「Xi」タグアーカイブ

CF-RZ4とお仕事

今週は、名古屋に出張する用事がありました。去年CF-MX3を貸していただいたときにも、ちょうど名古屋への出張があって、せっかくの機会なのでCF-MX3を連れ出してフル回転させました。やっぱり、レッツノートがいちばん輝くのは外出先で仕事に使うときなのかな…と感じました。

私も晴れてレッツノートユーザーに復帰しましたから、いつ出張があっても持っていくことができます。今回も、当然CF-RZ4を連れ出しました。今回は、会議の中で15分ほど時間をいただいてプレゼンをする予定があったので、行きの車中ではスライドショーの内容を改めて確認しました。そういえば、CF-R4のデビュー戦は、いきなり届いた翌日にプレゼン用として出張先に持ち込んだのでしたね。

続きを読む CF-RZ4とお仕事

驚くほどに驚きがない

今日は、NTTドコモが2014年夏の新機種発表会を開催しました。スマートフォン7機種、タブレット2機種、フィーチャーフォン2機種とデータ通信端末1機種がお披露目されました。早いものでは明日・15日に発売。そして、8月頃までに順次デビューするようです。

既にグローバルモデルとして発表されていたXperia Z2やGALAXY S5が、ドコモからも発売されます。AQUOS ZETA SH-04Fは、最近のシャープの看板となっている超狭額縁設計ですが、XxやSERIEとはデザインテイストを変えているのは、3キャリアに製品を出している数少ないメーカーである…というプライドでしょうか。ARROWS NX F-05Fは、ジャストシステムと共同開発した「Super ATOK ULTIAS(うるてぃあす)」による日本語入力をアピールしています。残念ながら、京セラがTORQUEでドコモ端末正式参入…とはなりませんでした。

LTEの回線に音声通話を乗せるVoLTEは、6月からスタート。一部機種へのソフトウェアアップデートにより、対応機種同士ならXiのサービスエリア内ではどこでも利用できる…ということですが、見方を変えると、まだまだ利用できるシーンは限定されそうです。料金プランについては、特に今までと変更なし。先に発表された「カケホーダイ」も、そのまま適用されるようです。

…というわけで、申し訳ありませんが先日の記事からコピペした文章を編集しながら書かせていただきました。全く驚きがないのが最大の驚き…といっても過言ではありません。ど素人のワタシにほとんど完全に読み切られるようでは話になりませんよね。何のためにこんな発表会を開いているのやら。もしかすると、マイナスイメージを植え付けずに済む…という点で、ソフトバンクの選択は賢いのかも知れません。

今は3GBで十分

もうすぐ2月が終わります。他の月よりもほんの2、3日短いだけなのに、あっという間に過ぎてしまうような気がするのは、毎年のことながら実に不思議です。年度末で気持ちの方が自然とせわしなくなってしまう影響が大きいような気がします。
ここ1年ほど、毎月月末に近づくと気になっているのが、スマートフォンのデータ通信量。一昨年12月に、NTTドコモのLTEサービス・Xi(くろっしぃ)対応のスマートフォンに乗り換えたわけですが、従来のFOMAでのデータ通信とXiとの大きな違いの一つに、料金体系があります。

続きを読む 今は3GBで十分

ZETAのお値段

今日から、全国のドコモショップでAQUOS PHONE ZETA SH-02Eの予約が始まりました。私はもちろん仕事でしたから、妻に朝イチで行ってもらうことにしていました。午前中の仕事を終わって、ARROWS X LTE F-05Dを見てみると、何とたった半日で電池切れ。ちゃんと満充電してから家を出たのに…。仕方ないので、モバイルバッテリーでちょっと充電してからチェックしてみたところ、妻から1本のメールが入っていました。

ドコモショップでは、こんなやり取りが行われたようです。

妻「AQUOS PHONE ZETA SH-02Eの予約をしたいんですが」
店員「SH-02Eは、まだ予約受付していませんが」
妻「主人から『今日から』って聞いたんですが」
店員「他のAQUOS PHONEじゃありませんか?」
妻「…(困惑;そんなはずはないんだけど)」
店員「受付開始日がわかったらご連絡します」

妻は、一応レッドとホワイトが1台ずつ欲しいことを伝えて店を出て、直後に私にメールをくれたようです。予約受付していない?そんなはずはありません。改めてNTTドコモのWebサイトを見に行くと、やっぱり公式に今日からの受け付け開始がアナウンスされています。もし実際には受付が始まっていないのなら、製品に何らかのトラブルがあって延期されたとも考えられるんですが…。妻にそのことを伝えようにも、昼食中なのか電話がつながりません。

