「Webブラウザー」タグアーカイブ

車外でもインターナビ

このところ、ホンダ・インターナビの話題ばかりで恐縮なんですが、インターナビの最も通信カーナビらしいと思えるところは、実はクルマから降りたときだったりします。

車載のカーナビは、インターナビのサーバーと随時通信しています。ということは、ハードウェアとしての車載カーナビを使わなくても、サーバーとインターネット経由で繋ぎさえすれば、インターナビの提供するサービスはどこにいても利用できる…ということになるわけです。 続きを読む 車外でもインターナビ

Project Spartan

Windows 10 Technical Previewの最新ビルド・Build 10049の提供が始まりました。今回も、前回のBuild 10041と同様に、プレビュービルドのインストール方法を「速い」と選択している場合にのみ、Windows Updateから提供されています。Build 10041から2週間後という短期間での更新で、ビルドナンバーはたったの8しか進んでいませんが、今回のビルドには非常に大きなトピックがあります。Webブラウザーの「Project Spartan(すぱるたん)」が、初めて導入されたんです。

これまで、Windows標準のWebブラウザーと言えば、もちろんInternet Explorer(IE)…ということになるわけですが、IEはWindows 95時代にデビューしてから約20年間、バージョンアップを繰り返しながらも同じブランドで使われ続け、気がつけばメジャーなブラウザーたちの中では最古参になりました。ネームバリューは随一となったわけですが、一方で業界標準から外れた独自仕様が問題視されることが増えていきました。

そのIEからブランドを一新するとされるProject Spartan(この名称は開発コードで、正式名称は未定です)は、IEの抱えてきた様々なしがらみを脱ぎ去って、Mozilla FirefoxやGoogle Chromeと同様に最新のWeb標準に則る「モダンブラウザ」になると聞いています。しかし、それはIEの「個性」であったモノをきっぱり捨て去り、より激しい競争の中に自ら漕ぎ出すことでもあります。そこでいったい何をウリにするつもりなのか…非常に興味のあるところです。

続きを読む Project Spartan

常に最新版

SSK Worldのトップページには、「閲覧環境について」という見出しを付けた部分があります。その名のとおり、皆さんにSSK Worldをご覧いただくために、ご用意いただきたい環境について説明しています。

現在、PC版とスマートフォン版を別々に用意しているSSK Worldですが、それぞれで閲覧環境に関する記載はずいぶん趣が異なります。スマートフォン版の場合、実質的にはiPhoneとAndroid機の標準ブラウザーくらいしか「閲覧環境」のバリエーションはありませんから、そもそも閲覧環境に関する注意喚起はあまり必要ありません。歴史が浅いこともあり、HTMLやJavaScriptなどのWeb技術の標準はほぼ固まっているところからのスタートでしたから、かなりいろいろと凝ったことも可能。その気になれば、アプリ並みに動くページだって作れます。

しかし、PC版ではそう簡単には行きません。ユーザーがインストールできるWebブラウザの選択肢は何種類もありますし、OSの種類やバージョンも含めると対象環境は実に多岐にわたります。商用のWebサイトなら、極力全ての環境に対応していかなくてはなりませんが、趣味の個人サイトであるSSK Worldはそこまで面倒なことはしていません。常識的な範囲で古いモノは切り捨てた上で、「一応このWebブラウザーで表示して確認していますよ~」ということを書いてあります。

続きを読む 常に最新版

月額利用のOffice+α

Windows XPのマイクロソフト社でのサポートが、2014年4月9日(日本時間)で終了することが決まっているのは、皆さんもご存じかと思います。この日を過ぎると、これまでWindows Updateで提供されてきたWindows XP向けのセキュリティ更新が提供されなくなり、様々な被害を受けるリスクが高まります。

ウイルス対策ソフト会社などでは、企業向けに独自のセキュリティサポートを継続するところもあるそうですが、本体のWindowsが対応してくれなくなるわけですから、自ずと限界があります。根本的には、新しいバージョンのWindows、またはそれ以外の環境に移行していく必要があります。

もっとも、我が家の場合、常にWindows OSは最新版に乗り換えながら使ってきているので、この点については全く慌てていません。既にWindows XPが動いているのは仮想マシンの中のみになり、いつでも対応可能な状態になっています。

