4眼で捉える

4眼で捉える

クルマの話で3連投しましたが、ここで、現在の我が家の最新アイテムである新しいスマートフォン・OPPO Reno3 Aの話もちょっとさせてください。

Reno3 Aの背面には、4眼のカメラが搭載されています。Webサイトの製品情報によると、「119度の超広角カメラ」「4,800万画素のメインカメラ」という記載がありますが、残り2眼については説明がありません。スペック表によると両方とも200万画素ということですが、距離計測のセンサー等として使われているようです。ともかく、製品紹介の一番最初にカメラの話が出てくるくらいですから、OPPOとしてもReno3 Aのカメラは最もアピールしたい機能なのでしょう。

続きを読む “4眼で捉える”
画面がいろいろ新しい

画面がいろいろ新しい

新しいスマートフォン・OPPO Reno3 Aを使い始めて1週間ほど経ちました。この夏に登場したばかりのReno3 Aですから、2年以上前の設計であるP20 liteと比べれば全方位的に進化していて当然で、実に快適に使えています。特に違いを感じているのが、ディスプレイがいわゆる「有機EL」であることです。

続きを読む “画面がいろいろ新しい”
Reno3 AとUSB PD充電器

Reno3 AとUSB PD充電器

新しいスマートフォン・OPPO Reno3 Aが、Quick Charge 2.0対応であることをご紹介したところです。古い充電器が再利用できるのはありがたいのですが、一方で、我が家にはUSBを用いた充電規格としてはより新しい、USB PDに対応した充電器が増えてきています。

旅行先での充電なども想定すると、レッツノート・CF-SV8やNintendo Switchの充電も合わせて、ひとつの充電器で済ませられるとありがたいところ。USB PD対応の充電器とReno3 Aをつないだときにどうなるのか、挙動を確認しておきたいところだったのですが…。

続きを読む “Reno3 AとUSB PD充電器”
ちょっと古いがありがたい

ちょっと古いがありがたい

新しいスマートフォン・OPPO Reno3 Aを使い始めています。とはいえ、平日の昼間は仕事に出掛けているので、スマートフォンをじっくり触るほどの時間の余裕はまだありません。ただ、ひとつわかるのはバッテリーの持ちがP20 liteよりは良いこと。アプリを積極的に使ったつもりでも、まる一日は余裕です。バッテリーの容量が4,025mAhと十分に大きいことが効いているのでしょう。

続きを読む “ちょっと古いがありがたい”