春の嵐

昨日も一日、風の強い日でした。昨日に限らず、このところ風の強く吹く日が結構多くなっていますよね。「春の嵐」という言い回しはしばしば使われますが、今年は出番が多くなっているような気がします。それも、実際に暴風警報が出てみたり、建設現場の足場がなぎ倒されたり、屋根が飛んできて通行人が怪我をしたり…と、洒落では済まない話も聞かれます。

そして、今年は我が家でも尋常ならざる春の嵐が吹き荒れました。といっても、これは単なる強い風のことではありません。先週にも触れていますが、異動の内示を受けてドタバタの引っ越しが行われました。


職場での残務整理や引き継ぎも、もちろん大変なんですが、それ以上に大変だったのは住処の引っ越し。1週間強という時間は、3人家族が新居を探して、荷物をまとめて、様々な手続きや手配を進めて、自分たちも移動する…という作業のためには、あまりにも短すぎます。職場の方でも、内輪の事情はあるのでしょうけど、転居しなくてはならない私たちにもう少し配慮してほしい…と、文句を言っても仕方ないので、粛々と準備を進めるしかありません。

先週末には新居の契約をしたわけですが、候補自体は先に探してありましたし、引っ越し業者には内示の出た当日に見積もりを依頼し、転居先が固まる前(とはいっても、だいたいのエリアは定まっていたわけですが)にお願いをしてしまいました。「3月中はもう無理」という業者ばかりで、選択の余地がなかった…ということもありましたが。

見たことのないようなとんでもない金額の見積もりを見て、荷造りまでしてもらうのはあきらめました。しかし、これは小物類の箱詰めを自分たちでしなくてはならない…ということ。私は出勤しなくてはなりませんでしたから、日中に詰め込み作業を進めなくてはならなかった妻の紫緒、そして一日中パパからもママからも全然相手にしてもらえなかった娘には本当にかわいそうなことをしました。

3月31日の午後4時頃に、引っ越し業者のトラックが到着しましたが、業者の皆さんがトラックに荷物を積み込んでいる間にも、その横で私たちが段ボール箱に小物を詰め込んでいる…という状況でした。何とか荷物を全部詰め込んで、トラックが出発したのは7時過ぎ。その後で空っぽになった部屋を掃除して、部屋の鍵は隣に住んでいる方に託して…と続き、家族3人で車に乗って下田を後にしたときには、もう9時を回っていました。浜松の紫緒の実家に着いたのは朝2時過ぎ。これではまるで夜逃げです(苦笑)。


私は翌朝新しい職場に出勤しなくてはなりませんでしたから、新居への荷物の運び込みの立ち会いは紫緒に任せることになりました。午前中に荷物はすべて下ろされたそうで、夕方に私が新居に行ってみると、部屋の中には「段ボール山脈」や「段ボール高原」が出来上がっていました。一応ベッドは組み立てられていて、寝ようと思えば寝られたんですが、さすがにこれでは落ち着きません。結局この週末まで紫緒の実家にお世話になってしまいました。

一方、5時間弱のドライブの後、睡眠時間2時間ほどで仕事に出掛けた私の方は…というと、何とか電車は乗り越さずにちゃんと降りられましたが、職場での自己紹介で思いっきり噛みまくるなど、散々な一日となりました。新しい上司に、「顔色が悪いぞ。今日は早く帰りなさい」と思いっきり心配されてしまいました。困ったものです。

早く段ボール箱の山は片付けて、新しい生活を作っていきたいんですが、箱を空けても、空けても全然数が減りません。何しろ持ち物の多い一家なので、いつになったら片付くのやら…全くビジョンが見えてきません。夏になるまでにはお客様が呼べるくらいにしたいんですが、この調子では1年くらいかかってしまいそうな予感も(汗)。まだまだ我が家の嵐は収まりそうにありません。


余談ですが、嵐といえば…の話をもう一つ。新居のベランダに、BSアンテナを取り付けました。パラボラアンテナが放送衛星をピンポイントでとらえなくてはなりませんから、アンテナの取り付け角度は実にシビアな調整になります。角度が1度ずれれば、全く受信できません。

2階のベランダで私がアンテナを調整しながら、1階のリビングで紫緒にテレビで電波強度のモニター画面を見てもらう作業になりました。説明書に、目安になる角度は記載されているので、これを元にして少しずつ角度を変えてみるんですが、しばらく粘ってみたものの、目盛が「0」から全く振れません。

仕方がないので、私も1階に下りてちょっと一服。作業を再開しようと、もう一度テレビを点けてみると、驚いたことにBS放送の放送画面が確かに映っています…荒天時用の低解像度の放送ではありましたけどね。どうやら、折からの強風で仮留めしてあったアンテナが動いて、電波を拾える角度にちょうど収まったようです。その後は微調整をして見事ハイビジョンの映像が見られるようになりました。春の嵐に、ちょっとだけ引っ越し作業の手伝いをしてもらっちゃいましたね。

「春の嵐」への4件のフィードバック

  1. おかえりなさい。
    大変な引越し作業でしたね。
    かば姉も二年ほど前の引越しでかなり疲労したけど、1週間で・・・という強行軍ではなかったなあ。
    転勤がある仕事は本当に大変です。
    落ち着いたら、天一詣でに・・・・・(笑)

  2. ドタバタの年度末年度始めお疲れさまです(汗)。また落ち着いたら遊びにお邪魔しますよ〜。
    2階でアンテナ、1階で紫緒さんがチェック・・・という事は2階建てを借りましたな?

  3. 最近天下一品詣でに行ってないなぁ…。下田には天一なかったみたいだし、引越し疲れを回復するためにもオフ会をやらなくちゃ(食べたいだけじゃないかとのツッコミはスルーしま~す)。

  4. かば姉さんへ:
    はい、それはもう大変でした(苦笑)。1週間以上経ちましたが、まだ段ボールは残っています。全然片付いた気になりませんね。
    引っ越しを少しでも楽にするには、手持ちの荷物を徹底的にスリムにするか、持ち物をずっと置いておける家を建てるか…のどちらかなんですが、どちらもなかなか厳しい道のりです(汗)。
    sasatchさんへ:
    そうなんですよ。新しい家は2階建てなんです。是非是非またお邪魔しちゃってくださいな。そのときは是非天一オフ会の方も。
    そういえば、浜松に来てから1週間以上経つのに、まだ天一には一度も行ってません。天変地異の前触れか?(汗)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です