西側でがんばる

先日、デッキの西側に壁を付けて強風に対抗しよう!という案を披露したところです。ゴールデンウィーク前の土用の時期に、一気に作ってしまいたいところですね。土を動かしてはいけないのなら、動かさなくても済む仕事をしよう…という目論見です。

とはいえ、土用が始まるのは17日から。次の週末はまだ土を動かしても大丈夫です。さて、それでは何をしようか…ということになったわけですが、先週末はもうひとつ我が家の西側で気になっていたところに手を入れました。


砂利の下からスギナが(汗)

…とは言ったものの、まずは草取りから。大量のスギナがはびこっていました。5cmほどの砂利敷きの下には、防草シートも張ってあるんですけどね。成長の早さもそうですが、奴らの生命力はホントに底知れません。

薪小屋、物入れ大移動

草取りを済ませた後、薪小屋2号館から薪を全て取り出し、2mほど北に移動させました。代わりにスチール製の物入れを南に移動させたので、通路の幅はなんとか確保しています。しかし、薪を出しても薪小屋はさすがに重かったですね。とはいえ、これが飛ばされそうになるほどの風が吹くこともあるわけで(汗)。

土が剥き出しのスペース

薪小屋2号館があった場所には、地面が剥き出しになったスペースができました。このままにしておくわけには行きませんが、砂利はまだ敷いてありません。

母屋には大きな窓があります

というのも、ここには、何か木を植えて、母屋の窓に差す西日を避けるようにしたいと考えているから。週末には苗木が届く予定になっています。なんとか根付いてほしいですね。

コメントを残す