風通しにこだわる

SATAスマートケーブル(下)と普通のケーブル

前回の記事「電源系統にこだわる」で、PCI Express電源コネクタをつないだ写真に、今回もう一つ導入した新パーツが写っていました。それは、シリアルATAのスマートケーブル(写真下)。親和産業から、昨年10月に発売されたものです。

もともと、シリアルATAの接続ケーブルは従来のパラレルATA用の接続ケーブルよりも信号線がずっと少なく、細くすることができるため、ケース内での空気の流れを妨げにくいのが売りの一つでした。しかし、普通のケーブル(写真上)は信号線を平たく束ねたもので、材質としてもかなり堅く、取り回しは意外に面倒でした。

マザーボードとHDDのSATAコネクタの位置関係

特に、最近のほとんどのマザーボードではシリアルATAのインターフェースが標準装備され、基盤上にコネクタが直づけされています。この位置関係では、ハードディスクと接続するためにはどうしてもケーブルをひねる必要があり、堅い従来のケーブルでは苦労することになります。結果的に長く引き回す必要があり、思ったよりも見た目はすっきりしないことも多いようです。

SATAスマートケーブルの曲げ性能

その点、信号線を環状に束ねてシールドしたスマートケーブルなら、従来のケーブルよりもさらに細くなっただけでなく、かなり柔らかく作られているので、こんなに自由に(写真・笑)曲げることができます。

配線、すっきり

自由に曲げられるスマートケーブルなら、組み立てがしやすいだけでなく、ケーブルの長さ自体も短くて済み、結果的にケース内部はさらにすっきりして、空気の流れの改善が期待できます。見た目も性能も良くなるのはいいですね。コネクタの形状、抜け止めのラッチの有無、ケーブルの長さなど、いろいろなバリエーションが用意されていて、価格も1本あたり1,000円程度までに収まるお手軽なアイテムです。

続きを読む “風通しにこだわる”

超すぴーどまにあ

WinDy ALFEEL

ダメ押しの超高級アイテム

前回の続きということで、新作タワーPCのベンチマークテストの結果をまとめようと思っていたんですが、公開するよりも先に、またとんでもない買い物をしてしまいました。あのソルダムが送り出すフルアルミシャシーのキーボード・ALFEELです。

さすがにキートップはプラスチック製なんですが、アルマイト処理されたトップカバーの「本物の金属」たる存在感はさすがです。控えめに光っている青色LEDもいい感じ。言うまでもなく、ケースのデザインとの統一感を狙って購入したものではありますが、キータッチの感触をしっかりと受け止めるアルミ製シャシーの剛性と重量感には、見た目以上の意味もちゃんとあります。

ただ、2万円弱という価格は、キーボードに払うにはどう考えても高すぎる気がしますけどね。それも、特殊な機能は全然付いていない、プレーンなキーボードです。まあ、個人的にはその方が好みなんですが。

桁違いの演算能力

それでは今日の本題、ベンチマークテストに入りましょう。まずはお馴染みのCrystalMark 2004の結果からです。かなり頻繁にアップデートが施されるCrystalMarkですが、基本的には新規ハードウェアのデータベース整備が目的のようですね。ベンチマーク結果についてはCF-R4をテストしたときの数値をそのまま基準にできそうです。ともかく、結果をご覧ください↓。

CrystalMark 2004
Machine旧型機新型機 (対旧型機%)
ALU852216903 (198%)
FPU842519004 (226%)
RAM824410253 (124%)
HDD641411785 (184%)
GDI705011777 (167%)
D2D46167859 (170%)
OGL2369835044 (148%)
Mark66969112625 (168%)

Athlon 64 X2のモデルナンバー「4400+」をそのまま解釈すれば、演算能力は3.2GHzのPentium 4だった旧型機から37.5%前後向上することになりますが、これを大きく上回る結果が出てきました。純粋にCPUの演算能力を測ろうとしているALUとFPUでは、ほぼ2倍の数値になっています。CrystalMarkでは、ハイパースレッディングもデュアルコアも正しく認識して活用しますから、それぞれの持っている能力は十分に出せているはずです。Athlon 64 X2の動作クロックが実際には2.2GHzであることも考えると、Athlon 64 X2のクロック当たり性能の高さが際だちます。

