背伸びするミモザ

3月も終わりが近づいています。例年、3月の年度末はおカネをいただく仕事がバタバタしていてタイヘンなイメージがあるのですが、今年はどういうわけか進捗管理がウマく行って、最後の1週間は結構ゆったりとした日々を過ごすことができました。この経験は何としても来年度に生かしたいのですが、その時になってみなければ、どうなるかわからないからなぁ…後は祈るのみ、か。

というのはともかく、我が家の仕事の方は全然予定どおり、イメージ通りには進まず四苦八苦しています。それでも、植物相手で時期にシビアな仕事も多いので、万障繰り合わせて、なんとか片付けていきたいところです。

この週末は、花がほぼ終わったミモザアカシアの枝を剪定しました。幹から10 cmくらいのところを目安に、バッサリと切り落としていきます。知らない人が見たらぎょっとしそうなくらいに、スッキリと細くなりました。もちろん、これだけ大胆に切り落としても、元通り以上に枝が生い茂ってきます。

全高2.5 mくらいまで伸びたので、上の方の枝は背伸びしながらでなくては切ることができません。7年前に我が家にやって来たときにはせいぜい高さ20 cmくらいしかない小さな苗だったことを思い出すと、感慨深いものです。来年のこの時期には、脚立を持ってこなくては切れないくらい高く…なってくれれば良いのですが。

ついでに、昨年の夏に立てた支柱を外しておきました。アタマが軽くなったこともありますが、幹自体も夏よりはやや太くなり、ちゃんと重さを支えられるくらいにはなってきました。また花芽が伸びてきた頃に必要になったら、そのときに対処しましょう。


またしてもカイガラムシが(泣)

枝を切り落とし、風通しも見通しも良くなったわけですが、幹や枝には白いモノがそこかしことに張り付いているのがわかります。これは我が家のミモザではお馴染みのイセリアカイガラムシですね。なかなか根絶とはいきません。

刷毛で削ぎ落としました

基本的には、枝についてはカイガラムシが付いているところをまるごと切り落としていきましたが、幹や太い枝に付いているところまで全て切り落としてしまうと、木が無くなってしまいます(涙)。というわけで、こうした場所については使い古した刷毛を使って削ぎ落としていきました。

見える限りは全て削ぎ落としたつもりなのですが、こういうのは往々にして取り残しているものです。特に、カイガラムシは白い卵の部分が無い状態だと、小さくて見落としやすいですからね。当分は、できる限り毎日カイガラムシチェックをしようと思います。



投稿日

カテゴリー:

投稿者:


1回のみ
毎月

記事を気に入っていただけましたか?よろしければ、今後のSSK Worldの活動に向けてご支援をお願いいたします。

SSK Worldを「面白い!」と思っていただける方がありましたら、今後の当サイトの活動継続に向けて、ご支援をお願いいたします。

Choose an amount

¥100
¥500
¥1,000
¥500
¥1,000
¥2,000

Or enter a custom amount

¥

ご協力いただき、ありがとうございます。

ご協力いただき、ありがとうございます。

送金送金

コメント

コメントを残す

タグクラウド

2年縛り Amazon Android BESS Bluetooth CF-B5 CF-R2 CF-R4 CF-RZ4 CF-SV8 DIY iPhone LTE Movable Type Nintendo Switch NuAns NEO Reloaded SNS SSD Webサイト Webブラウザー Windows 10 Windows XP カメラ カーナビ クルマ ショップ ステップワゴンスパーダ スマートフォン バージョンアップ ブログ マラソン レッツノート ログハウス 中日ドラゴンズ 伊豆 倉庫 健康 写真 合唱 塗装 家族 携帯電話 旅行 日本プロ野球 映画 暮らし 東京 槇原敬之 浜松 無線LAN 省電力 自作PC 芝生 花壇 薪ストーブ 薪割り 記念日 野球 音楽 食べる