「61:レッツノートのある暮らし」カテゴリーアーカイブ

世界中の何処にだって連れて行く頼れる相棒、レッツノートと共に歩む「モバイル」な日々の記録です。ときには分解・改造だって厭いません。

半月遅れで5月

6月も後半となりました。先日、「5月中には来なかった」という話をしたWindows 10 May 2019 Updateですが、さすがにこの時期になると、我が家のパソコンたちにも届き始めています。

最初に通知が届いたのは、デスクトップ機のHP Pavilion Wave 600。最後になったのはレッツノート・CF-SV8でした。順番に特に意味はないのか、それとも不具合発生等の兼ね合いで必然性がある順序だったのかはわかりませんけどね。妻の管理する2台には、まだインストールはしてありません。順次進めましょう。

続きを読む 半月遅れで5月

あの問題が解決しました

私のCF-SV8やCF-RZ4も含めて、最近のレッツノートシリーズには、標準で「PC情報ポップアップ」というアプリがインストールされています。各機種に応じて、必要なお知らせをポップアップウィンドウでお知らせしてくれるものです。

続きを読む あの問題が解決しました

5月中には来なかった

この春に登場する予定…と言われていたWindows 10の最新大型アップデートは、「Windows 10 May 2019 Update」と命名され、バージョンとしては1903という数字が振られたそうです。

前回の大型アップデート「October 2018 Update」では、10月早々にいきなり、予定を大幅に前倒しして配信が始まったかと思えば、不具合が露見して早々に公開を停止。結局、実際に巷に配られ始めたのは11月になってからになりました。

今回は、その二の轍を踏まないように…ということで、これまでよりも格段に慎重な検証プロセスを経て(そもそも「バージョン1903」なのに「May」なわけで)、5月も後半の22日頃からようやく配信が始まっているようです。

…「ようです」というのは、我が家にある4台のパソコンでは、まだどれにも May 2019 Updateへのアップデートの案内通知が入ってこないので、実感が全くないんですよね。全くそれらしい気配も見せないままに、季節はMayからJuneに入っています。

続きを読む 5月中には来なかった

良かった、んだろうなぁ。

レッツノートの2019年夏モデルが発表されました。4機種構成のラインナップは、新筐体が投入されることはなくそのまま維持。今回のスペック上の刷新ポイントとしては、いちばん大きな画面のCF-LV8が、CF-SV8と同じWhiskey Lake搭載、モダンスタンバイ対応の最新仕様に揃えられた点が挙げられるでしょうか。

続きを読む 良かった、んだろうなぁ。

太っ腹なご褒美

3月に、パナソニックストアで「カスタマイズレッツノート レビューキャンペーン」というのが開催されていました。ストア内でマイページにログインすると、購入履歴から購入した商品のレビューを投稿できるのですが、ここにカスタマイズレッツノート2019年春モデルのレビューを投稿し、Webサイトに掲載された中から抽選でプレゼントがいただける…というものです。

2019年春モデルのど真ん中・CF-SV8を購入している私には、もちろんこのキャンペーンへの応募資格があります。せっかくなので、レビューを投稿してみました。レッツノートクオリティの数々は紹介した上で、光学ディスクドライブのイジェクトボタンの件にもしっかり触れておきました。

続きを読む 太っ腹なご褒美

CF-SV8の購入特典が届きました。

CF-SV8の購入特典が届きました

レッツノート・CF-SV8パナソニックストアでの購入特典としていただけることになっていたアイテム類が届きました。「3月中旬頃」と聞いていたのがなかなか届かず、ちょっと心配していたのですが、無事手元に届いてホッとしています。

続きを読む CF-SV8の購入特典が届きました。

USB PDを試してみる (2)

先日、レッツノート・CF-SV8のUSB PDへの対応について試してみた記事を公開したところ、思っていた以上に皆さんからのレスポンスがありました。

SSK Worldに記事を公開するときには、TwitterやFacebookでもリンクにひとことコメントを付け加えて発信しているわけですが、今回はTwitterからのご返信がいただけたのが嬉しかったですね。一般向けに発信もできるものの、基本的には友達向けになるFacebookとは違い、ツイートは基本的に世界に向けてオープンに発信されているわけで、思わぬ方の目に留まったりします。

続きを読む USB PDを試してみる (2)

USB PDを試してみる

CF-SV8のUSB Type-C端子はUSB PD対応(Thunderbolt 3対応でもある)

レッツノート・CF-SV8の特徴のひとつが、USB Power Delivery (USB PD)に対応したUSB Type-Cポートを装備していること。ここから他のUSB機器に電力を供給するだけでなく、外部から電力の供給を受けられるようになっています。

CF-SV8標準のACアダプターは、モバイルデバイスの付属品としてはあまりにも大きくて重すぎると思うのですが、これはUSB PD対応のより小型軽量なACアダプターをご自分で選んで使ってください…というメッセージのような気がしています。

続きを読む USB PDを試してみる

現時点では

レッツノート・CF-SV8で、モダンスタンバイ中にブルーレイドライブのイジェクトボタンが反応してトレイが排出されることがある…という件。ここで文句を言っているだけではどうにもならないので、パナソニックの「パソコンお客様ご相談センター」に問い合わせしてみました。

続きを読む 現時点では

LockCDを試してみる

レッツノート・CF-SV8の光学ディスクドライブで、モダンスタンバイ中でもイジェクトボタンが反応してしまう問題。「気をつけて持ち運ぶ」という対策だけではちょっと辛いな…と思っているところで、何とか対策が打てないか考えています。

巷のCD書き込みソフトなどの中には、書き込み中にイジェクトボタンを押してもトレイが排出されないように制御しているものがあります。これはつまり、イジェクトボタンの動作はソフトウェアによる制御が可能…ということを意味します。

モダンスタンバイに入るときにボタンの動作をロックし、復帰するときにロックを解除することができればいちばんスマートなのですが、そんなに都合のいい、CF-SV8のためだけに開発されたようなソフトはなかなかありません。もちろん、誰かに作っていただけるならとても嬉しいのですが…それとも、自分で作れるものなのだろうか?できるものなら、やってみたいのですが。

続きを読む LockCDを試してみる