「SOV31」タグアーカイブ

5月末を待つ

5月も残すところあと1週間ほどとなりました。5月でまた1つ年をとり…というのはともかくとして、現在、私には「5月末」というラインを目途に待っている話がふたつほどあります。 続きを読む 5月末を待つ

Android 7.0は来たが

本体ソフトの更新:Android 7.0がご利用になれます

Windows 10 Creators Updateの提供開始に先駆けて、8月31日には、au版のXperia Z4・SOV31に対して、Android 7.0へのバージョンアップを行うアップデートの提供が始まりました。半年ほど前には、すでに対応されることが公表されていましたから、あとはこの日が来るのを待っている…という状況でした。

職場から帰宅後、1.2GBの巨大なデータを自宅のインターネットからWi-Fi経由でダウンロードして、即刻アップデートしました。Androidのバージョンアップは、OS自体を書き換えた後に各アプリの最適化を行うため、再起動後にもかなり待たされます。結構細々とアプリをインストールしているせいか、この最適化だけで1時間近く待たされることになりました。 続きを読む Android 7.0は来たが

鮮やかに再装填

2月20日に、トリニティからスマートフォンの新製品・NuAns NEO [Reloaded](にゅあんす・ねお・りろーでっど)が発表されました。昨年1月に発売された初代NuAns NEOから、1年少々を経て登場する2世代目となります。

初代NuAns NEOは、どれも同じような「板」になりつつあったスマートフォンの世界に、ひと味違うデザイン性を盛り込んで登場しました。カバー部分を簡単に交換して、何百通りもの多彩な素材や色の組み合わせが楽しめてしまう「着せ替えスマホ」は、なかなか楽しそうです。

Reloadedでは、各方面から高い評価を得たその外装デザインは全く変更せず、カバー類は新しい素材がいくつか追加されたものの、初代と全く同じものも使えるようになっています。しかし、中身の方は新世代の仕様に一新され、初代では実現できなかった様々な機能も盛り込まれています。

それよりも、2代目に冠せられた「Reloaded」というネーミングにはニヤリとした方が多かったのではないでしょうか。「トリニティ」「NEO」「Reloaded」と来れば、もうアレしかありませんよね。気が早い話ではありますが、彼らは次期モデルには「Revolutions」と名付けるつもりなのでしょうか(笑)。 続きを読む 鮮やかに再装填

不断のアップデート

SOV31にアップデートが届きました

火曜日・25日の午後、Xperia Z4・SOV31に、実に500MB以上という巨大なアップデートのお知らせが届きました。先日Android 7.0のことを話題にしたばかりで、「早くも届いたのか?」と色めきだった私でしたが、実際にはそうではない、普通のアップデートでした。

今回のアップデートでは、最近のXperiaでも採用されている、電池の寿命を考えながら充電を最適化する機能が追加されました。他にも、より快適に利用できるような改善内容が含まれているのだそうです。

「な~んだ、Nougatじゃなかったのか」と落胆しながらも、早速その日のうちに適用してみました。充電のことはよくわかりませんが、手に持って使っていると、背面の発熱がちょっと抑えられたような気がしなくもありません。ともかく、しばらく使ってみましょう。 続きを読む 不断のアップデート

ヌガーも来るらしい

Xperia Z4・SOV31

現在私が使っているスマートフォン・Xperia Z4では、現在のところOSとしてAndroid 6.0が使われています。現在、Androidの最新バージョンは、今年8月に登場した7.0。コードネームは、今回初めて公募が行われた結果、Nougat(ぬがー)という甘~いお菓子の名前が使われています。

Android 7.0での変更で目玉と言えそうなのが、複数のアプリを分割された画面上に表示するマルチウィンドウ。「○○しながら●●する」という操作が、今までよりもスムーズに行えるようになりそうです。また、省電力を目指した強化も随所に行われているようで、もともと発熱とバッテリーライフに不安のあるXperia Z4のユーザーとしては、アップグレードに期待したくなります。

とはいえ、アップグレードができるかどうかは、用意していただけるかどうか…ということになるわけですが、ソニーモバイルは、Android 7.0がリリースされた直後の頃に、自社のAndroidデバイスのアップグレード予定を公表していました。この中に、日本のXperia Z4に相当する「Xperia Z3+」が含まれていたのは確認していましたから、私にとっては、あとはauが自社の提供するXperia Z4・SOV31に対してどのような対応をとるかに注目していました。キャリアによって対応が分かれたりもしますからね。