ストライピング構成にしたハードディスクの能力が2倍弱になっているのは予定通り。GDI、D2D、OGLといった画面描画関係の能力が向上しているのは、ビデオカードの「格」がほぼ同レベルの中でCPUの能力差が出たのかな?と考えています。2次元、3次元とも比較的負荷が軽いテストですからね。総合では68%の能力向上。ついにMarkの値は10万を超えました。

Super π 1.1
Machine104万桁838万桁
旧型機50秒 (100)12分44秒 (100)
新型機39秒 (128)7分25秒 (172)

単一スレッドで動作(当然CPUコアも一つしか動かないはず)しているSuper πでも、2つのスレッドが使われるWindows Media Encoder 9の動画エンコード(詳細はCF-R4・実力テスト (1)を参照)でも、新型機は順当に成績を伸ばしています。

Windows Media Encoder 9・15秒の動画エンコード
Machine処理速度
旧型機20秒 (100)
新型機13秒 (154)

CPUコア1個でも、あれだけクロック周波数に差があってもPentium 4に勝てるAthlon 64コア。それが丸ごと2個載っているんですから、普通に考えればスピード競争で負けるはずがありません。後はどれだけ引き離せるかです。

And...what's the next?

CPUの差だけじゃない

次に、ある意味でこの新型機の存在理由である…と言っても良い、3次元CG作成ソフト・Shadeでの画像レンダリングの速度を比べてみました。CG Worldに公開している「And…what’s the next?」のモデリングデータを使っています。結果はご覧の通り。実に3倍以上という劇的な速さで画像を作ってくれます。他のテスト以上の大差が付きました。

Shade 8.5 Professional (x86)
Machine160 * 120 pixels1024 * 768 pixels
旧型機5分43秒 (100)2時間41分02秒 (100)
新型機1分51秒 (309)45分25秒 (355)

ページファイル使用量1.01GB;拡大画像サイズ17.9KB

3次元CGのレンダリング作業は、単に大量の演算処理があるだけではなく、大量のデータを同時に扱う作業です。XGAサイズのレンダリング中には、1GBを超えるメモリが使われていました。こうなると、RAMを2GB積んでいる新型機(旧型機は1GB)の優位性が出てきます。仮想メモリとして使われるハードディスクの能力を強化しているのも、プラスに働いているはずです。

メモリも、ハードディスクも、今回のパーツ構成ではこだわった部分。こうしたCPU以外の部分での高性能化が、高速なレンダリングに貢献している…と言って良さそうです。まさに目論見通り。やっぱりメインマシンはこうでなくちゃ!と大喜びしているところです。あとは、じっくりモデルを作り込む時間さえあればなぁ…(涙)。

続きを読む “超すぴーどまにあ”

自作PCは増殖する(2)

ALTIUM ALCADIA X-2JV OMEGA(左)とALTIUM S8 The Spirits of JAPAN(右)

WinDyはOMEGAまで待て

前回からちょっとご無沙汰してしまいましたが、自作PC増殖作戦・第2ラウンドです。実は、新しいケースは既に昨年末に発注してあって、1月24日には手元に届いていました。それがこのALTIUM ALCADIA X-2JV OMEGA(写真左)。このコーナーではお馴染みのソルダムのWinDyブランド製品です。これまで使っていたALTIUM S8 “The Spirits of JAPAN”(写真右)と同様にアルミ素材をふんだんに使った贅沢な仕上がりが特徴ですが、並べてみると一回り大きいのがわかります。

ALTIUM ALCADIAシリーズは、側面のパネルを二重構造にして、側面後部から取り込んだ吸気をこのパネルの間に通して前面からケース内に入れる…という、実に手の込んだ冷却機構を持っています。しかし、製品の発売直後には「あまりにも高価」「思ったよりも静かではない」などの批判が噴出しました。高価なのはこの複雑な構造では仕方ないところもありますし、騒音については「同じ騒音レベルでより多くの吸気が確保できる」と捉えるべきかも知れません。いろいろな意見が出るのは仕方ないところかも。

「OMEGA」とは、前に弟・ささっちのためにケースを購入したときにも触れましたが、生産終了直前に大バーゲン価格で売られるバージョンです。いくつかのオプションパーツを標準で装備して、本来なら5万円を大きく超えるような仕様なんですが、販売価格は電源抜き仕様で2万円台半ば。実に半額以下でした。この価格を見てしまうと、通常版を買うのが馬鹿馬鹿しくなってきませんか?。WinDy製品は、OMEGAが出るまで購入するのを待つのが賢明なのかも知れません。

