【号外】 Windows 2000 Beta3 日本語版試用報告(1)

先にWindows 98 Second Editionの話を書いたばっかりなんですが、またも新しいOSのお話です。しかも今度はBeta版。実にアブない香りがします…アブないの大好き(笑)。

このWindows 2000 Beta3 日本語版、8月30日に最初の一般公募が始まり、その日のうちに予定していた2万本が全てなくなったとか。追加されたもう2万本も31日にはなくなっていたようです。Betaというのは、まだ正式の製品版ではないので不具合など出る可能性もかなりあるものなんですが、いくら「Windows NTの後継版OSが2,000円で手に入るから」とはいっても、これまで使ってるOSと別にインストールして、テストしてみる余裕のある人ってそんなにたくさんいるんでしょうか? まあ、私はそんなことをしてみたくなる人の一人だったので…。

で、そのWindows 2000 Beta3 日本語版なんですが、先週末に無事うちに届きました。土曜日に、愛機Let’s note S21のHDDを元々入ってた3.2GBのやつに交換して(すでに6.4GBに換装済でしたからね)インストールしてみました。Windows 2000では、電源管理など特にノート機で有効な新機能が多いので、それを確認したい、ということがありましたからね。実は9821用もちゃんと同梱されていて、デスクトップにも入れられるかも?と思ったんですが、うちのXa9改は対応機種には含まれないようです。残念。

インストールそのものは、あっけないくらいすんなりと進みました。DOSプロンプトで起動して、SCSI接続でCD-ROMを繋ぎ、そこからインストールプログラムを起動しました。後は画面の指示に従うだけ。結構待たされましたが、無事Windows 2000のデスクトップが起動するところまで行きました。

で、次は他のアプリケーションをインストールすれば…というところだったんですが、ここで問題発生。インストール時に使ったCD-ROMドライブをWin2000が認識しないのです。HCL(Hardware Compatibility List:ハードウェア互換性リスト)を見ると、アイ・オー・データ製のPCカードSCSIはWin2000非対応、PanasonicのPDドライブはWin2000対応。…ということは、インターフェースカードさえ何とかなれば動くはず。というわけで、HCLに載っているAdaptecのAPA-1460Aを買ってきてしまいました。結果、無事動作。ちゃんとホットプラグで認識しました。

やはり今後製品版に向けて問題になるのはドライバの整備でしょう。優秀なPlug and Playも、ドライバ・データベースが揃わなければPlug and Pray(繋げ、そして祈るのだ)になってしまいますからね。…さ、寒い…。

いろいろなソフトを入れてみましたが、今のところ一部動作が変なソフトはありましたが(それも深刻な問題ではない)全く動作しなかったソフトは一つもありません。ゲームソフトの対応がどうかと思って、まずは「Microsoft Pinball Arcade」を入れてみましたが、全く問題なく動作。次に日本クリエイトの「高校野球道EX」を試してみましたがこれも全く問題なし。ゲームの動作については他にもやってみる予定ですが、「DirectX不要」というソフトは動作しない気がします。

あと、ソフトウェアシンセなんかは仮想的なデバイスのドライバを組み込むことになるので、ドライバ構造の違うWin2000では動かないはずです。SSK Worldではお馴染みのYAMAHA S-YXG100Plusを入れようとしてみましたが、インストーラのバージョンチェックで引っかかりました。

OSそのものの動作は全く問題なし。というより、今まで使ってたWin98よりもずっと安定性が高い。システム全体が止まって再起動せざるを得なくなる事態は一度も起きていません。さすがはNTカーネル。しかも動作も速くなったのが体感できました。大量のメモリ(ちなみに私のS21は160MB搭載)を搭載していると、Windows 9Xよりも高速らしいですよ。

というわけで、Office2000もしっかりインストールして、仕事に持っていくという暴挙に出たわけなんですが、幸い今のところ全く問題は起きていません。しばらく使ってみて、また動作状況を報告したいと思います。

