CF-MX3が届きました。

横長の箱が宅配便で届きました
レッツノートMX3シリーズお試しキャンペーン」に当選し、このたびレンタルしていただくレッツノート・CF-MX3の「お試しキット」が、宅配便で2月21日・金曜日に届きました。外観は、ノートパソコン1台が入っているにしては妙に横長の段ボール箱です。「キット」を名乗っているくらいなので、もしかすると本体以外にも何か入っているのかも?と思いつつ、ワクワクしながら箱の封を解きました。

中に入っていたのも横長の箱
すると、中に入っていたのは外箱とほとんど同じプロポーションの横長の箱。そもそも、CF-MX3の梱包箱自体がこんな横長の形状になっているんですね。箱には、「CF-MX3SEGJR」という型番が書かれたシールが貼付されています。パナソニックストアで販売される直販仕様のハイスペックモデルではなく、店頭販売仕様のMicrosoft Office搭載モデルのようです。
同梱されていた製品カタログによると、CF-MX3SEGJRは1.6-2.6GHz動作のデュアルコアCPUとGPUがワンパッケージになっているCore i5-4200Uを搭載し、メモリーは4GB、SSDは128GB搭載しています。このあたりは、今どきのUltrabookとしては標準的なスペックといえそうです。もちろん、レッツノートのすごさはスペック表で計れる部分以外に隠れている…というのが今まで示されてきた実績なんですが。これから2週間のレンタル期間で、その真価を探っていきたいと考えています。

続きを読む “CF-MX3が届きました。”

予想通りで予想以上

パナソニックから、新しいレッツノート・CF-MX3シリーズが発表されました。CF-AX3と同様に、液晶ディスプレイ側が360度回転して、通常のクラムシェル型ノートの形態にも、タブレットの形態にもなってしまう、いわゆる2in1スタイルの製品になります。

CF-AX3との違いは、ディスプレイが一回り大きな12.5型のフルHD解像度のIPS液晶になったこと。そして、わずかに厚くなったとは言え、Ultrabookの基準を満たす厚さ21mmの筐体内にDVDスーパーマルチドライブを内蔵しています。タブレット形態での使用を想定し、DVDドライブは水平に置かれていない状態でも読み取りが可能な仕様になっているそうです。

本体に収納できるタッチペンが付属しているのも面白そうですね。また、フットプリントが大きくなったことでキーボードが19mmのフルピッチ仕様になったのも嬉しい点ですが、せっかくなら縦方向(15.2mm)にももう少し余裕を作ってほしかった気もします。

続きを読む “予想通りで予想以上”

気になるVAIOたち

ノートパソコンを持ち歩かなくなってから、もうずいぶん長くなります。新しく購入するのが難しい状況で、いろいろ代わりの方法を考えてはみるものの、やっぱりノートパソコンを持ち歩く以上の最適解が見つかりません。

スマートフォンは、出先での情報閲覧についてはかなり高いレベルで要求を満たしてくれます。しかも、それは単なる代わりにとどまりません。十分快適なレベルの高速通信が常時確保され、GPSによる高精度な位置情報も持っていますから、これらの組み合わせにより、これまでモバイルノートPCで行っていたのとは別次元の情報を使いこなせるようになっています。

しかし、SSK Worldの原稿を執筆するためには、スマートフォンの文字入力環境はあまりにも貧弱すぎます。フリック入力や手書き入力をどんなに鍛錬しても、生産性ではQWERTYキーボードからの入力に遠く及びません。音声入力は、入力手段としてはそこそこ高速なんですが、結局逐次変換作業は必要ですし、その後の編集を考えるとやはりそれだけでは足りません。特にカット&ペーストの作業はかなり面倒です。

続きを読む “気になるVAIOたち”

もうひと声が聞きたいのだが

パナソニックから、レッツノートの最新モデル・CF-AX3が発表されました。型番を見ればわかるとおり、既に登場しているレッツノート唯一のUltrabookであり、液晶画面が360度開いてタブレット形態に変形してしまうノートパソコン・CF-AX2と外形は全く一緒。しかし、内部のコンポーネントは一新されています。

CPUには、コードネーム「Haswell(はずうぇる)」で呼ばれてきた、第4世代のIntel Core i7が採用されました。主に待機時の消費電力を大幅に削減し、パフォーマンスを向上させつつ省電力性能が向上しているのだとか。

実際に、CF-AX2で9~9.5時間(カタログ値;JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver.1.0))と書かれていたバッテリーでの動作時間は、CF-AX3では13時間と大幅に伸びています。ほとんど重量は増えていない(つまりバッテリー容量は大幅に増えたわけではない)中でこれだけ動作時間を延ばせるのが、Haswellの実力と言うことなのでしょう。


もう一つ大きく変わったのが液晶ディスプレイ。これまで、ディスプレイの表示品質面ではあまり評価が高くなかったレッツノートでしたが、今回は11.6型のサイズはそのままに、フルHD解像度(1920×1080ドット)のIPS液晶を採用しています。このデバイスが普通に使われていれば、画面表示は大幅に見やすく、綺麗になっているはずです。