ALTIUM ALCADIA X-2JV OMEGAは大人気だったらしく、新モデルのXRシリーズが登場してからも、当初の限定台数を大幅に超えて注文が受け付けられていました。生産が追いつかなかったのか、当初は「1月15日過ぎ」とアナウンスされていた発送時期が、結局1週間ちょっと遅れたことになります。予約販売品の納期が守られないのは、業界によっては良くある話なんですが、今回の例は「売れてるからもっと売ってしまえ」と注文を増やして結局生産が遅れる…という、あまり感心できないパターンに見えます。

統一規格なのに違う!

いろいろとケチも付けましたが、それでも製品の品質が確保されているのはソルダム製品ならでは。ただでさえ精度が高くて部品同士が隙間無くはまっている上に、この製品の場合は密閉用のパッキンも入っていて摩擦抵抗が大きいので、分解・組み立てには正直なところ手間がかかります。メンテナンス製の高さを狙った製品ではありませんから、仕方ないところですけどね。

マザーボード側(左)とケース側のIEEE1394端子

基本的にはケース付属の説明書通りに組み立てていけば迷うことはありません。ただ、一つ手間取ったのはケース前面にあるIEEE1394端子とマザーボードとの接続。2列×5本の10ピン端子なんですが、ピン配置は全く同じなのに、マザーボード側で抜いてあるピンとケース側で埋めてあるピンが違って差せないんです。仕方がないので、ケース側のピンが埋めてある端子に、ピンバイスで穴を開けて対応しました。

芸術的?な配線処理

空冷性能にこだわったケースですから、ケース内の配線の取り回しには気を遣いました。このケースでは、マザーボードを取り付けるスペースのすぐ横に、ケーブル類をナイロンストラップで留めるための部品が取り付けられています。ここにほとんどのケーブルをまとめ、フロッピーやDVDドライブに使うフラットケーブルも隅に追いやって固定していますから、ケース内の風通しはずいぶん良くなっているはずです。

また買っちゃった(笑)

組み立ての中で、一つ問題があったのがDVDドライブの取り付け。ALTIUM ALCADIA X-2JV OMEGAには、光ドライブのトレイに合わせて開閉する、ベイリーフと呼ばれるアルミ製の扉が装備されています。ドライブのデザインを問わない優れものなんですが、これまで使っていたDVR-A09だと、デザインにこだわったフロントパネルが災いして、ベイリーフと干渉してしまうんです。

ベイリーフと干渉するフロントパネルを取り外して使用

せっかくなら、よりデザインに統一感の出るベイリーフを使いたいので、とりあえずトレイ側のフロントパネルを取り外してケースに取り付けました。しかし、これではドライブの密閉性が損なわれてしまい、動作に悪影響が出てきます。実際に、この状態で使っていると、CDやDVDの書き込みに失敗する例が頻発しました。

DVR-ABN16L(左)とDVR-A09(SV)

以前使っていたDVR-ABH8に交換しても良いのですが、ここだけ古いのも何だかなぁ…ということで、新しいドライブに交換することにしました。ベイリーフとの相性を考えて、外見は普通でも性能的にはちょっと面白いものにしようと思い、アイ・オー・データのDVR-ABN16L(写真左)を選んでみました。

DVR-ABN16Lは、DVD-Rのレーベル面にデザインを焼き付けられる「Labelflash」対応ドライブです。店頭に展示されていた制作サンプルを見ると、仕上がりにはなかなか高級感がありますね。専用ディスクが必要ですが、また試してみたいところです。新機能が載っていても、DVDやCDへの書き込み性能には全然妥協がありません。個人的にはCD-R書き込み48倍速が嬉しいですね…相変わらず大量にCDを作ることが多いので。

VL System・L.I.S 2 Premium

多機能にもほどがある

先にWeekly SSKでも紹介しましたが、韓国・VL System社のL.I.S 2 Premiumも今回導入した新パーツです。ALTIUM ALCADIA X-2JV OMEGAには、大小合わせて実に5台ものファンが装備されています。もともと低回転の120mm径のファンはそのまま回して、L.I.S 2では92mm径以下のファンをコントロールしています。

