ミモザの下

7月26日は夏の土用の間日間違ってますねぇ)。ということで、おカネをいただく仕事はこの日は一日休みをいただき、「草取り休暇」に使うつもりでした。しかし、暑い日になる可能性は念頭にあったものの、それにしてもあまりに暑すぎました。結局、せっかく休みをもらったのに昼間はあまり作業が進まない…という、何とも情けない一日になりました。

やりたい場所ならいくらでもあるのですが、やっぱり最優先でやっておかなくてはならないのが、妻の店の前の花壇やレンガ敷きがある辺りです。現状は荒れ放題で、人が住んで、さらには店を営業しているようにはとても見えません(涙)。ココだけは何とかしなくては!ということで取り組みました。

目立つ草から引き抜いて、それ以外は草刈機で平らにしていく…というつもりだったのですが、あまりに暑すぎて午前10時前にはヨレヨレに。前半戦も終了せずに屋内避難となりました。

午後になり、日影ができてくる頃を見計らって作業再開。何とか予定していた作業は終わりました。芝生の下に潜っていたレンガ敷きも、ずいぶん見えるようになりました。でも、せっかくならモッコウバラのシュート剪定も、奥の庭の草取りも済ませたかったなぁ(涙)。庭仕事は全然思ったように進みません。


ミモザの木の下に大量の雑草が

雑草はほとんどどこにでも生えているのですが、特に目立ったのが店先のミモザの木の下。ほどよく日影ができているのが、暑すぎずにちょうど良いのかも知れません。しばらくココに座り込んで、草取りをすることになりました。

そもそも、ミモザの木の「下」と表現できるくらい大きくなったのだ…ということに気がついて、何だかウレシイですね。ココまで大きくするまでに、結構いろいろ苦労しました。最初に植えた苗は根付きませんでしたし、2本目も樹勢がなかなか思ったように強くならず、細くて頼りありませんでしたし。カイガラムシとの格闘も何度かありました

支柱を1本立てて、軽く剪定

いちばん高い枝が道路の方向に垂れ下がってきつつあったので、支柱を1本立てて上に向けておきました。高さは2.5 mを超えたあたりで、ホントに立派になりました。この枝には、幹の候補としての自覚を持ってもらい、もう少し高く伸びてほしいところです。

これに合わせて、内側に伸びている枝を何本か軽く剪定し、風通しを改善しておきました。放っておくと、カイガラムシの温床になったりしますからね。こまめに手を入れておかなくてはなりません。

花芽は大量に付いています。来年の春には、また黄色い花を楽しませてもらいたいものです。この後の台風に襲われる季節を、どう乗り切るかが肝心だと思っています。基本的には、直撃しないように祈るしかありませんけどね。



1回のみ
毎月

記事を気に入っていただけましたか?よろしければ、今後のSSK Worldの活動に向けてご支援をお願いいたします。

SSK Worldを「面白い!」と思っていただける方がありましたら、今後の当サイトの活動継続に向けて、ご支援をお願いいたします。

Choose an amount

¥100
¥500
¥1,000
¥500
¥1,000
¥2,000

Or enter a custom amount

¥

ご協力いただき、ありがとうございます。

ご協力いただき、ありがとうございます。

送金送金

コメント

“ミモザの下” への1件のコメント

  1. webmasterのアバター
    webmaster

    26日が間日なのは、2022年の話。すっかり勘違いをしていました。それにしても、間違えたまま職場に休みをもらい、まる2日庭の土を引っかき回し、ブログ記事まで上げてしまったわけで、何ともお恥ずかしい限りです。
    「間日を間違える」 https://www.sskworld.net/2023/07/mabi2023summer.php

コメントを残す

タグクラウド

2年縛り Amazon Android BESS Bluetooth CF-B5 CF-R2 CF-R4 CF-RZ4 CF-SV8 DIY iPhone LTE Movable Type Nintendo Switch NuAns NEO Reloaded SNS SSD Webサイト Webブラウザー Windows 10 Windows XP カメラ カーナビ クルマ ショップ ステップワゴンスパーダ スマートフォン バージョンアップ ブログ マラソン レッツノート ログハウス 中日ドラゴンズ 伊豆 倉庫 健康 写真 合唱 塗装 家族 携帯電話 旅行 日本プロ野球 映画 暮らし 東京 槇原敬之 浜松 無線LAN 省電力 自作PC 芝生 花壇 薪ストーブ 薪割り 記念日 野球 音楽 食べる