どうも腑に落ちない私は、F-05DからMy docomoサイトにログインして、こちらも今日の12時から始まることになっていた、マイショップからのWeb予約が動いているか確認してみました。見てみると、予約は可能な状態。とりあえず、1台だけでもここで予約してしまおう…と、フォームに情報を入力していたところ、妻からもう1本メールが飛び込んできました。

店を出て数十分後に、ドコモショップから「申し訳ありません。予約開始は今日からでした」と電話が入ったのだとか。その場で、レッドとホワイト各1台を予約。おそらく発売開始日の29日に手に入るのではないか、とのことでした。それでも、念のためにビックカメラへの予約はキャンセルせずにおこうかと思います。早く手に入る方から入手しましょう。

続きを読む ZETAのお値段

iPhone 5よりも気になること

金曜日・21日から、巷ではiPhone 5の販売が始まったのだそうです。去年の今頃にも、「5」が出るぞ、出るぞ…と噂に上り続けていましたが、結局登場したのはよく見ないと違いがわからないようなiPhone 4Sでした。もっとも、内部的にはその前のiPhone 4からかなりの性能向上があったと聞いてはいますけどね。
今月12日に発表されたiPhone 5は、4や4Sと比べるとちょっとだけ縦に画面が長くなり、筐体はこれに合わせてちょっと長くなったものの幅は全く変わらず、その上でより薄く、軽くなりました。しかも、内部処理の速度は4Sから倍増しているのだとか。デザインのテイストはどちらかと言えばキープ・コンセプトといった趣ですが、順当に進化はしているのかな?という印象です。
iPhone 5に使われている新OS・iOS 6は、これに先立って従来のiPhoneやiPad、iPod touchなどでも導入できるようになりました。数多くの改善点があるのでしょうけど、巷での最大の話題になっているのは、刷新されたマップ(地図)アプリの、劇的なまでの地図としての品質の低さのようです。ソフトバンクから発売されている端末なのに、福岡のヤフードームがまともに表示されないのはさすがにいただけません。ライバル社の技術基盤であるGoogle Mapと決別しようとしたのでしょうけど、まだ中身が全然整っていない…というところにアップル社の苦悩を感じます。

続きを読む iPhone 5よりも気になること

ひろがるXi

NTTドコモのWebサイトで、毎月サービスエリアをチェックしています。もちろん、気になっているのはXi(くろっしぃ)のエリア展開の状況。私が使っているARROWS X LTE F-05Dも対応している、次世代の高速通信ですね。現在は、5月末時点のサービスエリアと、8月末、11月末の展開予定を確認することができます。
地図を見ると、これから半年の間に、東海エリアでかなり積極的にサービスエリアが拡大される予定のようです。現在の我が家周辺では、既に昨年末時点でXiが使える状態だったんですが、年末には新居が建つ場所の周辺でも、8月末までにはサービスが始まりそうです。田舎だから当分は無理だろうな…と思っていましたが、びっくりするくらいの早さ。これならXiも宝の持ち腐れにはなりませんし、それどころか建築現場からリアルタイムに近いレポートが皆さんに届けられるかも知れません…実際にそこまでするかどうかは未定ですけどね。
NTTドコモでは、この夏の新商品でXi対応機種を大幅に増やしてきています。Xi用のパケット定額プランにも、より安価なものが用意されることになりました。スマートフォンの増加で指数的に増えているというデータ通信を、積極的にXiに誘導しようとしているのが伝わってきますね。一方で、auやソフトバンクのようにWi-Fiを活用するのには、あまり熱心でないようにも見受けられます。ウマくやれば、ドコモの作戦の方がより根本的な対策ではあるわけですが…さて、どうなることやら。

正式対応にはなったけど

NTTコミュニケーションズが提供する、スマートフォンアプリから利用できるIP電話サービス「050 Plus」が、私の使っているスマートフォン・ARROWS X LTE F-05Dに正式に対応しました。といっても、F-05Dでの動作確認が完了しただけ、ということのようで、特にアプリのバージョンアップなどは行われていません。
先日もちょっとお話ししたとおり、050 plusでの通話については品質面で大いに不満がありますが、それでもXi対応エリア内に限定すれば何とか使えるレベルなのかな?とは思っています。3分間話しても通話料はたったの8.4円という安さは魅力的です。あとはアプリのチューンナップ、基盤整備の強化など、通話品質の向上に向けてさらに頑張っていただきたいところです。快適に話せてこその電話ですからね。

