「61:レッツノートのある暮らし」カテゴリーアーカイブ

世界中の何処にだって連れて行く頼れる相棒、レッツノートと共に歩む「モバイル」な日々の記録です。ときには分解・改造だって厭いません。

待つのか、動くのか

木曜日・9月27日に、レッツノートの2018年秋冬モデルが発表されました。このタイミング自体は全く予想どおり。そして内容の方は、想定のひとつとしては持っていたものであり、驚きはなかったものの、正直なところかなり落胆しているところです。

続きを読む 待つのか、動くのか

おそらく来週

レッツノートの2018年秋冬モデルの登場が近づいてきています。もちろん、私がそのタイミングに注目している最大の理由は、RZシリーズがどのようにリニューアルされるのか気になるから。他のシリーズのモデルチェンジが一巡し、心臓部となるプロセッサーも次世代の製品が発表され、機は熟している感があります。

直販サイトのパナソニックストアでは、カスタマイズを施したレッツノートが購入できるわけですが、ここでは様々な販促キャンペーンが開催されています。この中で、「夏モデル10,000円OFFクーポンプレゼント」と「カスタマイズでOfficeを選ぶと10,000円OFF」の2つは、来週木曜日・9月27日の13時30分で終了となります。私は、おそらくここが2018年秋冬モデル発表のタイミングでは?と見ています。仕事中の時間帯なので、リアルタイムでウォッチ…というわけにも行かないんですが。

もっとも、レッツノートの場合、必ずしも新型プロセッサーの登場と新デザイン筐体のデビューは連動しませんからね。新世代のプロセッサーを載せても筐体のデザインが変更されないのはよくある話ですし、それどころか、そもそも新プロセッサーの採用自体を次のタイミングに見送ることすらあります。まあ、ニューモデルのティザーサイトが出ているわけでもありませんし、あまり期待しすぎずに待つことにしましょう。

進化するU、加速するY

9月になると、そろそろ今年のiPhoneがどんなものになるかが気になってきますが、その前に、業界の皆さんにとっては気になる国際展示会がドイツ・ベルリンで開催されます。IFA 2018は、世界最大級と言われる「エレクトロニクスショー」で、今年は8月31日から開催されています。

IFA 2018の開幕に先立ち、Intel社が、モバイル向けの第8世代Coreプロセッサーに新しい製品を追加しました。熱設計電力(TDP)が15WのUシリーズ3種類、そしてTDPが5WのYシリーズも3種類です。それぞれ、コードネームでは「Whiskey Lake」「Amber Lake」と呼ばれてきたものになります。IFA 2018でも、これらを搭載した「薄型・軽量」を謳う新製品が数多くデビューしています。

続きを読む 進化するU、加速するY

ひとまわり大きく

通勤バッグをひとまわり大きいのに新調(右)

通勤に使っていたバッグが、穴が空くなどかなりくたびれてきていたので、この夏のボーナスで新調しました。青色のキャンバス地というところは、これまで使っていたバッグと同じ。ただし、単に買い換えただけ…というにはとどまらない変化があります。 続きを読む ひとまわり大きく

最強のライバル

ちょっと前の話になりますが、7月9日(現地時間)に、Microsoft社から新しいWindowsデバイス・Surface Goが発表されました。既に予約が始まっていて、8月には市場に投入されるのだそうです。

Surfaceシリーズは、Microsoft社が直々に市場に投入している、フル機能のWindowsが動作するタブレットで、純正のカバー兼用のキーボードと組み合わせると、いわゆる2in1的な利用もできるようになっているのが特徴ですね。Surface Goは、1,800×1,200ドットの10型画面を持ち、本体重量が500g強という、これまでで最小、最軽量のSurfaceとなります。 続きを読む 最強のライバル

やっぱりCF-LV7だった

木曜日・6月7日に、レッツノートの2018年夏モデルが発表されました。現在4機種がラインナップされている中で、今回は、いちばん大きな14.0型の画面を持っていたCF-LX6が、「CF-LV7」として大幅モデルチェンジとなりました。 続きを読む やっぱりCF-LV7だった

0.2Mbpsの月末

6月になりました。5月は公私共々にいろいろあって、忙しく動いているうちに終わってしまった感がありますが、月末が近くなって、ひとつ困った事態も起こっていました。 続きを読む 0.2Mbpsの月末

大画面モバイル

先日から、私のレッツノート・CF-RZ4から乗り換える先をどうするのか考えているところです。ここ数週間のうちには、レッツノートにも2018年夏モデルが登場するのではないかと思っていますが、モバイルノートPCを買い換えるときには、いつでもレッツノートに決め打ちするのではなく、幅広い視点で様々な製品を見比べることを心がけています。…とか言いつつ、結局元に戻ってきてしまったりするんですが。

そんな中で、最近画面は大きくても軽量…という「大画面モバイル」を指向したものを見かけることが増えてきた気がします。出先であっても、画面はもちろん大きい方が快適に作業できますよね。どうしても大きくなってしまう縦横サイズについては、狭額縁設計で「より小さいサイズに、ひとクラス上のより大きな画面」の製品が増えてきました。キーボードについても、標準ピッチのものを載せることが可能なので、これも操作性の面で有利に働くでしょう。 続きを読む 大画面モバイル

変わり続けるWindows 10

Windows 10、バージョン 1803の機能更新プログラム

4月30日から、予定どおりにWindows 10の大型アップデート「April Update 2018」の一般配信が始まりました。私のデスクトップPC・HP Pavilion Wave 600では、翌日・5月1日の朝にはWindows Update上に「Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム」がリストアップされ、レッツノート・CF-RZ4でもその日のうちに表示されるようになりました。 続きを読む 変わり続けるWindows 10

April Update 2018だそうです。

「Redstone 4」と呼ばれてきたWindows 10の大規模アップデートが、「April Update 2018」として、4月30日から順次配信されるようです。昨年10月に「Fall Creators Update」が配信されたときには、南半球の国々から「こちらでは秋じゃないぞ」とのツッコミも受けたわけですが、さすがに4月(April)は世界共通に通用しますから大丈夫ですね(笑)。

半年に一度は大規模アップデートを配信する…と決めたわけですから、毎回頭を捻ってニックネームを付けるよりは、こうしてシンプルに呼んだ方が良さそうな気がします。とはいえ、このネーミングでは公開が5月にずれ込んでしまうわけにも行かず、最終段階でのトラブルで公開が延び延びになっている中で、準備はタイヘンだったのでしょう。 続きを読む April Update 2018だそうです。