Mobile Access

これまでに2度旅行先からのホームページの更新を行いましたが、これに限らず、泊まりがけで出かけるときには、いつでも愛機Let’s note S21を持ち歩いています。持ち歩いた先ですることもいろいろあるんですが、やっぱり一番の目的は出先で電子メールのチェックをすること、そしてその返事を送信すること。最近は、このWeekly SSKを更新することもその目的としての地位を確立しつつあります。

ということになると、どうしても出先からインターネットにアクセスする必要が出てくるわけですが、これにもいくつかの方法があります。


主役は「グレ電」

最近はいろんなところで普通に見かけるようになった灰色の公衆電話、通称「グレ電」。この電話機には電話線を繋ぐモジュラージャックが付いていますから、パソコンのモデムと接続すれば、いつも使ってる設定と同じようにインターネットが出来ます。しかも、モジュラーの隣には一回り大きなISDN用のジャックもありますから、それなりの機器を揃えれば64kbpsという高速でインターネットに繋げます。ネットサーフィンだって楽々。…でも、電話機に行列が出来ているときは遠慮しましょうね。

旅行先からインターネットに繋ぐために一番無難なのがこの方法ではないでしょうか。私は、出先でインターネットに繋ぐとき、最初にこれを探します。最近は旅館やホテルなんかでもこのグレ電が据え付けてあるところが増えているので便利ですね。

期待の新星、ICカード公衆電話

最近数の増えてきた新顔がこれ。これまでの公衆電話よりちょっとコンパクトで、オレンジや緑の色を使ったポップな(というよりもちょっと恥ずかしい)デザインの電話です。まだ設置数は少なく、私はJRの駅でしか見たことがありません。この電話は、専用のICカード版テレホンカードしか使えないと言うわがままな電話なんですが、こいつには「赤外線通信」という必殺技があるんです。

最近のノートパソコンには、必ずと言っていいくらい「赤外線ポート」というものが装備されています。これは、テレビのリモコンなどと同じように赤外線を使ってデータを送れるようになっているもので、実は115.2kbps以上の転送能力を持つ結構高性能なインターフェースなんです。ノートパソコンの他にこれを装備している機器が少ないので、普段は「ただ付いているだけ」という状態なんですが、ICカード公衆電話では、この赤外線ポートを仮想シリアルポートとして利用し、ISDNと同じ64kbpsのインターネット接続を実現します。

実はこのICカード公衆電話の赤外線通信、つい最近初めて使ってみたんですが、これは非常に便利です。電話機の前にパソコンを置いて、テレホンカードを置けば(なぜ「置けば」なのかは実際にこの電話機を見ればわかります)もう準備OK。あとは普通にダイアルするだけです。通信速度もISDN64kbps相当ですから快適そのもの。なにしろ電話線を繋がなくていいのは楽ですよ。しかも、本体内蔵のハードウェアだけで通信できるし。

とは言え、この赤外線通信機能を使うには専用のドライバが必要です。ドライバ(Windows 95/98用)は、NTTのホームページからダウンロードすることが出来ます。旅先にノートパソコンを持ち歩いている皆さん、試してみる価値はありますよ。

ちなみにこのICカード公衆電話、もっと小さな携帯端末でも使えるみたいです。詳しくはNTT東日本NTT西日本での公衆電話の紹介をご覧ください。

電話回線を拝借する手も

一見簡単なようで、実は意外に面倒なのがこの方法。というのも、家庭等に繋がっている電話を外してそこにモデムからの電話線を割り込ませるんですが、元々人様の家できっちりと収まっている電話を動かして、電話線を引っ張り出す必要があることがほとんどなので、たいてい住人に嫌がられます。しかも、インターネットに繋ぐとはいえ、結局は電話を使わせてもらっているわけで、電話代泥棒呼ばわりまでされます…これはまさにその通りで、反論する余地はありませんね。電話代はちゃんと払いましょう。

実は、それぞれの回線用に設定をするのもややこしかったりします。回線がパルス回線かトーン回線か…というのが意外に盲点だったりします。ホテルの電話に繋ぐ事も出来る場合がありますが、この場合は外線0発信をソフト側で設定する必要がありますし、いろいろ面倒な割にそれほど恩恵のない接続方法のような気がします。利点と言えば、部屋の中でじっくり落ち着いてインターネット接続できることくらいでしょうか。

