レッツノート・CF-SV8の内蔵SSD交換用に、1 TBのSSDを探すことにしました。前回も整理していますが、必要になるのは「PCIe Gen3x4互換の、NVMe仕様のM.2接続SSD」。見た目は板ガムくらいのサイズの小さな基板に半導体パーツが載ったモノですが、その正体は大容量・超高速を誇るPC内蔵用の記憶媒体です。

これまた前回も触れましたが、例えばAmazon.co.jpで「nvme m.2 ssd 1tb gen3」などと検索してみると、実に数多くの製品が並びます。こんなにたくさんあったら、どれを選んだら良いのか迷ってしまいそうですが、たったひとつの選択基準を設けるだけで、大幅に絞り込むことができます。それは、「使用するパーツを自前で用意できる半導体メーカーの製品を選ぼう」ということ。

M.2 SSDの上には実際にデータを記録する「NANDフラッシュ」の他に、データの読み書きを制御する「コントローラー」、読み書きするデータを一時的に保管して外部とのやりとりを高速化する「キャッシュ」として使う「DRAM」などの半導体が搭載されています。これらを他から買ってきて組み立てているメーカーよりも、自社生産しているメーカーの方がパーツの性能を引き出せそうな気がする…と思っていたわけですが、それ以前の問題として、自前のパーツで製品が作れることは「パーツの品質を担保できる」ということであり、必然的に高品質な製品が作りやすくなります。買う側からすると、失敗作を掴まされにくい…というわけです。

先に挙げた3つのパーツをすべて自社(または自社グループ内)で生産できるメーカーとして、パッと思いつくのはSamsungとMicron(製品ブランドはCrucial)。最近は基板上にDRAMを載せずPC側のメインメモリーを活用するHMB(Host Memory Buffer)を使うことで低コスト化を図る製品が増えていますが、NANDフラッシュとコントローラーの2つなら、Western Digital(SanDisk)も内製できる力があります。他には、NANDフラッシュを生産しているメーカーとしてKIOXIA(キオクシア;旧東芝メモリ)やSolidigm(ソリダイム;元はIntelのSSD部門)あたりもあります。ただし、内製できるメーカーがすべてそうしているわけでもなく、時にはあえて他社パーツを組み合わせることもあるようです。


予算は「1万円程度」ということで、特別に納得できる要素があるのなら1万3千円くらいまではなんとかしよう…という気持ちでいました。安いだけではなく、性能の方も最低限現在のレベルは維持したいところ。標準で内蔵されているSSDのベンチマークが基準になってきます。既にシーケンシャルの読み出しでは3 GB/s超えしていましたから、そこは譲れないところです。

条件に合致するモノとしては、超メジャーどころではSamsung 980がありますね。シーケンシャルの読み書きはいずれも3 GB/s超えで、PCIe Gen3x4での上限に迫る性能となっています。HMBの採用で、基板上にはチップはNANDフラッシュとコントローラーがひとつずつ、計2つしか載っていない…という超シンプル設計になっています。

WD Blue SN570も、Samsung 980と同様に3 GB/s超えの性能を持ちながらも、1万円ちょっとで買える普及価格帯の製品です。これまた同様のHMB採用による、シンプルなレイアウトの基板も特徴のひとつ。もちろん、それが低価格化にも寄与しているはずです。

ただ、HMBを採用した製品は、SSDとメインメモリーの間に挟まるCPUへの負荷が高くなるのではないか?というのが懸念材料です。第12/13世代Coreプロセッサーのような最先端の高速・メニーコアCPUをぶん回しながら使うのなら問題ないのかも知れませんが、今回は対象が少々年季の入ったPCということになるので、余裕のないCPUに余計な負担は掛けたくないところです。

