ほぼやり直し前まで

先週末は土・日と出掛けていたので進められなかった、我が家の新倉庫建築。今週はずっと、早く続きを進めたくてうずうずしていました。しかもこの週末はウレシイ3連休。まあ、3日あってもそれがまるまる使えるわけではないんですけどね。

斜め45度の壁の仕上げから…滑り台ではありません(笑)

まずは、先々週の週末に作ってあった、斜め45度の壁のあたりの続きから。とにかく、防水透湿シートが剥き出しになっている場所はなくさなくてはなりません。水が入り込む隙間ができないように、水が溜まる場所ができないように…と気をつけながら、板をつないでいきました。

特につなぎ目のあたりは要注意。丸ノコやジグソーのガイドを斜めにセットして切り込む場面がたくさんありました。垂直ではない角度で、しっかりと押し当てるのは意外に難しいですね。慎重かつ大胆な操作が求められます。


あと二枚もあれば、外壁は張り終わり…だったのですが

続いて、階段内側の壁を、ふたたび下見張りで張り付けていきました。しかし、残りあと2枚というところで、野地板の自宅在庫がなくなってしまいました。

9月末には余裕を持って買い込んであったつもりだったんですが、あのときは階段の作り替えは想定していませんでしたから、足りなくなるのは仕方ないところ。しかし、切り損じて形が合わなかったり、釘を打ったら板が割れてしまったり…ということも結構ありましたからね。これは何とも情けない。

倉庫の中は木っ端だらけ

細切れに刻んだり、割れてしまったりした木は、倉庫の中に大量に溜まっています。まあ、残った資材で未塗装のものは、すべて薪ストーブの焚き付けにしてしまうつもりですけどね。十分乾燥している針葉樹ですから、おあつらえ向きです。


久々にホームセンターでお買いもの

ともかく、材料がないことには始まりません。日曜日の朝は、久々にホームセンターに出掛けて、野地板をひと束買ってきました。

束の上に小さな缶がひとつ載っています。これは倉庫を塗装するための塗料。どんな色を塗るかも、だいたい決めました。ニトリルゴム製の手袋も忘れずに。屋根を葺くときやシーリングのときにも使っていたのですが、穴が空いてしまったので新調します。

やり直し前の状態まで戻ってきました

買ってきた板を使って、作業続行。無事外壁の下見張りはすべて済みました。これで、ほぼ「イチからやり直し」前の状態まで戻ってきたことになります。もっとも、階段の踏み板自体はまだ付いていないので、厳密には戻っていないのですが。

さて、ちょっと寄り道はしてしまいましたが、これでまた作業を先に進めていくことができます。…まあ、今日のうちに少しは進んだのですが、続きはまた次回。明日もありますし、ね。

コメントを残す