速さをお伝えしたいのだが

私が現在使っているスマートフォン・F-05Dの最大の特徴のひとつが、Xi(くろっしぃ)に対応していること。これはNTTドコモの次世代高速通信サービスで、受信時最大37.5Mbps、送信時最大12.5Mbps(一部の屋内施設では受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbps)と、FOMAハイスピードと比べても別次元の速度を提供します。
私の自宅周辺は既にXiのサービスエリアに入っていて、自宅に居るときにはほぼXiで通信している状態です。まだまだXiのサービスエリアは狭いこともあり、外出するとFOMAハイスピードでの通信が多いんですが、比べると違いは歴然としています。データが送られてくる速度自体も速いのですが、それよりもボタンやタッチパネルの操作に対する反応が早いんですよね。Xiの特徴の中では、「低遅延」が一番効いているような気がします。
この別次元の快感を皆さんにもお伝えしたいところなんですが、良い方法が見つからなくて頭を捻っているところです。違いを伝えるためには、やはり定量的に速度を測って数字を並べるのが一番客観的なんですが、これがどうもうまく行きません。IT系の情報サイトなどを見ると、SpeedTest.netのアプリがよく使われているようなんですが、これを使って計測してみても、どうもはっきりした違いが見えません。
F-05Dの通知画面にはXi(LTE)とFOMA(3G)のどちらが有効か表示されるんですが、FOMAの方がXiより高速な結果になることが多々あります。XiもFOMAも下りの方が高速な非対称のサービスのはずなのに上りの方が高速な結果になってみたり、屋外ではFOMAで上りに384kbps以上の速度が出るはずがないのに数Mbpsの数値が返ってきたりして、数字にどうも信頼が置けません。
そもそも、端末の側でXiとFOMAは常に自動切り替えで、どちらかだけを使う設定ができないので、本当に選びたい方が使われているかどうかも今ひとつ定かではありません。比較するためには、同じ場所で、同じ時間に…と条件を揃えるのがフェアだと思うんですが、それは仕様として不可能です。
残念ながら、現状では私が「サクサクなんだよ~」と感想を書くくらいしか表現の方法がありません。いや、本当にスゴいんですって。

スマホな男デビュー

毎年1月2日は、高校時代の友人たちと集まって一杯やるのが恒例になっています。今年も、夜の浜松の街に繰り出しました。それぞれの仕事のこと、家族のこと、今回は集まれなかった友人たちの近況など、今年もいろいろな話に花が咲きました。
去年は携帯電話をポケットから取りだしたら「スマホ使ってないの?」と驚かれてしまった私でしたが、今年は晴れてスマホデビューです。やっぱり、私は最新のアイテムを持ち歩いている方が彼らのイメージに合うようでした(笑)。もちろん、ARROWS X LTE F-05Dは娘の写真を披露したり、帰りの最終電車の時刻を調べたり…と、大活躍してくれました。
懸念材料だったバッテリーについては、ほぼ満充電にした上で、キャンペーンプレゼントのポケットチャージャーもコートのポケットに忍ばせて出掛けました。常に取り出していじっていたわけではなかったからか、消耗はそれほどでもなく、4時間ほどの外出後でもバッテリーは6割ほど残っていました。もう少し持ち歩いてみないとまだ結論は出せませんが、運用方法次第では何とかまる一日動かせそうな気がしています。ただし、それなりの工夫は必要そうですけどね。
ちなみに、私の自宅周辺ではすでにXiの電波を拾える状態なんですが、JR浜松駅近辺ではまだサービスインしていないのか、「LTE」表示が出ることは一度もありませんでした。順次サービスは始まっていくはずですが、当面はXiらしさを味わえるのは自宅近辺のみとなりそうです。Xiは、FOMAのデータ通信と比べると体感で明らかにわかるくらい高速です。早期のエリア展開を期待したいですね。

スマホな男になりました

前夜までさんざん悩み、結局実物を見なくては始まらない!と開き直った私。ドコモショップの開店時間を待って、足を運んでみました。さすがに発売から10日以上が経ち、ドコモショップの店頭にもARROWS X LTE F-05Dの実働デモ機が展示されていました。20分ほどの待ち時間があったので、ここで、前日に弟・ささっちから仕込まれた「サクサク化」を実行してみました。

まずは一度電源を切って再起動。その後で、メニュー画面を標準で設定されているdocomo Palette UIからAndroid標準のランチャーに切り替えてみました。F-05Dには、この2種類に富士通独自のNX! comfort UIも加えた3種類のUIがインストールされていて、これらの中から環境を選ぶことができます。

3種類を触り比べてみての私の結論は、「docomo Palette UIは重い」。そして、他の2つは十二分に「サクサク」と呼んで良いレベルで指の動きに追従します。これならストレスも感じなさそうです。私の迷いは十分解消できました。もっとも、他の端末と比較するとスムーズさに欠けることは間違いないのでしょうから、何らかの改善は期待したいところです。

続きを読む スマホな男になりました