マイナポイントを予約する

マイナポイントを予約する

5月の大型連休明けに、国の特別定額給付金のオンライン申請を話題にしたことを覚えていらっしゃるでしょうか。このときには、マイナンバーカードが電子的に読み取れる仕組みが手元に必要になるものの、申請は郵送よりも早く済ませられるので、できる方はやってみては?と書いたところです。

しかし、その後、このオンライン申請のシステムは入力内容のチェック(世帯構成員の名前とか)が全然自動化されていなかったり、同じカードからの多重申請ができてしまったり…と、とんでもない作りになっていることが明るみに出ています。役所の方々も、オンライン申請で出てきたもののチェックの方が、郵送よりずっとタイヘンだったはずです。かなり控えめではあるものの、一応全国に向けてオススメしてしまった人間のひとりとして、反省しているところです。

その特別定額給付金のオンライン申請では、マイナンバーカードが必要になっていることが高いハードルになっていたわけですが、そのマイナンバーカードを使って、おサイフにちょっと嬉しいキャンペーンが間もなく始まります。「マイナポイント」ですね。

続きを読む “マイナポイントを予約する”
特別定額給付金のオンライン申請

特別定額給付金のオンライン申請

大型連休が明けましたが、引き続き新型コロナウイルスとどう付き合っていくのか、いろいろ考えながら過ごす日々が続いています。とはいえ、基本的には自分の身をどう守り、周囲の人々をどう守るか…ということに尽きるわけで、外出時にはマスク着用、帰宅時には手洗い・うがいの励行というのが基本です。

経済活動への影響がだんだん深刻になっていく中で、「特別定額給付金」に関する手続きが始まったのは気になるところでした。住民すべてに対して、一人あたり10万円が給付されるわけですが、世帯主が世帯構成員分をまとめて申し込む形になっているため、私が手続きをしなくてはなりません。

続きを読む “特別定額給付金のオンライン申請”
MX Master 3のセットアップ

MX Master 3のセットアップ

先日購入した新しいマウス・MX Master 3。まずは使えるようにセットアップしていかなくてはならないわけですが、これが実際に使う環境によっていくつかパターンがあって、意外に面倒だったりします。とはいえ、現状の環境や使い方のビジョンがはっきりすれば、それほど難しいわけでもないんですけどね。

続きを読む “MX Master 3のセットアップ”
Chromium Edge

Chromium Edge

Windows 10が登場したときに、Microsoft入魂の新WebブラウザーとしてデビューしたMicrosoft Edge。一度は業界標準を勝ち取ったInternet Explorerの流れを汲む独自開発ブラウザーであり、HTMLを忠実に、そして高速に表示する「モダンブラウザー」として、Google Chromeの牙城を崩そうと奮闘していました。

決して出来が悪かったわけではなかったと思うのですが、PCとモバイル(Androidの標準ブラウザーですからね)双方のトップを押さえていたChromeに対して、決定的な性能面の優位を示せず、シェアは全然伸ばせていませんでした。振り返ってみると、最初があまりにもポンコツすぎたのが良くなかったかも知れません。その後機能は少しずつ整っていきましたが、「作りかけの出来損ない」のイメージは払拭できていませんでした。

続きを読む “Chromium Edge”

常時SSL化の効果?

8月になりました。毎月、1ヶ月単位でとりまとめられるいろいろな物事を確認しているわけですが、特に気になるのはやっぱりおカネの出入り。日々の生活の中で出ていくものばかり多いわけですが、入ってくるものもないわけではありません。私の給与収入、妻の事業収入以外にもいくつかあります。例えば太陽光発電の売電収入もそのひとつで、相変わらず一喜一憂しています。

そんな中で、最近気になっているのが、Google AdSenseAmazonアソシエイトから入ってくる広告収入。どちらも、自分のWebサイト上で広告を表示するスペースを広告主に貸し、表示・クリック・商品やサービスの購入等の「実績」に応じて広告料がいただける…というサービスです。

続きを読む “常時SSL化の効果?”

