ようやくバージョン2004へ

ようやくバージョン2004へ

Windows 10の最新大型アップデート・May 2020 Updateが公開されてから、そろそろ2ヶ月が経ちます。最近ではWindows Updateが公開される度に不具合が見つかるのが恒例となりつつありますが、今回も不具合が修正されるまでは該当環境にはアップデートが飛んでこない…という制御が行われているそうです。

Microsoft社では、こうした事態が頻発している状況もあってか、各大型アップデートに対する不具合報告とその修正状況を、「Windows release health dashboard」というページでまとめています。もちろん、バージョン2004(May 2020 Updateのことです)についても、ここで確認することができます。基本は英語版のページになりますが、自動翻訳を使えば何とか理解はできます。

続きを読む “ようやくバージョン2004へ”
バッテリーはまだまだ元気

バッテリーはまだまだ元気

レッツノート・CF-SV8を使い始めてから1年4ヶ月ほどになります。最近ちょっと気になっているのが、バッテリーの持ちが以前ほどではないのでは?と感じること。まる一日を走りきれない場面がしばしば見られます。十分な基礎体力があることがわかったので、結構負荷がかかる計算処理もさせていることが影響しているかも知れないのですが。

これまでレッツノートを何台も使ってきたわけですが、1年も経つと、バッテリーの劣化が気になり始めるのが常。先代のCF-RZ4のときは、1年で15%ほど容量が減少していましたし、それ以前の製品の中には、3分の2くらいまで容量が減少していたものもありました。これまで以上にフル回転させているCF-SV8の場合は…どうなのでしょうか。

続きを読む “バッテリーはまだまだ元気”
もう月で呼ばない方が

もう月で呼ばない方が

Windows 10の半年に一度の大規模アップデート・「May 2020 Update」がリリースされ、順次適用が始まっているのだそうです。バージョンとしては2020年4月版という意味で「2004」。これが「2004年版」と混同しないか?なんてお節介な心配をしていた方もあるようです。さすがにそんな大昔のWindowsシステムが現役で働いている場所は残っていないはず…ではありますが、絶対ないとも言い切れないのは怖いところです。

基本的には、Windows Updateで通知されて自動更新…ということになるわけですが、明示的にMicrosoft社のWebサイトからアップグレード用のファイルをダウンロードして実行すれば、手動での更新も可能です。パソコンは何台かあるので、どれか1台くらい手動で更新しようかな?と思っていました。

続きを読む “もう月で呼ばない方が”
Chromium Edge

Chromium Edge

Windows 10が登場したときに、Microsoft入魂の新WebブラウザーとしてデビューしたMicrosoft Edge。一度は業界標準を勝ち取ったInternet Explorerの流れを汲む独自開発ブラウザーであり、HTMLを忠実に、そして高速に表示する「モダンブラウザー」として、Google Chromeの牙城を崩そうと奮闘していました。

決して出来が悪かったわけではなかったと思うのですが、PCとモバイル(Androidの標準ブラウザーですからね)双方のトップを押さえていたChromeに対して、決定的な性能面の優位を示せず、シェアは全然伸ばせていませんでした。振り返ってみると、最初があまりにもポンコツすぎたのが良くなかったかも知れません。その後機能は少しずつ整っていきましたが、「作りかけの出来損ない」のイメージは払拭できていませんでした。

続きを読む “Chromium Edge”
顔認証が復活したか

顔認証が復活したか

Windows Updateで、「KB4535996」という累積更新プログラムの配信が始まっています。これは、セキュリティ更新は含まない機能改善のアップデートということで、適用は必須ではなくオプション扱いとなっています。

今後の定期アップデートでいずれすべてのユーザーに適用されるのでしょうけれど、臨時で配信されるからには何か意味があるのだろう…ということで、こうしたものが出てきたときには内容を確認してみることにしています。Microsoft社からのKB4535996に関するサポート情報に目を通してみると、結構気になる更新点がありました。

続きを読む “顔認証が復活したか”

半月遅れで5月

6月も後半となりました。先日、「5月中には来なかった」という話をしたWindows 10 May 2019 Updateですが、さすがにこの時期になると、我が家のパソコンたちにも届き始めています。

最初に通知が届いたのは、デスクトップ機のHP Pavilion Wave 600。最後になったのはレッツノート・CF-SV8でした。順番に特に意味はないのか、それとも不具合発生等の兼ね合いで必然性がある順序だったのかはわかりませんけどね。妻の管理する2台には、まだインストールはしてありません。順次進めましょう。

続きを読む “半月遅れで5月”

5月中には来なかった

この春に登場する予定…と言われていたWindows 10の最新大型アップデートは、「Windows 10 May 2019 Update」と命名され、バージョンとしては1903という数字が振られたそうです。

前回の大型アップデート「October 2018 Update」では、10月早々にいきなり、予定を大幅に前倒しして配信が始まったかと思えば、不具合が露見して早々に公開を停止。結局、実際に巷に配られ始めたのは11月になってからになりました。

今回は、その二の轍を踏まないように…ということで、これまでよりも格段に慎重な検証プロセスを経て(そもそも「バージョン1903」なのに「May」なわけで)、5月も後半の22日頃からようやく配信が始まっているようです。

…「ようです」というのは、我が家にある4台のパソコンでは、まだどれにも May 2019 Updateへのアップデートの案内通知が入ってこないので、実感が全くないんですよね。全くそれらしい気配も見せないままに、季節はMayからJuneに入っています。

続きを読む “5月中には来なかった”

モダンスタンバイと光学ディスクドライブ

私の新しいレッツノート・CF-SV8の大きなセールスポイントの一つが、「モダンスタンバイ」という新機能に対応したこと。従来のスリープ状態とほぼ同レベルの電力で維持できる省電力モードで、復帰が格段に早く、通信を行うことも可能です。

Windows Helloの顔認証用に赤外線を発射

特にモダンスタンバイの威力を感じるのが、出先などで起動させるとき。畳んであった画面を開いている間にスリープ状態から復帰し、Windows Helloによる顔認証を瞬時に済ませ、画面が開ききる頃にはもうデスクトップ画面が表示されています。とにかく、仕事が始められるまでが早いですね。

しかし、どうやらこのモダンスタンバイが、CF-SV8のもうひとつの、そしてレッツノートの昔からのセールスポイントと競合して、ちょっと困った問題を引き起こしています。

続きを読む “モダンスタンバイと光学ディスクドライブ”

やっと10月が来た

11月13日頃から、Windows 10「October 2018 Update」(バージョン1809)の配信が再開されました。10月に入って早々に最初の配信が始まったものの、不具合が見つかって中止となったまま、10月が終わっても再開されていなかったのですが、これでようやくひと段落ということでしょうか。原因は既に判明していたものの、不具合の内容が「ユーザーファイルの消失」という深刻なものだったこともあり、検証に時間を掛けたようです。

自動配信のペースも、かなりゆっくりに設定されているようですね。もっとも、「Windows 10更新アシスタント」やWebサイトからの強制アップグレードなどを使えば、すぐに適用することも可能です。私は、早々に自分で使っている2台のPCに適用してしまいました。

続きを読む “やっと10月が来た”