラグインで実現されていました。5.11では標準でこれらの順番が入れ替えられるようになりましたが、プラグインが組み込まれた状態でアップグレードしてみたところ、引き続きプラグインもちゃんと動作しているようです。

プラグインの類は不要なら使わない方が安定性でも有利ですから、標準機能に置き換えたいと思っていますが、どうやればいいのか。マニュアルとにらめっこして、じっくりいじってみましょう。

Movable Type 5.04

SSK Worldのサーバーで運用しているMovable Type(オープンソース版)のバージョンを、5.04にアップデートしました。Mobable Type自体は、機能強化された5.1や、セキュリティ修正が加えられた5.051がすでに公開されていますが、さくらインターネットクイックインストール機能で用意されているのがこのバージョンになるので、とりあえず入れ替えておきました。

こうしたWebアプリケーションは、主にセキュリティ問題への対応として、できることなら常に最新版にしておきたいんですが、クイックインストール機能を利用する限り、このあたりはどうしてもプロバイダ任せになってしまいます。文句を言うくらいなら手作業でアップデートすれば良いのでしょうけど、管理画面上からボタン1クリックでアップデート作業が終わってしまう手軽さを体験してしまうと、なかなか元には戻れませんね。まあ、そういうことです。

Movable Type 5.031

SSK Worldのサーバーで運用しているMovable Type(オープンソース版)のバージョンを、最新版の5.031にアップデートしました。今回の変更自体は、セキュリティ関連のものは含まれず、システムの不具合の修正ひとつだけだったそうです。番号が0.001しか進んでいませんからね。もっとも、私にとっては5.02からのアップデートだったので、他にもいろいろ変更点はあった訳なんですが。

これまでのアップデートと比べると、作業はずいぶん楽になりました。現在サーバーを借りているさくらインターネットで提供してくれている、Movable Typeのクイックインストール機能を活用すると、Web上のサーバーコントロール画面で「アップデート」のリンク一つクリックするだけで作業は完了です。ずいぶん楽になりました。ただ、サービスとしてアップグレードパスが用意されるのを待たなくてはなりませんでしたから、ちょっとじれったい思いはあったんですけどね。

ちなみに、アップグレードの案内自体は、サポートサイトに随時更新されるほか、RSSフィードで障害情報などと合わせて提供されています。おかげで、今回は更新されたその日に通知を受け、アップデートを実施できました。厳密にリアルタイム…とまでは行きませんが、こうして随時送られてくる(厳密にはシステムが自動的に取得しに行くんですが)のはやっぱり便利です。

4から5へ、4から5へ

以前、SSK Worldのシステムに関してちょっと手を入れていた話をしたんですが、この1週間で作業を進め、ようやく一段落しました。今週は、画面レイアウトが崩れていたり、サーバーエラーで真っ白な画面に文字が表示されるだけだったりする状況をご覧になった方もかなりいらっしゃったのではないかと思います。企業サイトのように万全のバックアップ、インフォメーションを準備した上での作業をしたわけではありませんでしたが、どうかご容赦ください。まあ、単なる個人の趣味サイトですから、そこまでしなくてはならないほどの重要性もありませんし。

おそらく、一番目を引くのは、これまでの黒基調の色使いとは正反対のデザインだと思うんですが、これは作業の中ではほんのオマケ。スタイルシート以外はほとんどいじっていません。携帯電話向けの「SSK World mobile」では、古い端末にも対応するために、直接各テンプレートのHTMLタグを書き換えなくてはなりませんが、これも基本的には検索・置換で一発です。今回は、もっとややこしい、基幹的な部分に手を入れています。

続きを読む 4から5へ、4から5へ