壁枠が立ちました

先週は珍しく週末の土曜日が仕事で、翌週火曜日の6日が代休となりました。せっかくの休みだから…ということで、以前から気になっていた庭の芝生の手入れも進めたのですが、それでも現在最大かつ緊急性が高いミッションは、新しい倉庫づくりです。

壁枠を途中まで作り、これを立ててあったわけですが、このままでは台風など来てしまったときに倒壊してしまいかねません。最低でも、壁枠がぐるりと立ち上がり、結合した状態である程度の強度が確保できている必要があります。もちろん、板を張り付けてこその枠組壁構法ではあるわけなのですが。


まずは東側の壁枠から ; 入口ドアの大きな開口部が特徴的

残り2枚を作らなくてはならない壁枠、まずは東側からです。ここには入口を設けることになるため、ドアの填まる大きな開口部が空けてあるのが特徴。当然、縦に入る桟の本数が減ってしまうので、歪みが出ないように特に気をつけて組み立てます。

中央に立てる壁枠 ; 階段を固定するための桟が入れてあります

最後に作ったのが、中央に立てる壁枠。ここには階段を固定することになるので、位置を計算しつつ横桟を入れてあります。2枚の壁枠は縦横サイズは全く同じなのですが、作りも重さもずいぶん違ってきます。

北側の壁枠には階段の1段ずつを載せるための枠を追加

北側の壁枠には、階段を1段ずつ載せていくための枠を追加しました。これでずいぶんイメージづくりがしやすくなります。

壁枠をすべて立て終わりました

組み立てた2枚の壁枠を所定の位置に立てて、壁枠同士を留め、基礎にも固定。これですべて立て終わりました。

階段周りもイメージが湧くようになってきました。

階段周りも、かなりイメージが湧くようになってきました。2×4材を間に渡して固定すれば、一応上まで登ることもできる程度の強度は確保できました。

とりあえずホッと一息ですが、来週にも台風が接近するかも知れない…という物騒な話もあります。板を打ち付けなくては期待される強度は出ないはずなのですが、一方で壁になってしまうと風を受けて倒壊しやすくなるのでは?との危惧もあります。合板を買ってきて打ち付けるか否か、まだ迷っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です