,

カメラバッグ

この週末は、「ブラックフライデー」と銘打ってバーゲンセールを展開しているところがいくつかありますね。我が家では市内のイオンモールに出かけましたが、ものすごい混雑で、駐車場に入れるときも、出てくるときもひと苦労でした。

そもそも、これはアメリカの感謝祭(Thanksgiving Day ; 11月の第4木曜日)翌日である金曜日のことで、この日からクリスマス商戦が本格的に始まっていくのだそうです。…実際には、感謝祭関連の在庫一掃セールも兼ねていたりするわけですが。

で、なぜブラックなのか?なんですが、これは「小売店が黒字になるから」というのが通説になっています。ただ、Wikipediaによると、どうやらコレは後付けの話で、もともとは人出が増えることで警察が忙しく、「(気分が)真っ暗だ」というのが始まりだそうです。まあ、普通はなかなか「Black」に明るいイメージは直結しませんよね。


α55用に買ったカメラバッグ

ブラックフライデーだから…というわけでもないのですが、今週はちょっとしたお買い物をしました。買いたかったものは、一眼カメラ・α55を収納するカメラバッグ。7年前に本体を買った直後に購入したバッグを、ずっと使い続けていました。

内張りはボロボロ

鮮やかなピンク色の、カメラバッグらしからぬデザインは気に入っていたんですが、さすがに7年も経つとくたびれてきます。内張りは既にボロボロ。ときどき、カメラを取り出すと剥がれた裏地の切れ端が貼り付いていたりして、さすがに何とかしなくては…と思っていました。


最近は、こうしたモノを買うときでもAmazonで探すことが増えました。実物を見ないで購入するのは、いまだにちょっと不安ではありますが、それでも説明文をじっくり読みながら、良さそうな商品を選ぶ…という流れには慣れてきました。

ひとまわり小さい新しいバッグ(右)

我が家に届いたのは、ひとまわり小さい新しい青色のバッグ。先代ほどではありませんが、それでも洒落た感じでカメラバッグ臭さは薄めのデザインがいい感じです。ショルダーストラップが着脱できて、裏側にはキャリーバッグのハンドル部分に通せるようなバンドも付いているので、旅行の荷物の一部としての持ち歩きにも便利です。

α55一式にちょうど良いサイズです

収納力の目安が「一眼レフ1台+交換レンズ1~2本」と書かれていたので、我が家の荷物にはちょうど良さそうだ…と思って選んだわけですが、実際にα55に標準レンズを取り付けた上で、高倍率ズームレンズと一緒に収納することができます。充電器やスペアバッテリー、各種接続ケーブルを入れる余裕もあります。


早速、このバッグを使ってカメラを連れ出しています。それにしても感心するのは、中身のα55の方には、7年の月日が経ってもほとんど劣化を感じないこと。バッテリーの持ちはちょっと短くなってきた気もしますが、撮れる写真はバッチリ綺麗です。

電子化された部分こそかなり多いわけですが、それでもフォーカルプレーンシャッターなどのデリケートな機械機構が付いた、一眼レフの文法で作られたカメラではあるわけで、普及価格帯とはいえども、手抜きのない設計で作られていたのでしょうね。最近はスリムでコンパクトなミラーレス一眼がすっかり一般的になってきましたが、もうしばらくはこのちょっと前世代的なデザインを纏ったカメラをお供に出かけようと思っています。



投稿日

カテゴリー:

,

投稿者:


1回のみ
毎月

記事を気に入っていただけましたか?よろしければ、今後のSSK Worldの活動に向けてご支援をお願いいたします。

SSK Worldを「面白い!」と思っていただける方がありましたら、今後の当サイトの活動継続に向けて、ご支援をお願いいたします。

Choose an amount

¥100
¥500
¥1,000
¥500
¥1,000
¥2,000

Or enter a custom amount

¥

ご協力いただき、ありがとうございます。

ご協力いただき、ありがとうございます。

送金送金

コメント

コメントを残す

タグクラウド

2年縛り Amazon Android BESS Bluetooth CF-B5 CF-R2 CF-R4 CF-RZ4 CF-SV8 DIY iPhone LTE Movable Type Nintendo Switch NuAns NEO Reloaded SNS SSD Webサイト Webブラウザー Windows 10 Windows XP カメラ カーナビ クルマ ショップ ステップワゴンスパーダ スマートフォン バージョンアップ ブログ マラソン レッツノート ログハウス 中日ドラゴンズ 伊豆 倉庫 健康 写真 合唱 塗装 家族 携帯電話 旅行 日本プロ野球 映画 暮らし 東京 槇原敬之 浜松 無線LAN 省電力 自作PC 芝生 花壇 薪ストーブ 薪割り 記念日 野球 音楽 食べる