最終手段は携帯電話

いよいよ困ったときにはこれ。何しろ、携帯電話の電波さえ届けば山奥だろうが海上だろうがインターネットに繋がります。しかも移動中でも使える…といいところは多いんですが、今のところ最大のネックは通信速度。たったの9.6kbpsというのは辛いです。まあ、メールの確認をするだけなら何とか使い物になりますが、先週Weekly SSKをアップロードしたときは正直言って「やらなきゃよかった」と思いましたね。

通信速度については、将来的には大幅に改善される方向性が打ち出されていますね。とりあえず年内にはcdmaOneで64kbpsのサービスが始まるようですし(実際には年明けになりましたね)、次世代の携帯電話ではMbps級の通信速度が実現されるとか。こうなってくると「携帯電話が一番速い」と言うことになってくるかも知れません。まあ、どちらにしても新しい機械を購入しなくてはいけませんからね。すぐには恩恵は受けられないでしょう。

【号外】 私の値段は?

最近、「あなたの値段鑑定します」というサイトが流行ってるようです。この前、週刊誌の見出しになっているのも見かけました。うちの職場でもこのページの他一連の「あなたの価値、鑑定します」サイトで自分を鑑定してもらうのが流行ってるようで、昼休みになると所内にたった一台のインターネット接続できるパソコンの前に黒山の人だかりが出来ていたりしました。

まあ、私の場合そんな黒山の中に入らなくても自分のパソコンでインターネット接続できるわけで、ちょっとそのサイトの様子を見てみることにしました。本来、私自身の価値を他人に断定的に語られてしまうというのははっきり言って気にくわないところもあるんですが、私が他人にどう見られているのか?と言う意味で、一つの基準にはなるのではないかと思います。自己紹介代わりにでも、ちょっと結果を載せてみましょう。…さあ、私の値段は?

※出力結果は当方で「SSK World風に」整形していますが、文章内容などは改竄しておりません。


S.S.K.さんの値段鑑定結果
S.S.K.さんの価値は4709万5080円です(階級は「普通の大学生級」です)

なお、この階級は42階級のうち22位です

内訳
値段 割合
心 1668万5219円 35.4%
才能 1459万8899円 30.9%
境遇 0円 0
人徳 674万7370円 14.3%
運 906万3590円 19.4%
合計 4709万5080円

論評
あなたがもっている最も高い財産は「心」です。多くの人に愛を与え、思いやりにあふれるあなたの行動はきっと多くの人の心までなごませることでしょう。しかし、そんなことではこの薄汚れた世の中を渡るには少々心細いようです。人に愛を与えながらも、もっと自分の足元を固めていくようなしたたかさが必要でしょう

各値段の評価
<心のAライセンス>あなたはかなり美しい心の持ち主で、その心を好きになってくれる人もいることでしょう。でも過信は禁物。その過信があなたの心を醜くします

<才能のBライセンス>平凡な才能です。しかし努力を重ねることで凡才を大きく超える能力を身につけることも可能です。努力あるのみです

<境遇のDライセンス>全く恵まれていません。自分の力で人生は切り開くしかありません。しかしながら、それが人生の醍醐味とあきらめれば、この逆境は恵まれているのかもしれません

<人徳のCライセンス>かなり人徳がないようで、こうなると学生時代から一人になるケースも多く、ますます他人との距離を置くようになるでしょう。人徳を増やすには、もっと自分を見つめ直すことです

<運のCライセンス>かなり運がないようで、思わぬ悲劇もあるかもしれません。しかしそれも才能や境遇でカバーできれば人生も悔いなく乗り切れるでしょう

商品化
なお、あなたを商品化すると、以下のようなものが買えます
世界一周旅行を4周
S.S.K.さんの結婚式が7回
布団乾燥機が1台
腹筋運動補助具が2セット
高枝切りバサミが1本
チロルチョコが4個