Dance Dance Revolution

「Dance Dance Revolution」…ゲームにちょっと詳しい人なら知ってるあのゲームです。知らない人のために説明すると、このゲームはゲーム制作大手のコナミが作っている、音楽を題材にしたいわゆる「音ゲー」と呼ばれる作品群の一つで、スイッチが仕掛けられた床をリズムに合わせて正確に踏んでいくゲームです。…と言えば簡単なんですが、これが結構大変なゲームなんです。何しろ「踏む」と言うことは、必然的に身体全体を動かすことになるわけで、ゲームセンターで何曲か「踊った」後には結構汗をかきます。リズム感には結構自信がある方なんですが、それ以前に足腰の体力が付いてきません…。

さて、この通称「D.D.R.」なんですが、何と家庭でも楽しむことができるんですね。プレイステーション用に発売されています。独特のインターフェースも、座布団のような(笑)専用コントローラが発売され(これが非常に品薄でなかなか手に入らなかったんですが)、ゲームセンターそのままに(?)再現されています。

ゲームセンターでさんざん叩きのめされ、さらに友達の買ったプレステ版でもひどい目にあった私。このたびプレステ版の第2弾「2nd ReMix」が発売されたのを機に、コントローラ共々買ってしまいました。で、早速家でやってみたんですが…どこでやっても下手なものは下手、全然うまくいきません。しかも30分もプレイするともう汗びっしょり…あ、これってダイエットに使えるんじゃないか?。最近ちょっと太り気味で気になってるし。

というわけで、購入してから毎日必ず30分以上は踊ってます。最近室内で運動できる器具がいろいろ売られているようですが、「D.D.R.」の場合はゲームですから楽しいし、上手く踊れないと意地になるし、気が付けば30分なんてすぐに過ぎてしまいます。着ているシャツも汗が手で絞れるくらいに濡れてしまいます。実はこのゲーム、若い女性が「ダイエット用に」とよく買ってくらしいんですが、どうしてなのか身をもって知ることが出来ました。

さて、この「D.D.R.ダイエット」、効果の方はどうなるんでしょうか?…しばらく続けてみてから、また結果報告でもしてみたいと思っています。本当は、体重を減らすよりもむしろ、ゲームセンターでまともに踊れるようになりたいんですけどね。

3次元CGの誘惑

実は今回のお題は「第3回」と言うことで用意してたんですよね。実際には、号外なんか書いちゃったものだから、これは第3回ではなくなっちゃったんですが…まあ、別にいいんですけど。これからも何かあった場合には「週刊」にこだわらずこうして号外が登場するかも知れません。


さて、本題に入りましょう。表紙ページに3次元CGで書いた「SSK World」のタイトルロゴがあります(注:現在はCG Worldに置いてあります)よね。しかも、QuickTimeでアニメーションまでします。実はアニメーションではFlashロゴと同様「O」の球体が自転してたりするんですが、気づいてくれましたか?

私もこのたび「Shade」という3次元CG製作ソフトを購入してすっかりやる気なんですが、なぜ3次元なのかというと「アニメーションが作りたかったから」なんです。

自分で作った作品をアニメーションさせるためには、普通は大量の静止画を用意してそれを超高速(秒間数回?数十回)で切り替えていく「超高速紙芝居」的手法をとるわけなんですが、この紙芝居を作る手法にもいろいろあります。現実にあるものをアニメーションさせたい場合は、超高速で連続写真を撮影するわけなんですが、これはビデオカメラなどで実在のものを撮影すれば簡単に出来てしまいます。

問題は、現実世界には存在しないものをアニメーションさせる場合で、「模型を作って一コマずつ写真を撮る」というのはともかく、これを実現するためには「紙芝居」の一コマ一コマの絵を描いていく必要があります。いわゆるアニメの場合、このコマを全て手描きの絵で作っていくんですが、これには膨大な労力と熟練が必要になります。

3次元CGの場合、まず制作者が作るのは3次元的な「もの」の形です。コンピュータの中という仮想の3次元空間に、粘土細工か、プラモデルか…とにかくそう言った3次元的なイメージを定義していきます。そして、これをアニメーションさせるためにはそれぞれの「もの」の配置、照明の配置、カメラアングルなどを決定し、その時間的変化を決めて実際に見える画像を計算させます。つまり、「もの」の形さえ作ってしまえば、それをアニメーションさせるのは意外に簡単だったりするんです。

ただ、この計算が膨大で結構時間がかかるのが難点と言えば難点で、例えば表紙で公開しているアニメーションロゴは、たった4秒間なんですが計算には5時間くらいかかっています。「ゲーム機なんかではリアルタイムで計算してるぞ」と言われる方もあるでしょうけど、あれはそのために特化した機械を使い、さらに計算をかなり省略・簡略化してるので速いんです。リアルさを追求すると大変なんですよ。…まあ、うちのパソコンは決して高速な部類ではないので仕方ない面もありますが。新しいパソコンが欲しいっ!