常時SSL化

昨日あたりから、SSK Worldにちょっとした変化が起こっていることにお気づきの方はいらっしゃるでしょうか。と言っても、サイトの画面内を探し回っても、おそらくどこが変わったのかはわからないのではないかと思います。

Chromeで見た https://www.sskworld.net/

見た目でわかる変化は、Webブラウザーの窓枠左上、URLが表示されているアドレスバーの部分。Google Chromeブラウザーだと、緑色の南京錠のマークと共に「保護された通信」という文字が表示されているはずです。

続きを読む “常時SSL化”

車外でもインターナビ

このところ、ホンダ・インターナビの話題ばかりで恐縮なんですが、インターナビの最も通信カーナビらしいと思えるところは、実はクルマから降りたときだったりします。

車載のカーナビは、インターナビのサーバーと随時通信しています。ということは、ハードウェアとしての車載カーナビを使わなくても、サーバーとインターネット経由で繋ぎさえすれば、インターナビの提供するサービスはどこにいても利用できる…ということになるわけです。 続きを読む “車外でもインターナビ”

Project Spartan

Windows 10 Technical Previewの最新ビルド・Build 10049の提供が始まりました。今回も、前回のBuild 10041と同様に、プレビュービルドのインストール方法を「速い」と選択している場合にのみ、Windows Updateから提供されています。Build 10041から2週間後という短期間での更新で、ビルドナンバーはたったの8しか進んでいませんが、今回のビルドには非常に大きなトピックがあります。Webブラウザーの「Project Spartan(すぱるたん)」が、初めて導入されたんです。

これまで、Windows標準のWebブラウザーと言えば、もちろんInternet Explorer(IE)…ということになるわけですが、IEはWindows 95時代にデビューしてから約20年間、バージョンアップを繰り返しながらも同じブランドで使われ続け、気がつけばメジャーなブラウザーたちの中では最古参になりました。ネームバリューは随一となったわけですが、一方で業界標準から外れた独自仕様が問題視されることが増えていきました。

そのIEからブランドを一新するとされるProject Spartan(この名称は開発コードで、正式名称は未定です)は、IEの抱えてきた様々なしがらみを脱ぎ去って、Mozilla FirefoxやGoogle Chromeと同様に最新のWeb標準に則る「モダンブラウザ」になると聞いています。しかし、それはIEの「個性」であったモノをきっぱり捨て去り、より激しい競争の中に自ら漕ぎ出すことでもあります。そこでいったい何をウリにするつもりなのか…非常に興味のあるところです。

続きを読む “Project Spartan”

常に最新版

SSK Worldのトップページには、「閲覧環境について」という見出しを付けた部分があります。その名のとおり、皆さんにSSK Worldをご覧いただくために、ご用意いただきたい環境について説明しています。

現在、PC版とスマートフォン版を別々に用意しているSSK Worldですが、それぞれで閲覧環境に関する記載はずいぶん趣が異なります。スマートフォン版の場合、実質的にはiPhoneとAndroid機の標準ブラウザーくらいしか「閲覧環境」のバリエーションはありませんから、そもそも閲覧環境に関する注意喚起はあまり必要ありません。歴史が浅いこともあり、HTMLやJavaScriptなどのWeb技術の標準はほぼ固まっているところからのスタートでしたから、かなりいろいろと凝ったことも可能。その気になれば、アプリ並みに動くページだって作れます。

しかし、PC版ではそう簡単には行きません。ユーザーがインストールできるWebブラウザの選択肢は何種類もありますし、OSの種類やバージョンも含めると対象環境は実に多岐にわたります。商用のWebサイトなら、極力全ての環境に対応していかなくてはなりませんが、趣味の個人サイトであるSSK Worldはそこまで面倒なことはしていません。常識的な範囲で古いモノは切り捨てた上で、「一応このWebブラウザーで表示して確認していますよ~」ということを書いてあります。

続きを読む “常に最新版”