また、一日三食、ずっと肉まん(88円)を食べるとすると
178390日間(488年と270日)生きていられそうです

また、普通の生活をすれば
23547 日間(64年と187日)生きていられそうです


…ということだそうです。う~ん、これってどうやって評価すればいいんでしょうか?。まあ、こういうものは余り真剣に捉えてしまうと疲れますからね。「気に入ったところだけ鵜呑みにする。気に入らないところは笑い飛ばす」ことにしています。興味のある方は実際にやってみるのがいいんじゃないでしょうか。

Weekend SSK in 京都

本題の前に少し。今週はSSK Worldの構成を少し変更しました。実は、「最初の画面でいきなり『…をインストールしてください』とか言われて、どうしようか迷っちゃったよ」という意見をもらったんですよ。よく考えたら、「ブラウザはIEかNavigatorに」とか「Flashをインストールしないとまともに見られないよ」とか書いてあるのは、Flashをフル活用したフレーム分割付きの画面の中。…これって何だか本末転倒ですよね(笑)。そう思ったので、早速修正、「最初にお読み下さい」はいちばん最初のあまり小細工のないページに置くようにしました。

しかし、何度も見に来てくれている人たちにとっては、最初にロードしなくてはならないページが一つ増えただけで煩わしくなりましたね。この辺りを改善するべく、JavaScriptを使って自動的にページを進める仕掛けを考えています…またブラウザ依存の機能が増えますねぇ…。


では本題に入りましょう。…と言っても最初のタイトルでわかっちゃいますよね。今回のWeekly SSKは、京都からお届けしております。今回、学生時代の友人が結婚したのでお祝いにやってきました。最近、身の回りに結婚の話が多くなりました。今回も突然「結婚します」というお手紙をもらってびっくりしたんですが、どうも私の友人には電撃入籍をするヤツが多いようです。それも「結婚式は6月にハワイで挙げます」とかはがきを送ってきたりして…。う~ん、びっくりすると共に自分自身の年齢を感じますねえ。

京都の夜

京都入りしたのは土曜日の夕方。すっかり立派になってしまった駅舎(そう呼ぶのすら何とも似合わないんですが)を通り抜け、地下鉄を乗り継いで、東山方面に向かいました。京都市地下鉄の東西線(二条?醍醐)には完成してから初めて乗りました。まだ新しいので綺麗な駅でしたね。ホームと車両の間にガラス張りの壁があるのが目に付きました。これなら酔っぱらいが線路の上に落ちることもまずありません。

土曜日の夜に開催された、結婚披露宴の二次会に参加しました。今回、新郎・新婦とも学生時代同じ学科の同級生と言うことで、私としては卒業以来初めて会う面々ばかりで楽しみにしていました。思っていたよりも多くの人が出席していて嬉しかったですね。二次会の方は新郎・新婦の小さい頃からの写真をスライドで紹介しながら、その間に友人代表の人たちからの言葉が贈られるスタイルで進行しました。なかなか楽しかったですね。そのあと新婦の妹さんのバンドが生演奏を行ったりして、盛況の内に終わりました。

そのあと宴は三次会、四次会と続いていったわけですが…四次会のカラオケの始まる頃にはすっかりふらふらになってしまいました。それでもみんな元気よく歌っていましたね。昔からこう言うときには思いっきり羽目を外して楽しむ仲間達でしたが、そのパワーは今でも全然変わっていないようです。もしかして変わったのは私自身の体力だけだったりするんでしょうか?。結局お開きになったのは朝の5時でした。

日本橋ショッピングツアー

夜の明けた日曜日は、大阪・日本橋(「にっぽんばし」と読みましょう)に向かい、パソコン関連の商品を物色しました。

今回の目的は二つ。まず、今回は最初から「デジカメを見たいな」と思ってたんですが、土曜日に学科の仲間達から結婚祝いにデジカメを贈るということを聞き、私もさらに購入意欲をかき立てられて大阪に向かいました。また、愛機Let’s note S21に内蔵するための大容量のハードディスクも見てくる予定でした。こいつには2.5インチ・厚さ9.5mm以下のドライブしか内蔵できないんですが、現在IBMから12GB・9.5mmのものが、東芝からは8GB・8.45mmのものが発売されています。

