年内にはイレブンか

年内にはイレブンか

Microsoft社の次世代OS・Windows 11が、いよいよ10月5日から提供開始となります。この日から、巷にはWindows 11がプリインストールされたパソコンが出てくるはずなのですが、ココに照準を合わせた新型機のリリースはほとんど見られません。現在Windows 10機として提供されている製品なら、Windows 11への対応は大丈夫なはずですから、あえてタイミングを合わせなくてもバージョンアップしてもらえば良い…という判断のところが多いのでしょうか。

そのWindows 10からのアップグレードも同日にスタートします。アップグレードは無償で行えるということなのですが、そもそもWindows 11の動作要件が意外に厳しいのが辛いところ。CPUについてはInsider Preview等を通して要件緩和へのテストも行われていたようですが、最終的にはほとんど対象は拡大されませんでした。基本的に、IntelならCore iシリーズ8000番台以降、AMDならRyzen 2000番台以降の世代ということになります。

続きを読む “年内にはイレブンか”
CF-SV8の夏休み

CF-SV8の夏休み

8月ももうすぐ終わりです。皆さん、夏休みは取れましたか?私はまだ予定の半分も取れていないところです。全員が休むわけには行かないので、交代で何日かもらえる仕組みになっているのですが…まあ、秋までに休めれば良いか。

先週は、私のレッツノート・CF-SV8が夏休みで神戸に里帰りしていました。2021年8月分のレッツノートクリニックを受けることにしたんです。

続きを読む “CF-SV8の夏休み”
しばしの Insider

しばしの Insider

先月発表されて、おそらくこの秋には登場する予定のWindows 11。現在は、Insider Preview版が公開されているわけですが、自宅のデスクトップ機にインストールしてみたところ、どうも調子が良くありませんでした。そもそも最低動作条件を満たしていない環境だったので、やむを得ないところもありましたが…。

我が家では、動作条件を満たしているPCはレッツノート・CF-SV8のみ。とはいえ、仕事にも使っているものなので、マトモに動作する保証もないInsider Preview版に入れ替えて使うのは、あまりにもリスクが高すぎます。

しかし、そんなCF-SV8にInsider Previewをインストールして、しかも通常業務にも支障を出さずに済む方法があります。それは、仮想マシンを構築して、その中で動かすこと。Windows 10 ProがインストールされているCF-SV8なら、標準機能として持っているHyper-Vを使って、仮想マシンの環境が用意できます。

続きを読む “しばしの Insider”
イレブンになる理由

イレブンになる理由

25日未明(日本時間)に、Microsoft社が「What’s Next for Windows」と題してオンラインイベントを開催しました。題目どおり、次のWindowsがどんなものになるのかがお披露目されるということで、私もどんな話が出てくるのか気になっていました。

続きを読む “イレブンになる理由”
「大型」の割には淡々と

「大型」の割には淡々と

Windows 10の大型アップデートが春と秋の年2回配信される…というスタイルになってから、もう何年かが経ちますが、最新版となる「May 2021 Update」の配信が、5月19日から始まっています。バージョンとしては「21H1」になります。「21年上半期版」という意味ですね。「5月」なんて名乗って妙なプレッシャーに追い立てられるよりは、そう呼んだ方が良いと思います。

このところ、すんなりとアップデートが進まないのが恒例となりつつあったのですが、今回は意外に(失礼しました・苦笑)順調に導入が進んでいるようです。

続きを読む “「大型」の割には淡々と”
6ヶ月で約100回、-2%

6ヶ月で約100回、-2%

レッツノート・CF-SV8を使い始めてから、もうすぐ満2年になります。相変わらずストレスを感じさせない処理速度には、実に満足しています。筐体は塗装の一部が擦れてきて、やや使用感が出てきたものの、剥がれている部分はなく、キーボードやクリックボタンなどの操作にも全く問題はありません。

続きを読む “6ヶ月で約100回、-2%”
iPad充電器、最強かも

iPad充電器、最強かも

SSK Worldでは様々なモバイルデバイスのことを記事にしてきましたが、この際に切っても切れないのが充電の話。スマートフォンなどの小型の機器は、USBの給電機能を活用して充電されるのが普通になりましたが、USBはもともとそれほど大容量が供給できる仕様ではありません。

いかにして短時間で満充電まで持っていくのか?という中で、USBの端子やケーブルを活用しつつ、各社がより高電圧・大電流を供給して「急速充電」を実現する製品を投入しています。USB PDという業界標準規格があり、これはパソコンなどのさらに大きな機器にも広がりつつあるわけですが、相変わらず独自の規格も次々に発表されて乱立している…という、何とも困った状況です。

続きを読む “iPad充電器、最強かも”
30Wでも十分かも

30Wでも十分かも

Nintendo Switchの充電用に購入したUSB PD充電器・RP-PC120。この機種を選んだ理由は、Switch本体にとってのフルスピードである15W(15V×1A)が給電できることを期待したからでした。SSK Worldとしては、本来ならここでスペックどおりにSwitchに電力が供給できることを確認しなくてはなりません。

ところが、先日純正のACアダプターを測ったばかりの電圧・電流計が、どこを探しても見当たりません。RP-PC120には通電確認のLEDすらなく、現在の出力設定を確認する術がありませんし、Switch側にも現在の充電速度を表示できるようなマニアックな設定はありません。これでは確認は不可能です。

続きを読む “30Wでも十分かも”