二百十日

9月になりました。9月1日は「二百十日」。立春から数えて210日目ということで、この日は台風に襲われやすい…と言われているわけですが、この日が特別というわけではなく、そろそろ日本では秋の台風シーズンに入ってくるという意味合いで捉えれば良いと思っています。とはいえ、今年は既にいくつもの台風が来襲しているのですが。

来週も、台風21号が本州に接近、上陸する可能性があるそうです。今年の台風の中でも最強クラスということで、この週末は我が家の台風対策として庭木の支柱を補強しました。

ミモザアカシアの支柱に麻紐を張りました

特に背が高くなっていて、支柱を継ぎ足したこともあり不安定になっていたミモザアカシアは、支柱に3方向から麻紐を張って、地面にペグを打ち込んで止めてあります。これで、ぐらぐらしていた支柱が、一気に固定され、手では簡単に動かなくなりました。

ユーカリの支柱は継ぎ足しました

既に支柱を超えて伸びているユーカリも、同様に麻紐で固定すると共に、支柱を継ぎ足しておきました。これで、とりあえず台風21号の風雨は乗り切れるよう祈っています。

枝が横に伸びたエルダーフラワーも心配の種

実は、台風の影響という点では、枝が横に伸びてきたエルダーフラワーも相当心配です。7月末の台風12号の後で、長い枝はある程度切り落とし、支柱も立て直してはあるのですが、あれからまた枝が伸びていることもあり、どうなっていくのか全く読めません。支柱自体はしっかりと立っているので、こちらも無事乗り切れるよう祈りましょう。もしかすると、もうちょっと大胆な剪定も必要かも知れませんが…。

コメントを残す