デジカメの方は結局予算等も考慮した結果購入して来なかったんですが、ハードディスクの方は東芝製のものを31,800円で購入してきました。いくつか歩き回った店の中で、最後の方で入った裏通りの店で最後の一つを発見、即購入しました。実は他店にIBMの12GBドライブが5万円で売られていたんですが、いろいろ考えると東芝ドライブの方がいいな、と思ったのでその場は自制しました。

このドライブ「MK8113MAT」は、その薄さ、容量、データ転送性能の高さだけでなく、静粛性でも評価の高いドライブです。実はLet’s note側がBIOSで8GB以上のハードディスクを認識してくれないので、12GBのドライブを装着するにはちょっとした仕掛けが必要なんですが、このドライブは8GB以内なので小細工も不要。早速家に持ち帰ってからWin98SEとWin2000Beta3のデュアルブートでセットアップしようと思っています。う~ん、楽しみ。

外には、Logicool社製のホイール付きのUSBマウス(2,980円で売ってたのでついつい衝動買い)と Stevie Wonder のアルバム(某社のコーヒーのコマーシャルで有名なあの曲が入ってるやつです)を購入してきました。どちらも家に帰ってからじっくり見て・聴いてみましょう。


今回も、帰り道の新幹線からのアップロードを試みています。このコーナー以外の更新データも送るのでかなり大容量になりますが、多分大丈夫でしょう。意外に携帯電話でのアクセスも安定しています。転送速度が遅いのが難点ですが…。

東海村核施設事故

9月30日に茨城県・東海村の核燃料加工施設で放射能漏れ事故がありましたが、この日はちょうど中日ドラゴンズのリーグ優勝が決まった日で、私としては時折入るニュース速報を見ながらも実に脳天気な状態だったわけです。その後、新聞やテレビで報道されるのにつれて、事の重大さを思い知ることになったわけなんですが…いろんな報道を聞いて思ったことをいくつか書いてみます。

やっぱり出たか、農産物取扱い自粛

…言いたいことはこの表題の通りなんですが、早速茨城県産の農畜産物の販売を自粛する店が増えているようです。「放射能の残留した食べ物を食べるのは嫌だ」というのは私だってそう思いますから、売れないものは売りたくないと言う小売店側の気持ちは良く分かりますが、その対応にもいろいろあるようですね。

「当店では半径10km以内で生産された商品は取り扱っていません」。これは比較的おとなしい対応ですね。本当はこの10kmと言う距離が適切なのかどうかと言う問題が別にあるわけですが。「事故前に収穫したものです」と張り紙をしている店もあるようです。買う側はとりあえず「茨城県産」と言うだけで敬遠したくなる感情があるわけで、こうした表示は不安を少しは和らげてくれます。

ちょっと困った対応は「茨城県産」の表示を「関東産」に変えたというもの。これは情報を意図的に隠しているわけで、後で問題にならなければいいんですが。

で、買う側にとってはともかく生産者側にとって一番困るのが「茨城県産完全自粛」。野菜の、特に地上に出ているものを自粛するのはわからないこともないんですが、思わず笑ってしまったのは「納豆も自粛」。今店頭に並んでる納豆が放射能を浴びているはずがないでしょう。納豆屋さんからすれば実に迷惑な話です。

「農産物安全宣言」の怪

こうした動きを見て、茨城県は早速「農産物安全宣言」をしました。今回の茨城県産バッシングを見て、所沢のダイオキシン問題を思い出したわけですが、ああならないように一刻も早く行政が安全をアピールする必要があったわけですね。しかし、ちょっと考えてみるとこれって変じゃないですか?

住民の避難勧告が解除されたのは昨日の夕方のことです。一方、農産物の安全宣言は一昨日の晩でした。しかも、住民の避難勧告が解除された後も建物などの残留放射能を全てチェックするそうで、学校なんかも「遊具には触らないように」とか「衣服には土を付けないように」とか指導しているようです。そんな場所で作っている野菜に簡単に「安全宣言」なんか出していいのか?…どうも、とりあえず「安全だ」と言ってみただけ、と言う気がしてなりません。別に茨城県の農家の皆さんを苦しめたいとは全く思っていないんですが。