先日、auから自社販売端末のAndroid 7.0への対応予定について発表がありました。SOV31は無事アップグレード対象のリストに載り、私は何とかAndroid 7.0の世界を覗かせてもらうことが出来そうです。楽しみに待ちましょう。

モバイルバッテリーを再び

au版のXperia Z4・SOV31にもAndroid 6.0へのアップデートが提供されたので、早速適用して使い始めているわけですが、正直なところあまりバージョンアップした感覚がありません。もともと、Android 5.0が登場したときのようにUIの大幅な変更があったわけでもなく、見た目の印象があまり変わらない…というところはあります。

Android 6.0における強化ポイントのひとつと言われているのが、電力管理の新機能。これにより、省電力性能が向上する…ということだったんですが、実際に使っている限りでは、Xperia Z4でその恩恵にあずかれている実感は、全くといって良いほどありません。

そもそも、電力管理というのは、バックグラウンドにいるアプリをいかにサボらせて電気を使わせないようにするか…というところが肝。SNSやゲームなどのアプリをバリバリ、ぐりぐり動かしている限りは、バッテリーはどうしても消耗します。巷で話題のポケモンGOなんて始めちゃった日には、GPSの電波を拾いながら、猛スピードでバッテリーが減っていきます。 続きを読む モバイルバッテリーを再び

ようやくマシュマロ。

ソフトウェア更新の通知

先日ご紹介していた、au版のXperia Z4・SOV31へのAndroid 6.0アップデートの提供について続報です。予定どおりの6月14日・午後6時に、私のSOV31にもちゃんとソフトウェア更新の通知が届きました。

さすがにOSのメジャーバージョンアップということで、約1.5GBの巨大なアップデートになります。一応LTEなどの回線経由でのダウンロードも可能ですが、あっという間に定額通信分を食いつぶしてしまう可能性大です。Wi-Fiに接続した状態でダウンロードするか、パソコンと接続する方法を選ぶかした方が良いでしょう。それでも、ダウンロードには何十分もかかります。

続きを読む ようやくマシュマロ。

ひと足先にマシュマロ

au版のXperia Z4・SOV31に、6月14日からAndroid 6.0へのアップグレードの提供が始まります。NTTドコモ版およびソフトバンク版については、既に4月に提供が始まっていましたが、これでようやくauユーザーも追いつけるようになります。

新しい省電力管理機能等のAndroid 6.0としての新機能はもちろん、新しいカメラアプリなどのXperia Z4としての更新も他社版と同様に提供されます。ひとつ気になっているのが、ハイレゾ音源の再生とノイズキャンセリング機能の同時利用が可能になった…ということ。専用のヘッドセット・MDR-NC750との組み合わせが必要になります。 続きを読む ひと足先にマシュマロ

置いてけぼりのau

本日・4月25日から、ソフトバンク版のXperia Z4・402SOに、Android 6.0へのバージョンアップの提供が始まりました。これよりも1週間ほど前の4月19日から、NTTドコモ版のSO-03Gでも、Android 6.0へのバージョンアップは始まっています。

既に各方面でバージョンアップ後の動作報告が出始めていますが、評価は概ね良好なようです。既にバージョンアップが提供されているXperia Z5と、ハードウェア面でそれほど劇的な差があるわけでもないので、同様にバージョンアップの恩恵が受けられそうなのは、何となく想像も付きます。

しかし、こうなるといよいよもどかしいのは、au版のXperia Z4・SOV31にのみ、まだAndroid 6.0へのバージョンアップが提供されていないこと。他社のモデルとは異なり、au版では音声通話がVoLTEのみとなり、シンクコールなどの独自サービスも提供されていることが、今回は裏目に出てしまっているような気がします。

まあ、「先進的なネットワーク」として自分でauを選択してしまったのですから、仕方ないところではあります。あまり後れを取り過ぎないように、今は祈るばかりです。

マシュマロが来ない

Xperia Z4・SOV31

au版のXperia Z4・SOV31を使い始めて、半年少々が過ぎたところです。この機種も含め、MSM8994プロセッサ採用機は発売前から発熱が問題視されていたわけですが、Xperia Z4の場合は、実際に使っているとゲームをしているときなどにはカメラのすぐ横あたりがかなり熱くなるのがわかるものの、直接手に触れる場所ではないので、熱自体はさほど気にはなりません。

ただ、かなり気になるのは、発熱してくると目に見えて動作がカクカクと遅くなってくること。先にも触れたとおり、発熱するのはゲームをしているときがほとんどなので、反応が悪くなるのは結構困ります。まあ、ゲームは休み休みにしろ!というソニーモバイルからのメッセージと受け取ることにしていますが(笑)。

続きを読む マシュマロが来ない