「Microsoft Edge」タグアーカイブ

変わり続けるWindows 10

Windows 10、バージョン 1803の機能更新プログラム

4月30日から、予定どおりにWindows 10の大型アップデート「April Update 2018」の一般配信が始まりました。私のデスクトップPC・HP Pavilion Wave 600では、翌日・5月1日の朝にはWindows Update上に「Windows 10、バージョン 1803 の機能更新プログラム」がリストアップされ、レッツノート・CF-RZ4でもその日のうちに表示されるようになりました。 続きを読む 変わり続けるWindows 10

Anniversary Update

去る8月3日(日本時間)から、先日リリースから1周年を迎えたばかりのWindows 10が、「Anniversary Update」なる名前の大型アップデートの提供を開始しました。1周年記念とはいえ、微妙にタイミングが遅らされているような気がするわけですが、1年間はWindows 7/8.1からの無償アップグレードのためにサーバーなどのリソースを割かなくてはなりませんでしたから、こういう日程になるのはある意味当然とも言えます。

「Windows 10の更新履歴」ページ

Anniversary Updateは、Windows 10の「重要な更新」として、Windows Update経由で順次提供されるとのことですが、待ちきれない私のような新しもの好きには、もう少し確実に、早く入手できる方法があります。「Windows 10の更新履歴」ページで「Anniversary Updateを入手する」ボタンを押すと、「Windows 10 アップグレードアシスタント」というアプリがダウンロードされます。実行すれば、あとはほぼ自動的にAnniversary Updateがセットアップされる…というわけです。 続きを読む Anniversary Update

バージョン1511

木曜日・11月12日(現地時間)から、Windows 10のWindows Updateで「Windows 10 バージョン 1511,10586にアップグレード」なるものの配信が始まっています。ダウンロードとインストールが行われた後、システムの再起動が要求され、その後はInsider Previewでのビルド更新と同じような画面がしばらく続き、何度か自動的に再起動されます。

Windows 10 バージョン1511(ビルド10586)

 

再びWindows 10のデスクトップが表示されて、作業は終了。一見ほとんど何も変わっていないように見えるんですが、バージョン情報を表示してみると、「バージョン1511(OS ビルド10586)」という表記が追加されています。バージョン1511は、その数字のとおり「2015年11月版」という意味で、7月末に最初のリリース版が登場して以来初めての、そして3ヶ月少々という異例の短期間でリリースされたメジャーアップデートになります。 続きを読む バージョン1511

タッチパネルが機能しない

2015年8月6日 : Windows Updateが適用されました

8月6日の朝に、Windows UpdateでWindows 10の累積的なアップデートの適用がありましたが、このときに、CF-RZ4には「eGalaxTouch – Other Hardware – USB TouchScreen Controller(C01D)」というドライバーも合わせて適用されました。その名のとおり、液晶画面のタッチパネルのドライバーのようです。

しかし、今回のWindows Updateの適用後から、タッチパネルの挙動がどうも変です。画面をタッチしてアイコンを選択することはできるのですが、Edgeブラウザー上で画面をスワイプしてもスクロールしてくれませんし、ピンチイン/アウトによる画面の拡大縮小もできません。

タッチ入力が利用できなくなっています

システムのプロパティを見ると、「タッチ入力は利用できない」との表示が。一応、マウスと同じようなポインティングデバイスとしては認識されているようですが、タッチパネル特有の操作は全く受け付けてくれない状態です。 続きを読む タッチパネルが機能しない

連日の新ビルド

Windows 10 Insider PreviewのBuild 10158が、更新頻度「Fast」のInsiderたちに向けて配信されました。このビルドでは、新しいWebブラウザーの名前が、先に発表のあった正式名称である「Microsoft Edge」に晴れて変更となりました。また、Insider向けの情報ポータルアプリの「Insider Hub」が標準でインストールされないようになりました。Wi-Fiがスリープ復帰後にほぼ確実にお亡くなりになる不具合も解消しています。あと1ヶ月を切った製品版デビューに向けて、最後の仕上げが始まっているようです。