社長、土下座

避難所に事故を起こした会社の社長が訪れて、避難している住民の前で土下座している写真を新聞で見ました。いろいろな意見もあるかと思いますが、社長も大変です。土下座したところで時間が元に戻るわけではありません。きっと住民からは「謝ったってどうにもならないだろう」と罵声を浴びせられたことでしょう。それでも、土下座してでも謝るしかできることはありません。「どうにもならない」ということは今更言われなくたってわかっているのに。

【号外】 祝!中日ドラゴンズ優勝

中日ドラゴンズ、11年ぶり5回目のセントラルリーグ優勝です。ばんざーい!ばんざーい!!バンザ~~~~~イ!!!……はぁ……う~ん、この喜びを表現する言葉が見つかりません(笑)。今日は巨人が先に負けて、中日は試合中に優勝が決まってしまってちょっと興ざめなところもありましたが、ヤクルトに先行されていた中日もちゃんと逆転して、自慢のリリーフ陣が活躍して(最後はちょっとヒヤッとしましたが)、無事「勝って胴上げ」となりました。実は裏番組ではとんでもない事故の報道が続いていたりして、それどころではなかったりするんですが…まあ、「脳天気だ」と言われても今晩だけは喜ばせてもらうとしましょう。何とでも言って下さい。
今年のドラゴンズは強かったですね。結局首位を譲ったのは一日だけ。そのはずなのに、結構ストレスを溜めながら見ていた試合が多かったような気がします。これはきっと接戦を綱渡りの継投で逃げ切る試合が多かったからだと思いますが、劇的なサヨナラ勝ちも多かったですね。裏を返せばそれまでは負けていたと言うことで…。まあ、開幕で11連勝、マジックが減ってきてから8連勝ですから大したものです。特に最後のプレッシャーのかかった段階から逆転、また逆転の快進撃ですからね。この連勝を支えた山崎選手が今日は試合中に負傷して日本シリーズにも出られないようで、とっても残念です。
これで先に優勝の決まった福岡ダイエーホークスと日本シリーズで対戦することが決まりました。ドラゴンズは過去一度だけ日本一になっている(昭和29年だそうです)んですが、そのときの相手は福岡が本拠の西鉄ライオンズだったんですね。となると、これは球団史上2度目の日本一か?とか早くも盛り上がってる人もいるようですが、そこまでプレッシャーをかけるのは止めておきましょう。素晴らしい日本シリーズを期待します。是非ナゴヤドームに観戦に行きたいものです。

愛車とネコ

本題に入る前に少し。プロ野球パ・リーグで福岡ダイエーホークスのリーグ優勝が決まりましたね。昨日の試合も緊迫した展開でしたが、見事にダイエーらしい試合運びで勝ちました。王監督も選手達も嬉しそうでしたね。今週中、遅くとも来週の定期更新くらいには「祝!ドラゴンズ優勝」とここに書きたいものなんですが…果たしてどうなる事やら。


さて、今日の本題に入りましょう。土曜日の朝、車を洗ってワックスをかけました。最近ボディにツヤがなくなっているのが気になっていたんですが、雨の日続きでなかなか機会がなくて…。車はまるで新車のように綺麗になりました。ちょっといい気分。ワックスがけも結構大変な作業ですが、この綺麗に仕上がったときの爽快感が最高ですね。ちなみに、車は平成7年式の日産パルサーセリエ、カラーは黒。小気味よい走り、使いやすい内装、何よりそのスタイル。どれもとても気に入っています。

ところで、この車、普段は我が家のすぐ前の炎天下の駐車場に停めてあるわけなんですが、ここによくネコがやってきます。で、車の上で昼寝したり、タイヤで爪を研いだり、好き放題やってくれます。ボディに顔を近づけてよく見ると、そこら中に細かいひっかき傷があります。

見つけたときには追い立てたり、ホースで水をぶっかけてやったり、この前なんか蹴飛ばしてやったり(←ネコ好きの皆さん、気を悪くしないで下さい。車を傷だらけにされるこっちも必死なんです)といろいろやってるんですが、さすがに私が見ていないときはどうしようもなく、昨日車を洗う前にも、屋根の上にネコの足跡(涙)が付いていました。「車の上にすっぽりとカバーを被せる」という対策も考えられますが、「カバーを付けたり外したりするときにボディに傷が付きやすい」という話を聞いたので使っていません。だいたい爪を立ててよじ登るんですから、そんなカバーなんか掛けたって効果ないでしょうし。