L.I.S 2 Premiumの外観上最大の特徴が、鮮やかなブルーの蛍光表示管。20字×2行のスペースに、ファンの状態以外にもメモリやハードディスクの使用量にCPU負荷、OSのバージョンやIPアドレスなど様々な情報、メディアプレイヤーの再生ファイルに関する情報やレベルメーター表示…と、実に様々なものが表示できます。というよりも、この充実した情報表示と比べれば、ファンコントロールの方がおまけのようなものです。

情報表示を自動的に切り替えていく順番や間隔を自由に設定したり、文字単位だけでなくドット単位でカスタムの表示を自作したり(さらにこれを自動切り替えに組み込むことも可能)も出来るので、いろいろと遊んでいるところです。USB接続で制御している割にはシステムへの負荷が少なく(通信は最低限にして自律動作するのが基本なのかも)、x64用のドライバもちゃんと用意されているなど、パワフルな自作ユーザーのツボをくすぐるアイテムといえそうです。

2台になった自作タワー

さて、どう使う?

こうして、新しいケースに新しいパソコンが組み上がりました(写真左)。これまで使っていたパーツも元のケースの中に戻り(写真右)、2台のパソコンが使える状態になりました。どう使っていくかはこれから考えますが、確実に言えるのは2台を同時には操作出来ないこと。おそらく片方は、長時間動かし続けなくてはならないときや、もう片方が動けなくなったときのバックアップとして働くことになります。

使い方以前に困っているのが置き場所をどうするか。現在は、写真のように床の上に小さく固めて置いてあるんですが、それでも意外に場所を食ってしまうものです。相変わらず物置状態となっている寝室に何とか設置スペースを作りたいと思っているんですが、そうなるとLANケーブルも配線したいところですし…それ以前に、まずは何とかしてあそこを「居住スペース」にしなくては。

続きを読む “自作PCは増殖する(2)”

やっぱり近いお隣

映画「B型の彼氏」を見に行きました。昨年韓国で公開されて大ヒットし、この週末から日本でも公開となった作品です。韓国生まれの、かなりコテコテのラブ・ストーリーということで、普通なら絶対見に行かない作品でした。昨今のいわゆる「韓流ブーム」には全然興味がない…それどころかかなりマイナスイメージを持っていましたからね。

しかし、今回ばかりはちょっと事情が違いました。この作品のストーリーの根底に流れているのが、血液型による性格分析。「B型の男性を彼氏に持つと苦労する」ということで、ネット掲示板で話が盛り上がったことから企画がスタートしたのだとか。私自身も、プロフィールでも書いているようにB型男性の一人。血液型性格分析は全ての人をたった4つのタイプに分類してしまう時点で無理があり、全然当てにならないと思っているわけですが、どのように描かれているのかは非常に気になったんですよね。

【DVD「B型の彼氏 スタンダード・エディション」】


この作品の「B型の彼氏」・ヨンビンは、超マイペースで自己中心的、まさに絵に描いたようなB型的性格の持ち主です。冒頭から、彼女を何時間も待たせておいた上で、「気に入らないならもう会わない」とあっさり振ってしまいます。そんな彼と出会ってしまったばかりに、これまた典型的なA型的性格の持ち主・ハミは、彼に振り回されて大変な日々を送ることになってしまいます。

基本的に、ヨンビンの困った行動のオンパレードを笑い飛ばす映画です。しかし、彼を自分と重ね合わせながら見ていると、見方はちょっと変わってきます。ちょっとショックだったのは、それだけ困ったヤツを観察していて、「それは違うだろ」とツッコミを入れたくなる場所が皆無だったこと。中にはちょっと極端なものもありますが、それでもどこか思い当たる節があって、素直に笑い飛ばせないんです。見ていると、血液型別性格分析って本当にアリなのかも…と思えてしまうくらいです。

いろいろと紆余曲折はあったものの、最後にはハミとヨンビンはお互いのことを分かり合い、無事結ばれることになります。お互いの今持っている性格がどうかということよりも、大事なのは相手のことを理解しようとする思いなんじゃないかな?と感じました。血液型に限らず、先入観で人を測ってしまいがちな方には、頭をまっさらにして見てほしい作品ですね。私自身も、周囲に全然気を遣えていない自覚がありますが、こんな性格だから仕方ないじゃないの…とは言わずに、ちょっとは努力しているつもりです。

