花壇の枠ができました

2015年4月26日 : 今度は離れに注目昨日に続いて、我が家の全景をご覧いただきましょう。昨日は、太陽光発電の設備が屋根に載った話をしたわけですが、今回は離れの方にご注目下さい。

離れが笑ってます離れの東側に、白い石積みで花壇の枠が出来上がっているのが見えるかと思います。じっと見ていると、2つの窓が目に、花壇の枠の部分は口に見えてきませんか?。離れが大きな口を開けて笑っているようです。

枠の石積みはブロックなんです遠目には四角い石が積み上げてあるように見えるわけですが、実際には石積みをかたどったブロックを並べてあります。35cmほどの直線のものと、一辺が約10cmのコーナー用のものを組み合わせています。よく見ると、同じパターンが繰り返されているのに気がついてしまうんですが…まあ、気にしないようにしましょう。

水引糸の直線を見ながら並べますこのブロックを、先日芝生を張った斜面の上の、平らな部分に並べていきました。ただ並べても良いのでしょうけれど、今回はブロックがしっかり固定できるように、盛ってあった土を3cmほど削り取り、ブロックを並べてから元の高さに土を埋め戻しています。今回も、蛍光イエローの水引糸が大活躍です。

植え込みのシミュレーション1個ずつブロックに水準器を当てながら、水引糸に沿って真っ直ぐに並べていったつもりなんですが、出来上がってみると何だかデコボコに見えてしまうのは何故なんでしょうか(苦笑)。何度か修正してみたんですが、どうしても完璧に収まってくれません。結局「これが手作りの味」と開き直ることにしました。

あとは土を入れて、中に草木を植えるだけ…なんですが、妻は何をどう植えようか悩んでいるようです。何しろ、全幅4mあまりもある広大な花壇ですから、いろいろ考えてしまうんでしょうね。今のところは、鉢に植えてあるものを枠の中にいくつか並べてシミュレーション(?)しているところです。

コメントを残す