ネコによる被害は車だけにとどまらず、玄関の柱にだって爪を研いだ跡があります。ときどきは庭先をトイレの代わりに使ってくれます。薬を撒くとしばらくは寄ってきませんが、効果が切れるとすぐに寄って来ます。全く困った限りです。誰かいい方法を教えて下さい。

で、このネコなんですが、どうやら隣の家で飼ってるらしいんです。私の家と同様、隣の家も借家でペットは飼っちゃいけないことになっているはずなんですが…。しかも、さらにネコを拾ってきたりもしているようなんです。よく「動物が好きな人に悪い人はいない」なんてことも言いますが、それでもルールは守らなきゃダメですよ。ネコが捨ててあるのを見て「かわいそうだ」と思う気持ちだって分からない訳じゃないんですけど。

…こんなわけで私はネコが大っ嫌いです。こんな事が理由で嫌われてしまうネコちゃん達も気の毒かな?と言う気もちょっとしますけどね。

Weekend SSK in 横浜

9月18、19日の2日間、横浜に出かけてきました…というわけで、今週のWeekly SSKはこのことを書いてみましょう。実は、この内容も横浜からの帰り道の電車の中で書いてるんですよ。こんなところにも愛機Let’s note S21くんを連れて歩いてるんです。バッテリーで3時間以上動くスタミナはこんな所でも大活躍です。

横浜スタジアム:実は、初めてなんです(笑)

静岡県浜松市在住の私は、自他共に認める中日ドラゴンズファンなんですが、そのドラゴンズはこの週末横浜に乗り込んで横浜ベイスターズとの3連戦中。18日はデーゲームと言うことで試合開始は2時。せっかく新幹線に2時間も乗って横浜に行くのに、大事な試合を見ないでどうするんだ!…と思い、一路横浜スタジアムに向かいました。

ところで、タイトルの「初めて」が何かというと、実は「相手チームの本拠地で野球を見るのが初めて」。3塁側内野席(意外にあっさり購入できました)でドラゴンズを応援してたわけなんですが、やはり右翼スタンドのベイスターズの応援はものすごい。まさに声だけで地響きが起こります。今年はリーグ優勝間近のドラゴンズ、左翼スタンドの応援団も結構元気でしたが、やっぱり人数が違う。

試合の方は両チーム競り合う接戦になり、8回裏終了、6?5でドラゴンズ1点リードの緊迫した場面で、次の予定もあったので後ろ髪を引かれる思いでスタジアムを後にしました。試合はその後さらにもつれて延長戦に。結局延長12回、5時間以上の死闘をドラゴンズが制したそうです。勝って良かった…でも最後まで見たかったですね。ちょっと残念。まあ、ドラゴンズの選手の豪快なホームランも見られたし、良かったとしましょう。

横浜市内で飲み会:2度目の壮行会

実はこれが今回の主目的で、大学時代の体育会の友人がアメリカに旅立つと言うことで壮行会に出かけました…前に京都でやったときも行ったんだよな…。何でもベンチャーで立ち上がったばかりの会社に入るんだとか。ぱっと聞いただけだと夢いっぱいの話のようにも聞こえますが、実際にはいろいろ大変なのだと思います。自分の持っている能力を十二分に発揮して活躍して欲しいものです。でもあまり頑張りすぎて身体を壊さないようにしてほしいですね。またアメリカに遊びに行ったときにはよろしくお願いします(笑)。

八景島シーパラダイス:落ちる~~~っ!

翌19日は、八景島シーパラダイスに行ってきました。前から是非行ってみたいところの一つだったので、前夜泊めてもらった友人ともう一人、計3人で出かけました。しかし、全員男性というのはさすがにちょっと淋しいですねえ…。現地に着いたらカップルと家族連ればっかりでした。

食事前に絶叫マシンを体験しておこうと言うことになって、まずはフリーフォールへ。初体験だったんですが、絶叫マシン大好きの私は意気揚々と乗り込みました。私たちの座ったゴンドラは地上100mの空中へゆっくりと上昇…。そして、まさに吊ったロープが切られるように真っ直ぐに落下。

ぎええええ~~~っ!!!

