「クライマックスシリーズ」タグアーカイブ

有終の美

昨日甲子園球場で行われた、プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズファーストステージ、阪神タイガース対広島東洋カープの一戦。昨日お伝えしたとおり、この試合はカープが制してファイナルステージに駒を進めたわけですが、敗退が決まったタイガースのファンたちにとっても、大いに盛り上がる場面がありました。
7-2の5点差で迎えた9回裏、2死1塁。代打に出てきたのは、今季限りで現役引退を発表している桧山進次郎選手でした。彼の一振りは、右翼ポール際に飛び込む芸術的な2点本塁打。リーグ戦ではホームランは1本もなかった「代打の神様」が、土壇場で意地を見せました。
残念ながらタイガースは試合に敗れ、結果的にこのホームランが彼の現役最後の打席となりました。「有終の美」と言えばカッコいいのかも知れませんが、日本一を目指して戦ってきたチームにとっても、彼自身にとっても、この打席は最後にしたくなかったはずです。悔しさは残ってしまったのではないでしょうか。

続きを読む 有終の美

これも球団史上初

日本プロ野球パ・リーグでは、東北楽天ゴールデンイーグルスが球団史上初のリーグ優勝を達成しましたが、セ・リーグに目を移してみると、我らが中日ドラゴンズが、実に残念な「球団史上初」の実績を作っています。

2007年のシーズンから、ペナントレースの上位3チームの中から改めて日本シリーズに出場するチームを選ぶクライマックスシリーズ(CS)が導入されました。最初の年には、早速ドラゴンズがこのシステムに乗ってリーグ2位から「日本一」になったわけですが、あの年以来ずっとリーグ3位以内を維持していたドラゴンズも、今年は久々のBクラスが確定。球団史上初めて、CSに参加せずにシーズンを終えます。 続きを読む これも球団史上初