「ハイブリッド」タグアーカイブ

1年で15,136km

ステップワゴンスパーダ・乗り始めてから1年

昨年の10月に我が家にやって来たステップワゴンスパーダが、法定の12ヶ月点検を受けました。ここまで1年間の通算走行距離は15,136km。ひと月あたりにすると、約1,260kmを走っていることになります。

6ヶ月点検のときにも、これまでになく長い距離を乗っている…とご紹介しましたが、その後の半年間もほぼ同じくらいのペースで距離を伸ばしてきました。このクルマに乗り換える前は、いろいろと周囲の環境が変わっているのにもかかわらず、1年で10,000km程度の走行距離が変わらなかったのに、どうしてこんなことになったのか不思議です。 続きを読む 1年で15,136km

SPADA Hybrid

我が家の愛車でもあるホンダのミニバン・ステップワゴンで、このたび「マイナーモデルチェンジ」が行われました。SSK Worldでも何度かご紹介しているとおり、決して出来の悪いクルマではないと思うんですが、並み居るライバルたちと比べると、どうもイマイチ売れ行きが良くないそうで、これを巻き返すべく大幅にテコ入れされたようです。 続きを読む SPADA Hybrid

せっかく付いてるのに

HP Pavilion Wave 600-a072jp

先日購入した新しいデスクトップPC・HP Pavilion Wave 600は、コンパクトなデザインこだわり系の筐体ながら、意外にハイパフォーマンスを狙ったパーツ構成が魅力。そのうちのひとつが、SSD+ハードディスクのハイブリッドなドライブ構成です。

Windowsのシステムは、圧倒的に高速なアクセスが可能なPCI Express Gen3x4接続のSSDにインストールされ、SSDは新世代のNVMe規格で制御されます。しかし、SSDの容量は128GBしかありませんから、これとは別にデータ用として2TBのハードディスクも内蔵されています。

当然、システム上ではSSDがC:ドライブ、ハードディスクがD:ドライブとなっているわけですが、工場出荷直後の状態では、ユーザーがデータを保存するフォルダーはC:ドライブ内に設定されていて、特に意識しない限りは、D:ドライブはせっかく付いているのに全く使われない状態となっています。 続きを読む せっかく付いてるのに

嘘つきとまでは言えないが

先日、いきなり出荷停止中であることを話題にした日産の新型セレナですが、どうやら不具合が解消され、出荷を再開したようです。最新技術が投入された新型車が手元に届くのを楽しみにしていた皆さんも、これでひと安心…というところでしょうか。

既に購入者の皆さんの手に渡っている分については、正式にリコールの手続が取られたようです。まだ発売からひと月も経っていないのに、対象台数は1万台弱にも及びます。予約販売分が相当大量にあったことが窺えますね。

リコール扱いとなりましたから、発売から間もないことですし、不具合は時間が掛かっても全てのセレナでしっかり直されるはずです。不具合からどうリカバリーするか、そしてその後どう進んでいくかが大事ですよね。

続きを読む 嘘つきとまでは言えないが

1年も経たずに (1)

スマートフォン・Xperia Z4を衝撃などから保護するために、Deff(でぃーふ)のCLEAVE Hybridバンパーを使っています。その名のとおり、アルミニウムとカーボンファイバー積層樹脂材の2種類の材料を組み合わせて作られた、なかなかリッチな仕様のバンパーとなっています。

カーボンファイバーのバンパーにヒビが

先日、アルミとカーボンの接合部が外れてバラバラになった話をしたところなんですが、今度は、カーボンファイバー部分が割れてヒビが入った状態になってしまいました。落下させたときに、バンパーが壊れることによって本体を守る…というのが、この手のアイテムの基本的な考え方ですから、仕方がないのはよくわかっているつもりなんですが、1万円以上も出して購入したものが、1年も経たずに壊れてしまうのはさすがに辛いですね。

普段からスマホを結構いろいろなところに落としたり、ぶつけたりしてしまう私の場合、バンパーやケースを取り付けずに裸で持ち歩く…というのはちょっと考えたくありません。早速、代わりのバンパーを物色しました。 続きを読む 1年も経たずに (1)

ハイブリッドの弱みか、強みか

私は、愛用のスマートフォン・Xperia Z4を落下などの衝撃から保護するために、ガラス製の保護シートとバンパーを装着して、ぐるりと6面を覆っています

先日は、背面の保護シートが割れる…というアクシデントに見舞われて、新しいものに貼り替えたところです。その後、駅のホームで派手に取り落としたときにも冷や汗をかきましたが、全くの無傷。割れてしまったときは、よっぽど当たり所が悪かったのかも知れません。 続きを読む ハイブリッドの弱みか、強みか

6面を覆う

私が今後2年間の相棒としてXperia Z4を選んだ大きな理由の一つが、防水・防塵仕様であることでした。しかも、従来のスマートフォンでは画面が濡れるとタッチ操作はまず不可能だったんですが、Xperia Z4では、画面に水滴が乗っている程度なら、ほぼ通常通りにタッチパネルが反応してくれます。「IPなんたらかんたら」のスペックだけではわからない、重要な強化ポイントですね。

しかし、どこにでも持ち歩こうとするときにもうひとつ心配なのは、落下したときなどに壊れてしまわないかどうか。Xperia Z4では、側面のメタルフレームでも四隅のみに樹脂パーツを配するなど、こちらの方面でも対策を打っています。しかし、心配性の私は、基本的にほぼ直方体である筐体の、6面すべてを包み込むように各種保護パーツで覆っています。

続きを読む 6面を覆う

新飾り棚はハイブリッド

去年、妻の店がイベントに持ち込むために、分解組立型の飾り棚を作り、去年から今年にかけて、いろんな場所に持ち運んで使いました。非常によく働いてくれたのですが、使っていく間にいくつか問題も明らかになってきました。

イベント用の新しい飾り棚そこで、先月あたりから2代目の飾り棚の製作に取りかかっていましたが、とりあえず使えるモノが出来上がりました。問題になっていた点を改良して、かなり良いモノになったのでは無いかな?と自負しています。

新しい飾り棚の完成寸法は、棚板の幅120cm、奥行き30cmは従来と同じなんですが、全高が135cmに下げられています。15cmほど下がったわけですが、これはイベントに来場するお客様たちの身長を考えたもの。150cmの棚の上に商品を載せても、女性ではちょっと見にくかったんですよね。

続きを読む 新飾り棚はハイブリッド