それにしても、徹底的に悪い面を引き出したかと思えば、一方で彼らへのフォローも忘れない「B型の彼氏」の描写には感心するところですが、この映画の制作スタッフはB型の男性ばかりなのだとか。つまり、もともと彼ら自身の問題でもありますから、アメもムチも自由自在なんですね。そして、ヨンビンを演じたイ・ドンゴンの血液型はよりによってA。出来すぎなくらいのエピソードです。


ところで、この「血液型別性格分析」は日本生まれの考え方で、多くの人たちのアンケートに基づいて血液型と性格には有意な相関関係がある(数学的に言うと「無関係だといえるだけの根拠がない」という方が的確なんですが)…とした発表に基づいていますが、世界的に認められたものではないようです。しかし、この血液型別性格分析のブームが巻き起こった日本以外の唯一の国が韓国なのだとか。もともと、人間の性格を分類するのが好きな国民性があるのかも知れません。しかも、血液に基づいて決まる…というのが、いかにも科学的な気がしてしまいますし。

映画「B型の彼氏」を見ていると、血液型のこと以外にも日本と韓国は似ていると感じることが多かったですね。例えば、ヨンビンが壊してしまったハミの新しい携帯電話を選ぶときに、彼が手に取った携帯電話が妙に大きいのにびっくりします。大型・高機能の携帯電話が売れ筋なのは、日本と韓国で共通らしいですね。ヨンビンの仕事がケータイを使ったネットビジネスを狙うベンチャー企業のオーナー…ということも影響しているとは思うんですが、こんな仕事が成立すること自体日本と韓国はよく似ています。インターネットのパーソナルレベルへの普及度では世界で一、二を争う国です。

TOHOシネマズ浜松で見たのは日本語吹き替え版でしたが、そのせいか見ている間はまるで日本の話を見ているかのような錯覚に襲われることが多かったですね。昔のことはともかく、今どきの日本と韓国は地理的に隣であるだけではなく、中身も非常によく似ているようです。もちろん、違うところだってあります。クリスチャン人口の多い韓国ですから、「イエス様に誓って」なんて台詞が庶民レベルで平気で出てきますし、結婚相談所で女性に求める条件が「身長173cm以上」だったりするのも日本とはちょっと事情が違います。


もう一つ、日本と韓国はよく似ているのではないかな?と思えることがあります。自作PCの中には、いくつか韓国製のパーツが組み込まれています。例えば、ビデオカード用のファンレスヒートシンクのように、高機能と静音の両立に徹底的にこだわっているZALMAN社は韓国にある会社です。

L.I.S 2 Premium

そして、最近もう一つ韓国製のPC用パーツを購入しました。VL System社のファンコントローラ、L.I.S 2 Premiumです。CPUへの負荷や温度を監視して、4個のファンの回転数を制御できます。この製品の特徴はフロントパネルにあるのが20字×2行の蛍光表示管だけで、他は全てUSB経由で設定すること。結果的に、シンプルでクールなデザインになっています。この表示画面には、ファンの状態以外にも様々な情報が表示可能です。

この手の商品は、様々なメーカーから製品が登場していますが、台湾などで作られた、ごてごてに飾り付けたような同種の製品と比べると、少なくとも私にとっては、デザイン面でも機能面でもこのL.I.S 2は群を抜いています。実際に、日本のソルダムがこのL.I.SシリーズをOEMで販売しているように、私に限らず日本人に対して受けの良いデザインだと思っています。どうも、この分野の感性でも、日本と韓国には通じるものがあるようです。

ところで、上のL.I.S 2が写っている写真には、もっと重大な事実が他にも隠れています。その件については、また後日「自作PCドタバタ日記」辺りで公開することになるかと思います。しばしお待ちください。

続きを読む “やっぱり近いお隣”

優越感の演出

「cELEBRATION 2005 ~Heart Beat~」パンフレット

昨年11月に出かけた槇原敬之がフルオーケストラと共演したコンサートツアー・「cELEBRATION 2005 ~Heart Beat~」のパンフレットが、宅配便で私の家に届きました。先に案内のあったとおりのA5判ハードカバー。表紙はえんじ色のスエード調仕上げで、パンフレットと呼ぶにはあまりにも豪華。むしろ日記帳か何かのような雰囲気があります。

