「61:レッツノートのある暮らし」カテゴリーアーカイブ

世界中の何処にだって連れて行く頼れる相棒、レッツノートと共に歩む「モバイル」な日々の記録です。ときには分解・改造だって厭いません。

希望が贅沢すぎるのか

先日、銀座にVAIO A12の現物を見に行った帰りに、有楽町のビックカメラに寄ってきました。今年になってからいろいろと考えてきた、私のレッツノート・CF-RZ4の次を担うかも知れないモバイルノートPCたちに触れて、改めてどれが最適なのかを考えようと思ったわけです。

ビックカメラは浜松にもあるわけですが、さすがは東京、ニッチな商品も含めて実に品揃えが豊富です。今年になってから、「レッツノート以外の何か」として私が調べてきた製品のほとんどが店頭に展示されていて、実際に触れてみることができました。

続きを読む 希望が贅沢すぎるのか

意欲は感じる、のだが

相変わらず「レッツノート以外の何か」を探る日々が続いているわけですが、先日の富士通の600g台ノートに続き、またも私のターゲットになり得る意欲的な新製品が発表されました。VAIO A12です。

ソニーがパソコン「VAIO」の事業を切り離し、VAIO株式会社が生まれたのは4年前のことになります。基本的にはソニー時代のVAIOの路線を踏襲した製品を、マイナーチェンジを繰り返しながら細々と(でもないのでしょうけど)販売していた…というイメージがありました。しかし、今回のA12はそうではありません。一見、見た目は従来のVAIO S13/S11あたりとあまり変わらないのですが、実は全方位的に相当「攻めた」設計になっています。

続きを読む 意欲は感じる、のだが

やっと10月が来た

11月13日頃から、Windows 10「October 2018 Update」(バージョン1809)の配信が再開されました。10月に入って早々に最初の配信が始まったものの、不具合が見つかって中止となったまま、10月が終わっても再開されていなかったのですが、これでようやくひと段落ということでしょうか。原因は既に判明していたものの、不具合の内容が「ユーザーファイルの消失」という深刻なものだったこともあり、検証に時間を掛けたようです。

自動配信のペースも、かなりゆっくりに設定されているようですね。もっとも、「Windows 10更新アシスタント」やWebサイトからの強制アップグレードなどを使えば、すぐに適用することも可能です。私は、早々に自分で使っている2台のPCに適用してしまいました。

続きを読む やっと10月が来た

レッツノート以外の何か (3)

このところ、毎週末にこんなタイトルを掲げて、レッツノート・CF-RZ4の次の私のパートナーとなるデバイスを探し続けています。対抗馬と考えられるものをいくつか並べてはきたものの、なかなか代わりになるべきものは見つからず、これは年明け早々に出てくるであろうレッツノートの2019年冬春モデルに期待するしかないのか?という思いも頭をよぎっていたところですが、ここに来てなかなかインパクトの強いライバルが登場してきました。

続きを読む レッツノート以外の何か (3)

レッツノート以外の何か (2)

間もなく満4歳を迎える私のレッツノート・CF-RZ4の次を担ってもらうための、新しいモバイルノートPCを探し続けています。「選択肢は増えている」とは言ってみたわけですが、いざ購入を前提に各社の製品をじっくり見ていくと、この課題が困難極まるものである…ということが見えてきます。

続きを読む レッツノート以外の何か (2)

レッツノート以外の何か

現在愛用しているレッツノート・CF-RZ4の後継機を購入したいと考えつつも、レッツノートの2018年秋冬モデルの購入は見送った私。もちろん最大の理由は、そろそろ大幅モデルチェンジがあるのではないか?と予想していたCF-RZ6が、全くそのままの形で継続販売…となったところにあります。

もちろん、間もなく購入から4周年を迎えるわけですから、現行機種に買い換えれば性能差は実感できるはずですが、外見が全く同じものを買うのも面白くありません。プラットフォームの方が刷新されている以上、何らかの動きはあるはずですから、2019年冬春モデルの登場するときこそは、何かが起こるのでしょう。

とはいえ、「後継機はレッツノートでなくてはならない」と決めているわけではありません。幸い、「何処にでも持ち歩いて使う小さなPC」というコンセプトの製品は、最近一気に選択肢が増えてきています。それは、選択に悩まなくてはならない…ということでもあるわけですが。

続きを読む レッツノート以外の何か

待つのか、動くのか

木曜日・9月27日に、レッツノートの2018年秋冬モデルが発表されました。このタイミング自体は全く予想どおり。そして内容の方は、想定のひとつとしては持っていたものであり、驚きはなかったものの、正直なところかなり落胆しているところです。

続きを読む 待つのか、動くのか

おそらく来週

レッツノートの2018年秋冬モデルの登場が近づいてきています。もちろん、私がそのタイミングに注目している最大の理由は、RZシリーズがどのようにリニューアルされるのか気になるから。他のシリーズのモデルチェンジが一巡し、心臓部となるプロセッサーも次世代の製品が発表され、機は熟している感があります。

直販サイトのパナソニックストアでは、カスタマイズを施したレッツノートが購入できるわけですが、ここでは様々な販促キャンペーンが開催されています。この中で、「夏モデル10,000円OFFクーポンプレゼント」と「カスタマイズでOfficeを選ぶと10,000円OFF」の2つは、来週木曜日・9月27日の13時30分で終了となります。私は、おそらくここが2018年秋冬モデル発表のタイミングでは?と見ています。仕事中の時間帯なので、リアルタイムでウォッチ…というわけにも行かないんですが。

もっとも、レッツノートの場合、必ずしも新型プロセッサーの登場と新デザイン筐体のデビューは連動しませんからね。新世代のプロセッサーを載せても筐体のデザインが変更されないのはよくある話ですし、それどころか、そもそも新プロセッサーの採用自体を次のタイミングに見送ることすらあります。まあ、ニューモデルのティザーサイトが出ているわけでもありませんし、あまり期待しすぎずに待つことにしましょう。

進化するU、加速するY

9月になると、そろそろ今年のiPhoneがどんなものになるかが気になってきますが、その前に、業界の皆さんにとっては気になる国際展示会がドイツ・ベルリンで開催されます。IFA 2018は、世界最大級と言われる「エレクトロニクスショー」で、今年は8月31日から開催されています。

IFA 2018の開幕に先立ち、Intel社が、モバイル向けの第8世代Coreプロセッサーに新しい製品を追加しました。熱設計電力(TDP)が15WのUシリーズ3種類、そしてTDPが5WのYシリーズも3種類です。それぞれ、コードネームでは「Whiskey Lake」「Amber Lake」と呼ばれてきたものになります。IFA 2018でも、これらを搭載した「薄型・軽量」を謳う新製品が数多くデビューしています。

続きを読む 進化するU、加速するY

ひとまわり大きく

通勤バッグをひとまわり大きいのに新調(右)

通勤に使っていたバッグが、穴が空くなどかなりくたびれてきていたので、この夏のボーナスで新調しました。青色のキャンバス地というところは、これまで使っていたバッグと同じ。ただし、単に買い換えただけ…というにはとどまらない変化があります。 続きを読む ひとまわり大きく