「普通に」という表現に引っかかるものを感じた方もあるかと思います。これまでのレッツノートでは、ストイックに低消費電力に注力するあまり、カラーバランスが悪いなど、チューニング次第でどうにかなりそうな要素まで優先度が低くなっているように見受けられました。さすがに、今回は自ら広告で大きく取り上げて宣伝していますから、そんなにヒドいことにはなっていないと思うんですが、こればかりは現物を見てみなくてはわかりません。

駆動回路が画素数に比例して増えていくTFT液晶の場合、高解像度になるほど消費電力面では不利になります。繰り返しになりますが、ストイックにバッテリーライフにこだわってきたレッツノートが、今回こんなに豪華なディスプレイを奢ってきたのは、CPU周りでの大幅な省電力化が実現したからこそかも知れません。これもHaswell効果と言うことになるのでしょうか。

 

続きを読む “もうひと声が聞きたいのだが”

かわいそうなCF-AX2

いよいよ明日発売となるMicrosoft社の新しいOS・Windows 8。秋葉原などでは、あと数時間もすると深夜販売がスタートということで、今頃は前夜祭で盛り上がっているのでしょうか。
今日は仕事で帰りがちょっと遅くなってしまいましたが、Windows 8に実際に触れてみたかったので、浜松駅で乗り換え待ちの時間がちょっと長くなったこともあり、浜松駅高架下のビックカメラに足を運んでみました。先週覗いてみたときにはまだ全然Windows 8の展示はなかったんですが、さすがに前日ともなると、ちゃんと各社の主力マシンが並んでいました。

続きを読む “かわいそうなCF-AX2”

CF-AX2を考える

先日発表された新しいレッツノート・CF-AX2。一見普通のUltrabookに見える筐体から、液晶画面が360度開いてタブレットPC形態に変形してしまう…という、ありそうでなかなかなかったギミックが特徴的ですね。IT系の各ニュースメディアでも、こぞって取り上げられていたようです。
発表を受けて、ユーザーたちの意見もネット上に流れ始めています。プラスの意見も、マイナスの意見もいろいろと流れるのが当然で、だからこそ誰もが気軽に(それが良いことなのかどうかはともかく)情報発信できるようになった今の世の中は面白いんですが、皆さんの意見を読みながら、私自身もちょっと頭を整理して、CF-AX2についてちょっと考えてみようかと思います。

続きを読む “CF-AX2を考える”

やりやがったな(笑)。

本日、パナソニックから新しいレッツノート・CF-AX2が発表されました。11.6型ワイドの液晶画面を持ち、光ドライブは装備されません。ラインナップとしては、一番小さかったCF-Jxシリーズの後継という位置づけでしょうか。超低電圧版の第3世代Intel Core iシリーズCPUを採用し、折りたたんだときの厚みは18mm。私がずっと待ち望んだ、レッツノートとしては初めてのUltrabook(うるとらぶっく)ということになります。
10月下旬から発売になるCF-AX2は、当然のことながらMicrosoft社の最新OS・Windows 8を搭載して登場。Windows 8の新しいユーザーインターフェースを十分に生かすため、液晶画面はマルチタッチ対応のタッチパネルとなっています。
…と、ここまでのところは私でも容易に想像できる展開だったんですが、それだけでは終わらないのがレッツノート。このCF-AX2、液晶画面を開いていくとぐるりと360度回って、裏側にぴったり張り付くところまで開きます。この形態にすると、いわゆるタブレットそのもの。従来のノートパソコンとしても、タブレットとしても使える「ハイブリッド・モバイル」を名乗っています。
従来からタブレットと兼用で使えるノートパソコン自体はいろいろとありましたし、パナソニック自身もCF-Cxシリーズを作っていましたが、変形する構造が結構複雑な印象がありました。一方、CF-AX2のアプローチは実にシンプル。タブレット形態になるとキーボードやタッチパッドが露出することになりますが、この形態になると自動的にロックがかかるようです。
CF-AX2を見てしまうと、ここまで国内外の各社から登場したUltrabookは全て「その他大勢」に見えてきます。やりやがったな、パナソニック(笑)。

続きを読む “やりやがったな(笑)。”

レッツノートに何が起こる?

パナソニックが、「1月25日(水)パナソニック レッツノートに何かが起こる!」と題したティザーサイトを展開しています。現時点では、この文言以上の情報は全くと言って良いほどありません。あえて言うのなら、ノートパソコンらしきシルエットが画面に描かれてはいるんですが…。
ティザーとはいえ、25日はもう明後日に迫っています。この日の正午には、パナソニックから何らかの発表が行われるはずです。おそらくそれは、新しいレッツノートの製品発表になるのでしょう。10年以上レッツノートと付き合ってきた私にとっても、非常に楽しみなことです。一貫してモバイルノートパソコンのあるべき姿を追い続けてきた彼らの次の提案は、どんなものになるのでしょうか。

続きを読む “レッツノートに何が起こる?”