花壇をリニューアル (2)

花壇をリニューアル (2)

先週金曜日・8月7日は立秋。暦の上ではもう秋…ということになるわけですが、むしろ夏の暑さはこれからの「残暑」こそが本番です。もっとも、私にとっては、土用が過ぎたことで、ようやく堂々と土いじりができる!という喜びの方がずっと強いのですが。…もう完全にビョーキですから、こういう人はあまり真面目に相手にしすぎないようにすることをオススメします(笑)。

…と、それはともかく、よりによって土用のまっただ中に手を付け始めた、駐車場南側の花壇のリニューアル作業は、結局穴を掘り込んだところから10日以上放りっぱなし…ということになってしまいました。とはいえ、ここからは落ち着いて作業の続きに取りかかれます。

続きを読む “花壇をリニューアル (2)”
無事カエル、がいちばん

無事カエル、がいちばん

8月になりました。なかなか梅雨が明けませんでしたが、ようやく8月1日に東海地方でも「梅雨明けしたとみられる」との発表がありました。いよいよ、これから夏本番ですね。

とはいえ、あと1週間もすれば暦の上では秋となります。立秋を迎えると、土用が終わりようやく土いじりができる…そちらの方が楽しみな私。もはやビョーキそのものです。今日がいわゆる土用の「二の丑」の日だったことも、4日・5日が間日であることから逆算して思い出したくらいで。

続きを読む “無事カエル、がいちばん”
あともうひと息で

あともうひと息で

先日も話題にしたところですが、今日・7月28日は土用の間日(まび)。そもそも「間日」というのは、土の神様である「土公神(どくじん、と読むらしい)」がこの日だけは土の中にいないので、土いじりをしてもいいですよ~…とされている日です。夏の土用の場合は、干支が卯、辰、申の日で、今年の場合は7月23、24、28日と8月4、5日で合計5日間あります。年に4回、それぞれ3週間近くある土用の間、何もしないわけにはいきませんから、昔の人たちもいろいろと言い訳を考えながら、日々を暮らしていたのでしょうね。

…というのはともかく、この日は全く別の用件があったので、仕事は休みをいただいて自宅で過ごしました。せっかくなので、花壇のリニューアルの続きもやってしまおう!との目論見もあったのですが、イマイチはっきりしない天気で、モルタルを練るのに躊躇してしまい、結局手を付けられませんでした。結果的にあまり雨は降らず、これなら作業できた気もしますけどね…残念。

続きを読む “あともうひと息で”
花壇をリニューアル (1)

花壇をリニューアル (1)

今年は梅雨がなかなか明けません。先週末にかなりまとまった雨が降った後には夏空が広がり、セミも鳴き出して、これで梅雨明けか?と思ったのですが、その後もハッキリしない天気が続き、また週末は雨。天気予報でも、さすがにもうそろそろ梅雨明けになる予想のようですが、どうなることやら。

…というのはともかく、ずっと雨の日が続いていることで、庭いじりができないのはストレスの種です。作りたいモノが作れないことは辛いのですが、それ以前に困っているのが、庭の雑草が伸び放題になっていること。ほとんど対策を打てないうちに、夏の土用に入ってしまいました。土いじりはやむを得ず休戦です。

続きを読む “花壇をリニューアル (1)”
薪小屋としてはほぼ

薪小屋としてはほぼ

先週末に続いて、自宅の庭で工事に励む週末となりました。とはいえ、そればかりやっていては家のことは回りません。土曜日の午前中は、庭の草取りをして過ごしました。現在春の土用のまっただ中、草取りは神様に怒られそうなギリギリのラインのような気がしますが、芝生が雑草で埋め尽くされているのを見ると、どうにも我慢できませんでした。腰が痛くなったらゴメンナサイ!しましょう。

続きを読む “薪小屋としてはほぼ”
やるべきことから

やるべきことから

2月4日は立春。冬の土用の間は庭の工事関係は休んでいましたが、これでまたいろいろイジれるようになります。やりたいことはたくさんあって、どれから手を付けたら良いか迷うほどなのですが、それ以上に、片付けておかなくてはならない仕事が山積みになっています。2020年の「春」最初の週末は、そんな「やるべきこと」の片付けから取り組むことにしました。

続きを読む “やるべきことから”
薪割りの新基準

薪割りの新基準

玄関脇の薪棚の蓄え、残りが少なくなってきました。
塗料もちょっと剥げてきてますね(汗)

薪ストーブのシーズンまっただ中です。玄関脇に、すぐ燃やせる薪を積んである薪棚がありますが、寒い時期には薪はあっという間に言葉どおり消えていきます。この週末も、ココに新しい薪を移動させる作業に汗を流しました。

続きを読む “薪割りの新基準”