「剪定」タグアーカイブ

右と左と

9月もちょうどど真ん中。嬉しいことに、夏の暑さがだんだん収まって、過ごしやすくなってきたこの時期に、カレンダーには3連休がやって来ます。年によっては祝日の位置関係でもっと複雑なことも起きたりしますけどね。

ラティスが2枚、支柱が3本、あとは金具類を買ってきました

ともかく、土用のような面倒な縛りもなく、連休を使ってじっくりと庭いじりに取り組めるわけで、実にありがたいことです。というわけで、この週末は近所のホームセンターでこんなモノを買ってきました。60cm×90cmのラティスを2枚、これを立てるための支柱3本と取り付けのための金具類です。妻のショップのデッキにこれを取り付けて、柵のようにしてみます。

続きを読む 右と左と

立て直し

大型の台風12号は、昨夜遅くに我が家の南海上を抜けていったようです。これまでも台風には何度も襲われているわけですが、今回は東側から西へ抜ける「逆走台風」ということで、「過去の経験が通用しない」と報道されたりもして、どうなることか心配していました。

結果的には、我が家の近辺では河川が氾濫して浸水したり、土砂崩れで住家が崩壊したり…というような大惨事には見舞われずに済み、ホッとしているところです。浜松市内では停電もかなりあったようですが、幸い今の家に引っ越してからは長時間の停電に襲われたことはありません。ありがたいことです。ともかく、デッキの防風壁が崩壊しなかったのがいちばんの収穫ですね。

とはいえ、一時は我が家も台風の暴風雨域に入り、大雨・暴風の警報が出ていたわけで、全く無事に済むわけがありません。いちばんの被害を受けるのは、庭に植えられている木々だったりします。避難させるわけにも行きませんからね。 続きを読む 立て直し

土曜大工、日曜庭師

先週末は「梅雨時の貴重な晴れ間」なんて話をしたような気がしますが、この週末も、ちょっと雨には降られたものの、基本的にはよく晴れて、外での作業もはかどりました。関東甲信越では異例の速さで梅雨が明けたそうで、東海地方も記録的に短い梅雨となるのは時間の問題かも知れません。

続きを読む 土曜大工、日曜庭師

みんな元気に伸びてます

梅雨どきは、多くの植物たちが大きく育つ時期です。成長に必要な大量の水、強さはそこそこですが長時間の日射、そしてほどよく高い気温が提供されますからね。もちろん、我が家でもみんな元気いっぱいに伸びてきています。 続きを読む みんな元気に伸びてます

切っても大丈夫

先々週にバッサリと剪定したミモザアカシアの枝から、早くも新芽が次々に伸びてきています。「剪定しても大丈夫。すぐに芽が出てくる」という話は聞いていましたが、それにしてもたったの2週間。生命力の強さにビックリしています。

シマトネリコも元気です

シマトネリコの方も、新しい枝が上へ上へと伸びています。この調子だと、また背が伸びていって毎年のように剪定することになるのでしょうけど、形がカッコ良くなるように考えながら切っていきたいですね。

cut, cut, cut

6月になりました。我が家ではバラのシーズンはずいぶん前に終わりましたが、いろいろな植物たちが大きく伸びてくる季節です。

そして、この時期は、伸びてきた木の枝などを剪定するのにも向いています。樹種によって異なる面はもちろんあるわけですが、植物のカラダを痛めつけることになるわけですから、伸びる元気が十分ある時期は適期の候補になり得ます。

そろそろ梅雨の足音も聞こえてきた今日この頃。もしかすると、これが梅雨入り前の最後の晴天になるかも知れない…ということで、この週末は庭木をカットしまくりました。

続きを読む cut, cut, cut