Heart to Heart

槇原敬之のニューアルバム・「Heart to Heart」が発売されました。今回は発売前に予約してあったので、DVD付きの初回限定版が27日のリリース当日に我が家に届きました。

この時期に新作アルバムが発売されるということで、どうしても気になるのが3月の東日本大震災との関係。各方面で様々な形の活動が行われている中、彼がどんな意思表示をするのかは気になっていました。彼にとっては、東北新幹線の新青森駅までの延伸を記念したキャンペーンソング「林檎の花」が3月11日にリリースされた、まさにその日に東北で地震が発生してしまったわけで、考えるなというほうが無理な話だったはずです。

震災後の世界のあり方については、彼は明確に、今までにないほどダイレクトにメッセージを発信しています。歌詞の中にそのものズバリの「壊れた原子炉」が出てくるほどです。しかし、そこで反原発メッセージに流れたりしないのが彼らしいところ。この作品中で何曲にもわたって訴えている「『あたりまえ』じゃなくて『ありがとう』だろう?」というテーマは、もう何年も前から彼が歌い続けているものです。ぶれない芯の強さが際立ちます。ぶれたのなんのと盛んにやり玉に挙がる永田町方面と比べると、何とも切ない気分になりますが…。

このアルバムを聴いていると、アルバムへの収録順が持つメッセージ力も強く感じます。もちろん、その一つは「林檎の花」の直後に「壊れた原子炉」が登場する「Appreciation」、さらに「White Lie」へと続く流れなんですが、もう一つ心に迫ってきたのが「軒下のモンスター」~「Remember My Name」。この順番で聴いてしまうと、つい2曲を同じ主人公の心として重ね合わせてしまい、彼の精一杯の告白を聞いている気持ちになって、無性に泣けてきます。

全編、簡単には聞き流せないほどの熱い思いで溢れています。ちゃんと最後には幸せになれるアルバムですが、間違いなく「ながら聞き」には向きません。じっくり聴いてほしいですね。…などと言いつつ、頭の中では「昼、昼、ヒルナンデス(笑)」がぐるぐる回っていたりしますが。「ぶっ飛び系テクノまきはら」が好きな方にも、聴きどころが結構ありますよ。



投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:


1回のみ
毎月

記事を気に入っていただけましたか?よろしければ、今後のSSK Worldの活動に向けてご支援をお願いいたします。

SSK Worldを「面白い!」と思っていただける方がありましたら、今後の当サイトの活動継続に向けて、ご支援をお願いいたします。

金額を選択

¥100
¥500
¥1,000
¥500
¥1,000
¥2,000

またはカスタム金額を入力

¥

ご協力いただき、ありがとうございます。

ご協力いただき、ありがとうございます。

送金送金

コメント

“Heart to Heart” への1件のコメント

  1. S.S.K.のアバター
    S.S.K.

    その後、通勤電車などでどっぷり浸っています。熱いメッセージが伝わってくる…ということには先にも触れましたが、繰り返し聴くと、いつもよりもちょっと歌詞が饒舌な気がします。「そこまで言わなくてもわかるよ」という感じ。特に、曲の最後に来ているのに、なかなか歌い終わらない…という印象を受ける曲がいくつかあります。ちょっと気合いが入りすぎたんでしょうか。

コメントを残す

タグクラウド

2年縛り Amazon Android BESS Bluetooth CF-B5 CF-R2 CF-R4 CF-RZ4 CF-SV8 DIY iPhone LTE Movable Type Nintendo Switch NuAns NEO Reloaded SNS SSD USB PD Webサイト Webブラウザー Windows 10 Windows XP カメラ カーナビ クルマ ショップ ステップワゴンスパーダ スマートフォン バージョンアップ ブログ マラソン レッツノート ログハウス 中日ドラゴンズ 伊豆 倉庫 健康 写真 合唱 塗装 家族 携帯電話 旅行 日本プロ野球 映画 暮らし 東京 槇原敬之 浜松 無線LAN 省電力 自作PC 芝生 薪ストーブ 薪割り 記念日 野球 音楽 食べる