祝日のおしごと

火曜日・10月22日は、「即位礼正殿の儀が行われる日」ということで、今年限定で祝日の扱いとなっていました。BS 4K放送でテレビ中継を見たりもしていましたが、せっかくお休みをいただけるのなら、やっぱり倉庫づくりを進めなくては!と思ってしまう私は、もはやビョーキである…との自覚はあります。

前日の月曜日は、前々からちょうど人間ドックを受診することになっていて、午後はお休みをいただいていました。天気が心配だったのですが、とりあえず日曜日にはめるだけはめてみたガラリを、シーリング材で固定してみることにしました。

養生テープでマスキングしておいて、隙間にシーリング材を埋め、へらで成形します。角度は、シーリングする前に壁に垂直になるように調整しておきました。これで、換気口から水が倉庫の中に流れ込む危険性は減るはずです。

この後は、外壁の野地板を張っていこうと思っていたのですが、シーリングを済ませた直後から雨が降り出したので,この日の作業はここまで。火曜日も雨…との予報が出ていましたが、一縷の望みを掛けて待ちました。


西側の外壁を張り終わりました

火曜日の雨は昼過ぎで上がり、早速続きの作業に取りかかりました。まずは、西側の外壁張りから。残り2段ほどになっていましたが、上の仕舞い方が結構面倒で、ジグソーで切り込みを入れてからはめ込むなど、意外に時間が掛かりました。

換気口からマスキングを剥がしました

前日にシーリングしてあった換気口は、24時間ほどあればシーリング材が固まるとのことで、外壁張りの途中でマスキングの養生テープを剥がしました。こんなパーツをはめ込んであると、なんかプロの仕事っぽい?(笑)

階段外側も完成

勢いに乗って、北側の階段外側になる部分も、上まで外壁を張ってしまいました。まあ、次の作業のためには、まずここが完成していなくてはならなかったんですけどね。


斜め45度の壁は縦張りで

いよいよ、斜め45度の壁にとりかかります。ここは、下見張りではなく普通の縦張りを選択しました。この後階段を載せるときに、真っ平らな方が載せやすいでしょうからね。板の継ぎ目には、水が入らないように、3cmほどに剥いだ野地板を上から打ち付けています。

途中になってしまいましたが、今回はここまで。もうひと頑張りしたかったんですが、一気に真っ暗になってしまったので断念しました。秋の夜はつるべ落としです。

コメントを残す