360 Reality Audioを聴く

360 Reality Audioを聴く

Galaxy Watch4のディープなお話が続きましたが、また完全ワイヤレスイヤホン・WF-1000XM4の話題に戻ってきました。どちらも話題にしたくなるようなネタが満載のアイテムなんですが、Galaxy Watch4ではデータを蓄積しなくてはならない話も多くて、WF-1000XM4の方が今のところちょっと先行しています。

ハイレゾ、聴き放題」のときにちょっと言葉だけは登場しましたが、WF-1000XM4は「360 Reality Audio」認定を受けている製品です。これは、その名のとおり360度、前後上下左右の任意の位置に音を定位させ、「アーティストの生演奏に囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感」できるという、いわゆる立体音響の一種です。

続きを読む “360 Reality Audioを聴く”
四半世紀

四半世紀

SSK Worldという名前でWebサイトの運用を始めたのが1997年2月22日。それからちょうど25年が経ちました。2022年2月22日というのは、四半世紀の時の流れを振り返るというだけでなく、2とゼロだけで書けてしまうという意味でも、ちょっと楽しい区切りです。ただ、今後こんな遊びができる日がしばらくなさそうなのは、ちょっと寂しいところなのですが。

続きを読む “四半世紀”
心電図と血圧の封印を解く

心電図と血圧の封印を解く

スマートウォッチ・Galaxy Watch4購入したことをお披露目したときに、ハードウェアとしては心電図や血圧も計測できるようになっているが、日本では無効にされている…と紹介しました。裏を返せば、ソフトウェア側で何とかして有効にすることができれば、心電図も血圧も測れるはずなのですが、話はそう簡単ではありません。

心電図計や血圧計等は、日本の「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」上での「医療機器」となり、販売するためには厚生労働省の承認を得なければなりません。これは日本に限ったことではなく、各国が同様に国内法の枠組の中で管理しています。ヒトのカラダが国によって極端に違うわけでもないわけで、国際的なルールで一発OKにしてくれれば良いのに…と思うところですが、それぞれのお国の事情もあるでしょうし、仕方ないのかも知れません。

続きを読む “心電図と血圧の封印を解く”
右手でも使える

右手でも使える

私のスマートウォッチ・Galaxy Watch4で、17日からシステムアップデートの配信が始まっています。更新される内容はかなり多岐にわたるようですが、特に健康管理に関する部分は、何日かのデータを蓄積することで有効になるものが多いようで、しばらく使ってみないとよくわからないところです。エクササイズや睡眠追跡など、いろいろ面白いアップデートが行われたようで、今後使ってみたいと思っています。

続きを読む “右手でも使える”
眠りを測る

眠りを測る

昨年末に新しいスマートウォッチ・Galaxy Watch4を購入したわけですが、その後数本記事を上げたきりで、しばらく放りっぱなしになってしまいました。もちろん何もしていなかったわけではなく、ましてや新しいオモチャが届いて飽きてしまったわけでもなく、毎日手首に巻いて暮らしております。しかし、それにしてもWF-1000XM4の記事、7連投もしちゃったんですね、ワタシ(苦笑)。

続きを読む “眠りを測る”