5年生きたが

5月23日は私の誕生日です。どんな1年を過ごしても、生きてさえいればこの日がやって来るわけですが、振り返ってみると、また1年を無為に過ごしてしまったのでは?という不安に駆られます。

生きてて、よかった。」とだけ書き残してから、5年が経ちました。あのときに、生きていることのありがたみを再確認したはずなのですが、気がつけばすっかり緊張感が緩んでいると思い知らされます。思うようにならないことに文句を言いながら過ごす日の、なんと多いことか。人生には愚痴なんてこぼしている余裕があるとは限らないのです。それこそ明日の朝を平穏無事に迎えられるかだってわからない。

現在のところ、私にとっていちばん広がりのあるつながりはFacebookの友達ということになりそうですが、生命に関わる大病をくぐり抜け、後遺症を抱えたりもしながら、むしろそれまで以上に前へ、前へと進み続けている方が何人もいます。タイムラインに上がる近況を見ると刺激を受けてはいるのですが、それが自分の行動に結びついていない気がします。

とりあえず、今のところまだ人生は終わらないようです。やれる限りのことは、やらせていただきましょう。

コメントを残す