しかし、実はまだ看過できない問題は残っています。というのも、今回サポート終了となるのはWindows XPだけではないからです。

続きを読む 月額利用のOffice+α

一般公開

先日から作成を進めてきた妻の雑貨屋のWebサイト。枠組みはだいたい出来上がってきたということで、一般に向けてアドレスを公開しています。まだ作成中のページもたくさんありますが、順次充実させていきたいところです。
そのためには妻にも原稿をお願いしなくてはならないんですが、彼女は店の切り盛りと主婦業の両立で慢性的にお疲れ気味。なかなか強く催促できません。健康が一番大事ではあるわけですが、商売を考えればWebサイトの整備は瞬発力が肝心だと思いますし、私が代筆したのではあの雰囲気はとても出せませんし…どうしたものか。
SSK Worldからリンクを張ることについては迷っていましたが、より多くの経路からアクセスできることはメリットになるはず…ということで、結局「Links」に追加することにしました。よろしかったら是非サイトをご訪問いただき、実際にお店の方にもご訪問いただき、出来ることなら何かお買い上げいただければ幸いです。
Webサイトは、基本的に「今どきの」Webブラウザーでは表示できるように作っているはずですが、もし重大な不具合などを見つけた方がありましたら、ご連絡いただけると嬉しいです。特にMacユーザーの皆さん、Safariでの表示状況はいかがでしょうか。Windows上からの閲覧環境はほぼカバーしているつもりなんですが、さすがにこれだけのためにMacを購入するわけにもいきませんし、かなり気になります。

続きを読む 一般公開

IE6はフォローしたい

引き続き、妻の雑貨屋のPC向けWebサイトを開発中です。見栄えを気にしつつ、出来るだけシンプルに、軽快に動くWebサイトを目指しています。スマートフォン版との共存、自動での振り分けや手動での切り替えにも対応したいところです。これまでSSK Worldのデザインで培った知識をフル回転しています。
先日もちょっと触れた話ですが、PC向けのWebサイトをデザインするときには、ブラウザーのバージョンごとの振る舞いの違いを意識しなくてはなりません。特に厄介なのが、Internet Explorer(IE)の各バージョンによるHTMLやCSSの解釈の差。FirefoxやOpera、Google Chrome、あるいはSafariといった今どきのブラウザ(「モダンブラウザ」なんてひとくくりにされることもあります)は、かなり以前のバージョンから最新版のHTMLやCSSへの対応を進めていて、表示品質についてはブラウザーの差を意識する必要はほとんどありません。
しかし、IEだけはバージョンアップするごとに大幅に仕様を変えてきました。Windowsの開発に合わせてバージョンが上がっていく関係上、どうしても更新の周期が長くなってしまい、ステップアップの幅が大きくなってしまうのはやむを得なかったのかも知れません。しかし、現在でもまだ生き残っているIE6から最新版のIE10まで、それぞれに癖のある5種類のバージョンのことを考えるのは、正直なところ気が滅入ります。

続きを読む IE6はフォローしたい

1台で4台分を

妻の雑貨屋のために、店のWebサイトを作っているところです。「スマホファースト」なんてカッコをつけてはみたものの、やってみると実は結構重要な問題を抱えていることが判明しました。というのも、スマホ用サイトを作ればパソコンでも見られるはず…と思っていたんですが、そうは問屋が卸さなかったんです。
スマートフォン向けのWebサイトを構築するときには、jQuery Mobileというフレームワークを使って見栄えを整えているわけですが、実際にページを記述する言語自体も、HTML5をベースにCSS3が適用できるという、最新の環境を前提に記述しています。もちろん、これは現在のスマートフォンのほとんどがこれらに十分対応できるからこその選択。しかし、パソコンの場合、Web閲覧環境は千差万別です。さまざまな状況を想定しなくてはなりません。
特に事態をややこしくしているのが、Windows XPが、21世紀初頭から現在に至るまで10年以上も、現役OSとして君臨し続けてしまったこと。その後WindowsはVista、7、8と進んできたわけですが、7はそこそこ普及しつつあるものの、その機能、性能だけではXPから積極的に乗り換えなくてはならないほどの動機付けにはなっていません。さすがにこれでは困ってしまうMicrosoft社は、期限を延ばし続けてきたWindows XPのサポートを、ついに2014年4月9日で打ち切りますが、それでもどれだけの効果があるのかは不透明です。
Windows XPに標準で付属するWebブラウザはInternet Explorer(IE) 6。特に、パソコンを積極的に活用しているわけではない一般ユーザーの多くが、未だにIE6を使っている状況が考えられます。また、私の職場では業務システムの動作環境が未だにXP+IE6。さすがに今年度は移行が進められていくようですが、同じような状況で簡単には乗り換えられない企業が多いのではないかと思います。個人の趣味で動かしているSSK Worldの場合は、古い環境をバッサリと切り捨ててしまえばよいのですが、より多くのお客様を呼ばなくてはならない商用サイトではそれは許されません。IE6もターゲットに含めておく必要があります。
さて、振り返ってみて、私が作った店のスマートフォン用Webサイトなんですが、IE6どころか、Windows 7に標準で組み込まれているIE8でも、スタイルシートが適用されずに超プレーンな表示をされてしまうことが判明。これでは、販促用としては全く役に立ちません。実は、IE以外のブラウザはCSS3への対応がかなり進んでいるのに、IEはIE9でもまだ対応が不十分。特にIEの各バージョンへの対応のために、やっぱりパソコン用サイトはスマートフォン用とは別にしっかりと作り込む必要がありますし、きちんと表示出来るかどうか確認しなくてはなりません。

