プランターの中の幸せ

雨が降っています。雨が降る日は気分が憂鬱なものです。昨日は雨が本降りになる前に床屋に出かけて、その後はテレビでJリーグの試合を見ていました。我らが静岡県のチームにはもう1stステージ優勝の可能性はなくなっていましたが、今日の試合はジュビロ対エスパルスの静岡ダービーマッチ。ジュビロスタジアムは遠いところではないんですが、テレビ観戦で盛り上がりました。テレビなら優勝を争う他球場の経過も、野球の試合も居ながらにしてチェックできますからね。

窓の外には、きゅうりとなすが植えてあるのが見えます。そろそろ花が咲き始めたので、実を付けるのが今から楽しみです。どちらも水分の非常に多い野菜ですから、実のためには水がたくさん必要です。雨が降ってくれれば、水をやる必要もなくて楽ですね。


毎年、私の家では結構いろいろと野菜を作っています。きゅうり、なす、ピーマン、トマト、ししとう、しょうが。さらには田舎の親戚からもらったキャベツやレタス、なんと陸稲まで植えてあります…今年は例年よりも種類が多いんですけどね。

といっても、私の家には畑があるわけではありませんから、みんなプランターに植えることになります。畑に植えてあるのと違って、こまめに水をやらないとすぐにしおれてしまいますから大変です。その代わり、無事に実を付けたときはやっぱり嬉しいですね。基本的に母が面倒を見ているんですが、私もときどきは手伝いをしています。意外に力仕事もあったりしますし。

今週は、その先陣を切ってししとうが2個ほど実を付けたので、夕食にこれを天ぷらにして塩を振って食べました。初物の味わいは、やっぱり特別なものがありますよ。単なる気分の問題かも知れませんけどね。

これからしばらくの間は、野菜の収穫が楽しみの一つになる季節です。朝食にきゅうりやトマトを丸かじりするのも良し、なすは油炒めにしたり、麻婆茄子にするのもよし、ぬか漬けにしてもまた美味しいですね。梅雨に入ると、雨の日が多くなって憂鬱な日々が続く人も多いでしょうけど、私としては、雨も野菜の育つためだと思えばちょっぴり幸せな気分になれそうです。

余談ですが、今年は番外編として(?)あさがおも植えてあります。あさがおを植えたのなんて小学生のとき以来かも知れません。こちらも夏に花が咲くのが楽しみです。あさがおは(きゅうりもそうなんですけど)夏の強い日差しを遮ってくれますしね。ちなみに今は双葉がすっかり開いて本葉が1~2枚出ているところ。観察日記でも付けてみようかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です