とでも絶叫しようかと思ってたんですが…実は声すら出ませんでした。気が付いたら落ちていた、と言う感じでしょうか。でも、何だか気持ちよかったですね。…どうしてかわからないけど気持ちよかった。
帰ってくる前にもう一度乗ったんですが、待っている時間は最初に乗るときよりも怖かったですね。そのときになって初めて「ああ、1回目も怖かったんだな」と思いました。今にして思うと、こういう場合「知らない」ということはものすごいパワーになります。

さて、八景島と言えば有名なのは水族館でしょう(実は私が一番行きたかったのはこれ)。というわけで、水族館の中をゆっくり見て回りました。ここの水族館は、ここにしかいないような珍しい魚がいる…ということでもない(もちろんそういうものだっているんですが)と思うんですが、見て思ったことは、「どの動物も非常に近いところで見られる」ということ。よくガイドブックなんかに紹介されている「大水槽の真ん中を登るガラス張りのエスカレータ」はもちろん、どの動物もガラス越しのすぐ側の所にいる…というよりも、ガラス越しに寄ってくるような気がしました。イルカやアシカのショーも楽しかったし、入場料は高かったけど十分元はとれた気になりました。

八景島シーパラダイス:おまけ

八景島のジェットコースター(これがまた海の上を走るというとんでもないコースターなんですが)に乗ると、乗ってる最中の写真を撮影してくれます。結構面白い写真が撮れてましたので、1枚1,000円(た、高い…)出して買って来ちゃいました。写真はこちら(「Photo Gallery」内)に掲載しています(現在は削除しています)。


土・日にこうやって遊びに出かけてしまうと、Weekly SSKの「日曜日更新」って結構きついんですね(笑)…実は今日初めて気が付いたんですが。こういう場合でも、極力日曜日更新は守っていきたいと思います。出かけているときでも、旅先から送れますしね。今回も電車の中で書き上がったので、携帯電話を使って送信してみたら上手くいきました。外にも友人の家などで電話を借りたり、あるいは公衆電話を使ったりといろいろ方法がありますが…その方法については日を改めてちょっと特集してみましょう。

【号外】 Windows 2000 Beta3 日本語版試用報告(1)

先にWindows 98 Second Editionの話を書いたばっかりなんですが、またも新しいOSのお話です。しかも今度はBeta版。実にアブない香りがします…アブないの大好き(笑)。

このWindows 2000 Beta3 日本語版、8月30日に最初の一般公募が始まり、その日のうちに予定していた2万本が全てなくなったとか。追加されたもう2万本も31日にはなくなっていたようです。Betaというのは、まだ正式の製品版ではないので不具合など出る可能性もかなりあるものなんですが、いくら「Windows NTの後継版OSが2,000円で手に入るから」とはいっても、これまで使ってるOSと別にインストールして、テストしてみる余裕のある人ってそんなにたくさんいるんでしょうか? まあ、私はそんなことをしてみたくなる人の一人だったので…。

で、そのWindows 2000 Beta3 日本語版なんですが、先週末に無事うちに届きました。土曜日に、愛機Let’s note S21のHDDを元々入ってた3.2GBのやつに交換して(すでに6.4GBに換装済でしたからね)インストールしてみました。Windows 2000では、電源管理など特にノート機で有効な新機能が多いので、それを確認したい、ということがありましたからね。実は9821用もちゃんと同梱されていて、デスクトップにも入れられるかも?と思ったんですが、うちのXa9改は対応機種には含まれないようです。残念。

インストールそのものは、あっけないくらいすんなりと進みました。DOSプロンプトで起動して、SCSI接続でCD-ROMを繋ぎ、そこからインストールプログラムを起動しました。後は画面の指示に従うだけ。結構待たされましたが、無事Windows 2000のデスクトップが起動するところまで行きました。

で、次は他のアプリケーションをインストールすれば…というところだったんですが、ここで問題発生。インストール時に使ったCD-ROMドライブをWin2000が認識しないのです。HCL(Hardware Compatibility List:ハードウェア互換性リスト)を見ると、アイ・オー・データ製のPCカードSCSIはWin2000非対応、PanasonicのPDドライブはWin2000対応。…ということは、インターフェースカードさえ何とかなれば動くはず。というわけで、HCLに載っているAdaptecのAPA-1460Aを買ってきてしまいました。結果、無事動作。ちゃんとホットプラグで認識しました。