というわけで、実際に3次元CGの世界に足を踏み入れたんですが、いきなりつまずいてます。というのも、ものの形を作るのが難しいんです。3次元モデルを作るにも、2次元の絵を描く技能がかなり必要なんですよ。3次元の物体に2次元の絵を張り付ける(いわゆるテクスチャーマッピング)のはもちろん、結局はパソコンのディスプレイと言う2次元で見ながら作業をしているわけで、2次元と3次元のイメージを結びつける技能は常に必要になるんですね。将来的には人間も作ってみたいんですが、そんなレベルまでたどり着けるか非常に不安です。当面の目標は「ビルの谷間を自由に飛び回る映像」なんですが…。

ところで、なぜ「Shade」かというと、「解説本が多く出ていること」、「3次元モデル集も結構あること」、そして何より「国産であること」が理由ですね。付属のマニュアルが結構わかりやすくて役に立ちます。この辺りは変な翻訳がしてあってわかりにくい輸入ソフトとは一線を画していると思います。価格もリーズナブルだと思うので、結構お勧めです。

【号外】 「槇原敬之、覚醒剤所持で逮捕」に考える

う~ん…。びっくりしました。Music Worldで私の曲を聴いてくれた人なら何となくわかるかも知れませんが、彼が私の音楽に与えた影響は絶大なものがあります。彼の作る音楽そのものが好きなことはもちろんなんですが、彼のアレンジセンスが好きですね。コーラスまで全部自分の声で作り込んでいくあのこだわりも。受験浪人中に「どんなときも。」が大ヒットしてメジャーになったという経緯は、当時の私に夢を与えてくれましたしね。というわけでアルバムだってほとんど持ってます。カラオケに入ってる曲はたいてい歌えます。

彼は「すいません。1年前くらいから使ってました」と使用も認めているようですが、言われてみれば最近何だかやつれたように見えた気も…。そう見えたのはあの無精ひげのせいだけではなかったのか。

彼の所属するソニー・レコードでは全作品の回収を決めたそうですね。もちろん彼のしたことは日本の法律に違反する悪いことなんですが、それが理由で彼の作品が全て聴けなくなってしまう(とりあえず無期限で自粛だそうですね)のは残念です。それまで高い評価を受けていた作品が、制作者側に不祥事があったと言う理由で手のひらを返したように冷たい扱いを受けてしまうのは変な気がしませんか?

作品と制作者の間に切っても切れない関係があるのも確かなんですが、同時に作品は生み出された時点で一人歩きを始めます。良い作品は多くの人に取り上げられます。あの「どんなときも。」なんてセンバツの行進曲になっちゃいました。そうやって本人のパフォーマンス以外にいろいろなバージョンが生まれ、それがスタンダードと呼ばれるようになって行くんですよね。


ところで、今回の件に限らず著名人の方とクスリとの関係はよく取りざたされますね。特に俳優、ミュージシャン、作家といったところはよく名前が挙がります。こういう人たちが薬物に手を染めるのは、やはり普段から自分にプレッシャーをかけて仕事をしてるからだと思います…というより、こういうひとたちは自分の精神を削って作品を作り、それをお金に換えてるんですよ。

しかも彼らはプロですから、何もしたくないときでも無理して作品を作らなくては(言い換えれば精神を削らなくては)生きていけません。ストレスのたまり方は尋常でないはずです。それこそ酒とか(アル中で身を滅ぼす人も結構いますね)薬物とかにすがりたくなる気持ちも、作品を作る(レベルこそ違いますが)人間の一人としてわかる気がします。もちろんそれがいいことか悪いことかはまた別ですが。