4都市での全ての公演を、バックステージも含めて撮影した大量の写真が収められています。名古屋公演の写真では、観客席に私たちらしい後ろ姿も見えました。実際にいたのだから当たり前なんですが、やっぱり嬉しくなりますね。また、公演終了後のインタビュー記事も収録されています。彼が今回のコンサートの選曲、会場に求めた「愛を祝い合おう」のコーラス、最後の万歳三唱などに掛けていた意味も聞くことができます。

ツアーの思い出の品としては、とても良いものに仕上がっていると思います。ただ、これは観客への案内、解説の意味を込めた「ツアーパンフレット」と呼ぶよりも、むしろ足跡を振り返る「ツアーアルバム」とでも呼んだ方が表現は的確そうですね。だからこそ、日記帳を意識した装丁なんでしょうか。


パンフレットには鍵が掛けられています

購入したときにも触れましたが、このパンフレットは小口を南京錠で封印された状態で届きます。最初に予約したときにもらった鍵で開けて、中身を見ることになります。この南京錠には、きれいな金色のメッキが施され、鳥をかたどったツアーエンブレムが彫り込まれていたりして、なかなかの高級感です。考えてみると、鍵を掛けるという行為自体も日記の文法です。

鍵を持っている自分だけが中を見ることが出来る…という仕組みは、秘密を限定した人たちだけで共有していることによる一種の優越感を持たせる仕掛けになります。中身だけでも私は十分に5,000円に値するものだと思いましたが、こうした演出の部分まで含めてあの価格が付けられているような気がしました。

5,000円という価格にひるんで購入を躊躇した人は、この「パンフレット」と呼ぶにはあまりに高級な商品を見ると、きっと悔しがるのではないでしょうか。そんな顔を見ることで、持っている自分はまたも優越感に浸れてしまったりします。まあ、パンフレット自体は通信販売で後から購入することも出来るようですが。


私たちは、しばしば「期間限定」や「数量限定」などの言葉につい乗せられて買い物をしてしまいます。これらは、先からしばしば出てくる「優越感」に訴えた商法だと言えると思います。私が買うこれは、誰にでも簡単に買えるわけがない…というところですね。私自身もこういう買い物に乗ってしまうことが多いのでよくわかります。今回のパンフレットも、注文された分だけ生産されて届く…という点では数量限定ですから、こうした要素を持っています。

この優越感が、「価格が高くても納得できる」という方向に働くか、「安く買えて自分だけ得をした」という方向に働くかは価格設定次第…ということになります。もちろん先のパンフレットは前者のパターン。そして、私の自作PC用ケースでお馴染みのソルダムは、しばしば後者の心理に訴えた数量限定バーゲンセールを開催します。ただ、当初の限定数をしばしば大幅に超えて追加するんですよね。何だか「限定所有」の優越感が削がれて面白くありません。あの会社の製品のクオリティはともかく、売り方については他にも2~3時間ごとのスパムまがいのメールなどいろいろ言いたいことがありますが、これについてはまた機会があれば。

そのソルダムの製品の売り方に文句が言えないのは、 やっぱり製品自体のクオリティに手抜きがないところに理由があります。逆に、限定所有の優越感だけがあっても、品質がついてこなければダメなんですよね。最終的には、モノ自体で勝負出来る製品であることが必要なのではないでしょうか。


もう一つ、優越感に浸らせる方法として、「わざわざ手間を掛けさせる」というものがあります。先の南京錠などはまさにその典型。かつて日本IBMがわざと指紋の付きやすい表面光沢仕上げのキャビネットをノートパソコンに採用して、クリーニングクロスを標準添付した…なんてことがありましたが、これもまさに手間を掛けさせる優越感の演出かも知れません。

もしかしたら、コーヒーサイフォンで淹れるコーヒーにもこれに似た面があるのかも。ムービーも交えて説明したように、かなりの手間がかかりますからね。手間を掛けることが美味しく淹れるための手段なのか、美味しく飲める理由なのか…もちろん本来は前者なんですが、気が付くと後者の面もあるような気がします。

続きを読む “優越感の演出”