やはり今後製品版に向けて問題になるのはドライバの整備でしょう。優秀なPlug and Playも、ドライバ・データベースが揃わなければPlug and Pray(繋げ、そして祈るのだ)になってしまいますからね。…さ、寒い…。

いろいろなソフトを入れてみましたが、今のところ一部動作が変なソフトはありましたが(それも深刻な問題ではない)全く動作しなかったソフトは一つもありません。ゲームソフトの対応がどうかと思って、まずは「Microsoft Pinball Arcade」を入れてみましたが、全く問題なく動作。次に日本クリエイトの「高校野球道EX」を試してみましたがこれも全く問題なし。ゲームの動作については他にもやってみる予定ですが、「DirectX不要」というソフトは動作しない気がします。

あと、ソフトウェアシンセなんかは仮想的なデバイスのドライバを組み込むことになるので、ドライバ構造の違うWin2000では動かないはずです。SSK Worldではお馴染みのYAMAHA S-YXG100Plusを入れようとしてみましたが、インストーラのバージョンチェックで引っかかりました。

OSそのものの動作は全く問題なし。というより、今まで使ってたWin98よりもずっと安定性が高い。システム全体が止まって再起動せざるを得なくなる事態は一度も起きていません。さすがはNTカーネル。しかも動作も速くなったのが体感できました。大量のメモリ(ちなみに私のS21は160MB搭載)を搭載していると、Windows 9Xよりも高速らしいですよ。

というわけで、Office2000もしっかりインストールして、仕事に持っていくという暴挙に出たわけなんですが、幸い今のところ全く問題は起きていません。しばらく使ってみて、また動作状況を報告したいと思います。

Dance Dance Revolution

「Dance Dance Revolution」…ゲームにちょっと詳しい人なら知ってるあのゲームです。知らない人のために説明すると、このゲームはゲーム制作大手のコナミが作っている、音楽を題材にしたいわゆる「音ゲー」と呼ばれる作品群の一つで、スイッチが仕掛けられた床をリズムに合わせて正確に踏んでいくゲームです。…と言えば簡単なんですが、これが結構大変なゲームなんです。何しろ「踏む」と言うことは、必然的に身体全体を動かすことになるわけで、ゲームセンターで何曲か「踊った」後には結構汗をかきます。リズム感には結構自信がある方なんですが、それ以前に足腰の体力が付いてきません…。

さて、この通称「D.D.R.」なんですが、何と家庭でも楽しむことができるんですね。プレイステーション用に発売されています。独特のインターフェースも、座布団のような(笑)専用コントローラが発売され(これが非常に品薄でなかなか手に入らなかったんですが)、ゲームセンターそのままに(?)再現されています。

ゲームセンターでさんざん叩きのめされ、さらに友達の買ったプレステ版でもひどい目にあった私。このたびプレステ版の第2弾「2nd ReMix」が発売されたのを機に、コントローラ共々買ってしまいました。で、早速家でやってみたんですが…どこでやっても下手なものは下手、全然うまくいきません。しかも30分もプレイするともう汗びっしょり…あ、これってダイエットに使えるんじゃないか?。最近ちょっと太り気味で気になってるし。

というわけで、購入してから毎日必ず30分以上は踊ってます。最近室内で運動できる器具がいろいろ売られているようですが、「D.D.R.」の場合はゲームですから楽しいし、上手く踊れないと意地になるし、気が付けば30分なんてすぐに過ぎてしまいます。着ているシャツも汗が手で絞れるくらいに濡れてしまいます。実はこのゲーム、若い女性が「ダイエット用に」とよく買ってくらしいんですが、どうしてなのか身をもって知ることが出来ました。

さて、この「D.D.R.ダイエット」、効果の方はどうなるんでしょうか?…しばらく続けてみてから、また結果報告でもしてみたいと思っています。本当は、体重を減らすよりもむしろ、ゲームセンターでまともに踊れるようになりたいんですけどね。

Always hot, but cool anywhere.