もちろん、経済的に余裕があるので欲しいものが手に入ってしまう…という面もそれを後押ししているんですよね。特に覚醒剤は非常に高価なものですから。私なんか手を出したくたって出せません。まあ、興味もありませんが。

SECOND EDITION

本題に入る前に少し。ホームページをリニューアルしていきなり不備を見つけてしまいがっかりしています。それも、一番気合いを入れて作ってる自作曲のMIDIデータですからね…。実は、「曲のMDください」というリクエストがあって(うれしいですね)、自宅のマスターデータではなく公開しているデータを再生してみて初めて気が付いたんです。おそらく、ハーモニー用データのボリュームを0にして入力しておいたのが、データの自動スリム化処理のときに消えてしまったのでは?と推測していますが。早速修正版をアップロードしておきました。詳しくはMusic Worldまで。


さて、本題に入りましょう。第2回なだけに、表題も「SECOND EDITION」…ということなんですが、もちろんこれはWindows 98 Second Editionのこと。うちにも先週アップデートCDが届きました。新しもの好きな私は、早速データのバックアップをとってから、今やデスクトップの98MATEを押しのけてメインマシンとなっているLet’s note(CF-S21)にインストールしてみました。

新しいOS(といっても今回は一応マイナーバージョンアップなんですが)には不具合が付き物だ、と言うのが定説なんですが、アップグレードに関しては、最近のMicrosoft製品の流れで、拍子抜けするくらいうまくいきました。サウンドドライバがWindows標準添付のWDMドライバに置き換わってしまい、再生にノイズが乗るようになった以外は特に問題なし。まあ、これもドライバの変更だけですぐに治りました。

実は、問題はこの後に待っていたのです。我が家では、電話回線をISDNにして、USB接続でNECのAtermを使ってたんですが(メール着信通知がとっても便利です)、こいつが全く反応しなくなってしまいました。Second EditionになってUSB回りの仕様が変更された事による不具合だそうですね。このあたりは、NECも情報を提供してくれていますので、「ファームのアップデートを待つしかないかな」とあきらめていました。

ところが、念のためシステムのプロパティでデバイスマネージャからドライバの状況を確認してみたら「ドライバは必要でないか読み込まれていません」と表示されています。「もしや?」と思ってドライバを再インストールしてみたら…普通に使えるようになりました。ちゃんとUSBのホットプラグで認識してくれます。Atermを使ってて「USB接続は無理だ」とあきらめている人も、もう一度ドライバ回りを確認してみてはいかがでしょうか。意外に大丈夫かも。

なぜ”Weekly”なの?

「Weekly SSK」は、従来の「SSK Today」コーナーに変わるものとして登場しました。特にテーマは決めず、そのときごとに面白いと思ってることなど書いていこうというコンセプトはこれまでと全く一緒。違うのは、更新間隔を「1週間」と決めたこと。

これまでも、元々気まぐれな性格なこともあり、何度となく更新間隔が開いてしまうことがありました。しかし、WWWに大事なのは内容の鮮度であることは今更言うまでもないわけで、こまめな更新こそが大事なわけです。

こまめに更新するにはどうしたらいいか?…自分で更新間隔を決めてプレッシャーをかけてしまえばいい!というわけで、決めたのがこのコーナーの週刊化だったわけです。最初は日記帳(毎日更新)も考えたんですが、それだと、「今日は疲れた。終わり」みたいな日記が増えそうなので、それはやめることにしました。1週間でいろいろ考えて書いた内容を一気に放出する、と言うパターンで行きたいと思います。

…果たしていつまで続くことやら…。

SSK World、始まる。

私のWebサイトが「SSK World」として始まったのが1997年2月22日。ただ、それ以前から大学の研究室のサーバーに個人スペースを開設し、いろいろと実験(?)していましたから、そこまで含めると歴史はもう少し長くなるわけですが。もともと、いろんな「モノ」を作るのが大好きな私ですから、最低限の手間と投資でそれを世界中に公開できるWWWというシステムに魅力を感じたのは、必然と言ってもよいでしょう。もっとも、IT業界は日進月歩の世界ですから、この体裁がいつまで続くのか?という点にはかなり懐疑的でしたが。

Always hot, but cool anywhere.