…と思っていたら、翌日には何と「Build 10159」の配信がありました。2日連続で新ビルドが公開されるなんて、誰も思わなかったでしょう。私も、職場でCF-RZ4を起動しておいたら、いつの間にかBuild 10159のダウンロードが始まっていてびっくり。中には、Build 10158のダウンロード中にBuild 10159が公開されてしまい、Windows Updateでの更新に失敗したユーザーもいたとか。数GBの大容量のアップデートを毎回ダウンロードする私たちの身にもなってほしいものです。

ビルド番号の増分はたったの1ですが、Build 10158からは300以上の修正が加えられているのだそうです。いかにもデビュー前の最終段階ですね。しかし、それ以上に気になったのは、Microsoft社のWindowsブログ(英語版)の記事によると「ひとつの非常に興味深い変更(one very interesting change)」が含まれているらしい…ということです。

Windows 10 Insider Preview Build 10159 - デスクトップ画面・壁紙に注目それが何を意図した表現なのかはまだ明らかにされていませんが、このBuild 10159でひとつ目を惹くのは、新しい壁紙が用意されていること。この壁紙は、デスクトップだけでなく、これまたレイアウトに変更が加えられたログオン画面でも使われています。

この壁紙、一見WindowsロゴをデザインしたCGのように見えますが、実は大がかりな仕掛けで写真として撮影されたものなのだとか。何とメイキング画像まで公開されています。これだけ手が込んでいるということは、おそらく製品版のWindows 10でもこの壁紙を使うつもりなのでしょう。情報としては面白いんですが、これが「ひとつの非常に興味深い変更」だとすると、ちょっと物足りなさは感じます。

まだまだPreview版

Windows 10 Insider PreviewのBuild 10122が、プレビュービルドの更新頻度を「Fast」にしているユーザー向けに、Windows Updateで提供されています。普通に使用していると、バックグラウンドで勝手にダウンロードを始めてくれるWindows Updateは、システムとしてはお手軽なんですが、プレビュービルドのように大容量のデータをダウンロードするときには、突然ネットワーク負荷が上がってびっくりします。もちろん、「従量制のネットワークにしかつながっていない状況ではダウンロードしない」という設定は可能なので、ワイヤレスWANの無料通信分をあっという間に使い切る…ということは防げるんですけどね。

Windows 10 Insider Preview Build 10122 - デスクトップ画面Build 10074と比べると、スタートメニュー内の機能配置がずいぶん変わったのがわかります。左上のユーザー名とアイコンのすぐ下にあった「エクスプローラー」「設定」が、スタートボタンのすぐ上に降りてきました。この方がアクセスしやすくて良いですね。

あの笑っちゃうしかないお茶目な誤訳の「仕事率」メニューは、表示が「オン/オフ」に変更されています。ただし、実際には「オフ」相当の機能しかないこのメニュー項目の実態からすると、この翻訳ではまだ変なんですが。

続きを読む まだまだPreview版

Insider Preview

4月29日(現地時間)からアメリカで開催されている、Microsoft社の開発者向けイベント・Build 2015。これまでのところ、私が一番注目していたWindows 10のデビュー日については、特に情報は更新されていません。それでも、「Project Spartan」と呼ばれていた新ブラウザーの正式名称が「Microsoft Edge」と発表されたり、AndroidやiOS向けに作られたアプリを簡単にWindows向けに変換できるデモが行われたり…と、話題はいろいろと振りまいていますね。Microsoft社の並々ならぬ気合いが伝わってきます。

Windows 10 Insider Preview Build 10074 - デスクトップ画面このBuild 2015の開催に合わせて…ということか、Windows 10のプレビュー版も最新ビルドのBuild 10074が公開されました。今回は、「高速」更新のユーザーだけでなく、「低速」更新のユーザー向けにもWindows Updateが提供され、さらにはISOイメージも用意されています。このところ新ビルドが体験できなかった「高速」以外のユーザーには、久しぶりの更新となります。

続きを読む Insider Preview