続きを読む 1台で4台分を

64bit版のFlash

Webサイトにダイナミックな動きを与えるために使われているツールのひとつがFlash。SSK Worldでもかつては多用していました。現在はAdobe社が提供するシステムで、Webブラウザでは標準ではサポートされず、プラグインを組み込むことでFlashコンテンツが表示できるようになります。
以前に話題にしたことがありますが、従来Flash Playerは64bit版のWebブラウザに組み込むことが出来ず、これが64bit版アプリケーションの普及を妨げる要因のひとつになっていたことは否定できないと思います。
この度、Flash Player 11のβ版が公開されましたが、この最新版では初めて64bit版のWebブラウザに対応しました。早速、我が家のWindows 7に組み込まれている64bit版のInternet Explorerにインストールして、使ってみているところです。今のところ感触は良好。心なしか、32bit版よりも動作が速くなったような気がします。
ただ、これが64bit版アプリケーションの普及につながるか?というと、そう簡単に話は進みそうにありません。何しろ、64bitというパワフルな環境を必要とする場面自体がなかなかありませんからね。結局のところ、必要に迫られなければ進まないのでしょう。

Firefox 5

Mozilla Firefox 5が巷に登場しています。Firefox 4が公開されたのは今年3月のことでしたから、半年も経たないうちにメジャーバージョンアップが行われたことになります。そして、既にFirefox 6がテストされています。Mozillaによると、今後は6週間ごとに新バージョンが公開されるのだとか。Webの進化スピードの速さに対応するために、リリースサイクルを短縮していくのだそうです。これまでと比べると、とんでもないハイペースです。
ただ、これまで小数点以下の部分が増えていたようなセキュリティ更新も含めて、どんどんメジャーバージョンを上げていく…という見方もできますから、そう驚くことでもないのかも知れません。Google Chromeブラウザなどは、既にそんな考え方をしていたのか、気がつくとどんどんメジャーバージョンアップされています。
一つ心配なのは、メジャーバージョンアップによりそれまで使っていたプラグイン等が使えなくなってしまうかも?ということ。Mozillaとしては、基本的にプラグインの互換性を維持する方針のようですが、ブラウザの方がこまめに仕様変更されていくことを宣言しているわけですから、全く安心できません。私自身は、あまりプラグインなどは組み込まずに使っている方なのでまだ良いのでしょうけど、気になる話ではあります。

Firefox 4が来た!

SSK Worldでは、ときどき動作確認ブラウザを更新して、トップページに掲載していますが、このたびMozilla Firefoxブラウザの最新版・Firefox 4を追加しました。Internet Explorer 9のような妙な公開自粛はなく、日本語版も普通に入手できます。
Firefox 4は、IE9と同じようにインターフェースがシンプルになり、ビデオプロセッサを積極活用した描画、最新規格のHTML5への対応、JavaScriptなどでの軽快さをさらに追求した動作など、同じような方向性を持ってバージョンアップされています。実際に使ってみた感触では、おそらくIE9よりスムーズに表示が行われています。
大きな違いのひとつが対応環境。Windows 7/Vistaにのみ対応となるIE9に対し、Firefox 4はWindows XPでも動作しますし、さらにはスマートフォン等で使えるAndroid版も存在します。PC版とAndroid版で環境設定を同期できる機能も用意されているのだそうです。クラウドコンピューティングのプラットフォームとしてWebブラウザが使われることが多くなっていることを考えると、双方で共通の環境で操作できるのは非常に有利です。

続きを読む Firefox 4が来た!