DRAMを搭載した上でこれらと同じ価格帯で販売され、しかも3 GB/s超えのスペックを持つのが、KIOXIA EXCERIA PLUS G2。日本メーカーの製品ということもあり、私としてはコレを推したいところだったのですが、基板の両面にチップが搭載される、いわゆる「両面実装」の設計になっていることが問題でした。CF-SV8では、両面実装の製品だとスペースが足りなくて取り付けることができません。ノートPC向けだと、そうした方向の条件の検討も必要になってきます。


片面実装でDRAM搭載のモデル…ということで探していたところ、「SK hynix GOLD P31」というモノを見つけました。SK hynixは個人ユーザー向けの商品ではこれまであまり見かけなかったメーカーですが、半導体業界では最大手の一角であり、SSDのすべてのパーツを内製できる数少ないメーカーのひとつです。メーカー製PCの内蔵SSDでも名前を見かけたことはありましたが、個人向け商品が日本で手に入るようになったのは、ここ数年のことではないかと思います。

このGOLD P31も、NANDフラッシュ・キャッシュDRAM・コントローラーがオール自社製パーツという構成になっています。SK hynixといえば、IntelからSSD事業を買い取ってSolidigmを始めた会社でもあるわけですが、それとは別の話で、もともと持っていた自社技術を集積したものになります。

海外サイトではレビュー記事もいくつか出ていて、バランスの良いハイパフォーマンスの割に低消費電力…というノートPC向けの素性が好印象でした。日本語の記事としては、今年に入って「ちもろぐ」さんから出ましたから、コレが読みやすいでしょうか。

実は、いちばん印象に残ったのは、他社製品のような「ローエンド感」をあまり感じないパッケージングでした。まだPCIe Gen3x4が完全にローエンドに追いやられる前の2020年にデビューした商品ということもありますが、当時最先端のパーツを集めて丁寧に作られています。


昨年末あたりから、このSK hynix GOLD P31は有力候補だと思っていましたが、決定的だったのはAmazon.co.jpの初売りで1万円を大きく割る売値のタイムセールが実施されたこと。同クラスのライバル製品たちも軒並み値下がりしていましたが、SK hynix GOLD P31はSamsung 980よりも、WD Blue SN570よりも安くなっていました。

実際の交換作業は4年保証が切れる2月に行う予定でしたが、ちょうど他にも初売りで買いたいモノがいくつかあったので、せっかくだから購入してしまおう!と一念発起。他に必要になるものも合わせて、一気に手配しました。これで初期不良のチェックも、データ移行作業の試行も行える状態になりました。

こうして、いよいよSSD交換に向けて本格的に動き出した…わけですが、続きはまた今度。長い文章は苦手なのです(涙)。



1回のみ
毎月

記事を気に入っていただけましたか?よろしければ、今後のSSK Worldの活動に向けてご支援をお願いいたします。

SSK Worldを「面白い!」と思っていただける方がありましたら、今後の当サイトの活動継続に向けて、ご支援をお願いいたします。

Choose an amount

¥100
¥500
¥1,000
¥500
¥1,000
¥2,000

Or enter a custom amount

¥

ご協力いただき、ありがとうございます。

ご協力いただき、ありがとうございます。

送金送金

コメント

コメントを残す

タグクラウド

2年縛り Amazon Android BESS Bluetooth CF-B5 CF-R2 CF-R4 CF-RZ4 CF-SV8 DIY iPhone LTE Movable Type Nintendo Switch NuAns NEO Reloaded SNS SSD Webサイト Webブラウザー Windows 10 Windows XP カメラ カーナビ クルマ ショップ ステップワゴンスパーダ スマートフォン バージョンアップ ブログ マラソン レッツノート ログハウス 中日ドラゴンズ 伊豆 倉庫 健康 写真 合唱 塗装 家族 携帯電話 旅行 日本プロ野球 映画 暮らし 東京 槇原敬之 浜松 無線LAN 省電力 自作PC 芝生 花壇 薪ストーブ 薪割り 記念日 野球 音楽 食べる