今日もCF-J9を考える

昨日発表された新しいレッツノート・CF-J9シリーズ。ビジネスモバイルにこだわり続けたパナソニックが変節したのか?とも思えてしまう、こだわる人にとってはかなり衝撃的な新製品です。東京からの帰り道、CF-R4Gのバッテリーは既に切れてしまい、私はいろいろな想像を巡らせていました。

やっぱり、一番気になったのは圧倒的なまでの基礎体力。店頭販売向けスタンダードモデルに搭載されるCore i3-370M(2.40GHz、デュアルコア×Hyper-Threading)ですら、我が家にあるデスクトップ機も含めたどのパソコンよりも高い能力を持っています。これまでなら、重量1kgクラスの小さなパソコンは、どうしても処理能力でデスクトップに及びませんでしたから、私のようにパソコンをちょっと本気で活用しようと思えば、家ではデスクトップ、小さなノートは外出時などのセカンドマシン…という位置づけでした。しかし、CF-J9ほどの能力があれば、大部分の人々にとってはパフォーマンス重視の用途でもほとんど問題はなさそうです。

画面やキーボードが小さくて家で使うのはちょっと窮屈かも…と思うなら、大きな液晶ディスプレイをHDMI端子につなぎ、キーボードやマウスを外付けして使えば済む話です。ネット接続も、我が家の場合は無線LANがそのままつながります。キーボードやマウスは、Bluetoothで接続できればスマートで理想的ですが、残念ながらBluetooth対応だとあまりにも選択肢が狭すぎます。最近の製品では、独自規格の無線方式でもUSB接続のレシーバーが超小型になっているので、使うときにレシーバーを挿す…という運用でも良さそうな気がします。

音楽制作や3次元CGなどの、とんでもなくCPUパワーを消費する趣味を持っている私ならともかく、妻の紫緒あたりの用途なら、CF-J9のこういう運用はかなり現実味がありそうです。ちなみに、CF-J9には外部ディスプレイを接続したときのウィンドウ配置などを支援する「ディスプレイヘルパー」というソフトウェアがインストールされていて、デスクトップで使うときにも活躍しそうです。

続きを読む “今日もCF-J9を考える”

Panasonicのパーソナルモバイル

出張で東京都内に宿泊しています。たいてい、仕事のときは東京駅近辺…というより秋葉原近辺に泊まるんですが、今回も例に漏れず神田にホテルを予約しました。チェックインが遅くなったせいか、「シングルの部屋が埋まってしまった」とのことで、ツインの部屋にシングル料金で泊まれることになりました。ちょっと広々で、何だか得した気分ですね。

残念ながら今日はアキバ散策は中止。一日の疲れをゆっくりほぐして、明日に備える…つもりだったんですが、今日は一大ニュースが舞い込んだので、そうも言っていられません。早速レッツノート・CF-R4Gを鞄から取り出し、部屋のLAN端子に接続してネットサーフィンです。当たり前にネット接続ができるホテルがどんどん増えているのは、実にありがたいことです。

今月上旬にレッツノート「2010年秋冬モデル」が発表されたときに、まるで最初から存在しなかったかのように置き忘れられていた、一番小さなレッツノート・CF-Rxシリーズ。本日、この空白を埋める発表がありました。やっぱり、パナソニックはとんでもない隠し球を抱えていたんです。

続きを読む “Panasonicのパーソナルモバイル”

クッションでマッサージ

以前にもちょっと話題にしたことがありますが、もうずいぶん長い間、首から肩、背中にかけての「こり」に悩まされ続けています。パソコンにどっぷりと依存した生活を送っているだけでなく、最近は通勤で長時間電車に揺られているのも悪影響になっているような気がします。
私だけでなく、妻の紫緒もかなり深刻な肩こり持ちで、二人揃って症状はすっかり慢性化しています。整体に通ってみたりもしましたが、毎回の施術料も結構負担になってきますし、下田に引っ越してからはそれまで通っていた浜松の施術院に簡単には行けなくなってしまい、すっかり足が遠のいてしまいました。お互いに相手の肩や背中を揉んだりしながら何とか日々を過ごしていますが、これもなかなかの力仕事で、私はともかく紫緒は大変です。
最近は、家電量販店などに出かけて、マッサージチェアに座るのが楽しみの一つになっています。しかし、これもあまり頻繁に通ってしまうと店員さんに顔を覚えられてしまい、何とも居心地が悪くなります。本当はマッサージチェアが買えればいちばん良いのでしょうけど、ボーナスをすべて吹き飛ばしてしまうほどの高価な商品ですから、そう簡単な話ではありません。整体に通い続けるのと天秤にかければ、意外に元は取れるのかも知れないんですけどね。

続きを読む “クッションでマッサージ”

通過点に過ぎません

プロ野球のセ・リーグでは、中日ドラゴンズのクライマックスシリーズ(CS)進出が決定しました。明日の試合にも勝つと、ついにリーグ優勝へのマジックが点灯します。
100試合以上を戦うリーグ戦を最高の勝率で勝ち抜くことは大変なことだと思います。一方で、トーナメントに近い短期決戦を勝ち抜いて優勝することも、これまた大変なことです。どちらにも、違った価値があります。
いずれにしても言えることは、CS進出決定も、マジック点灯も、まだ単なる通過点である…ということ。ドラゴンズにはリーグ優勝も、日本一も、両方目指してほしいものです。どちらか片方だけでは、やっぱり何かもの足りません。

続きを読む “通過点に過ぎません”

Alcohol 0.00%

最近巷で話題になっている飲み物に、「ビールテイスト飲料」というのがあります。その名の通り、酒類であるビールの雰囲気に近い飲み口が特徴なんですが、本来ビールには5~6%程度含まれているはずのアルコール分を全く含みません。
以前から「ノンアルコールビール」という商品は確かにありました。しかし、これらの製品ラベルをよく見ると、1%未満ではありますがアルコール分が含まれていました。法律上はこれなら一応酒類ではない(酒税が課税されない)わけですが、飲んだときにアルコールによる身体への影響は全くないとは言い切れません。
特に、道路交通法における酒気帯び運転の判定基準が非常に厳しくなっている(呼気中の0.15mg/l以上で違反点数13点、0.25mg/l以上で違反点数25点)ので、これら「低アルコール飲料」でも、多く飲んだり、飲んだ直後だったりすれば、全く自覚症状もないのに引っかかってしまうかも知れません。しかもそれが原因で運転免許の取消処分を受ける可能性が相当高くなります。
さらに、道路交通法では、飲酒運転が摘発されたとき、運転者だけでなく運転を容認した同乗者、さらには飲酒に同席した者や酒類を提供した者にも運転者に準ずる罰が科されるようになり、「アルコールを飲ませない責任」も厳しく問われるようになりました。こんな情勢の中で、まさに額面通り全くアルコール分を含まない「Alcohol 0.00%」のビール風飲料への需要が高まったわけです。

続きを読む “Alcohol 0.00%”

エースを売り飛ばすのか

プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの岩隈久志投手が、来季からメジャーリーグに行くのではないか?という話が出ています。このまま順調に行けば、来季中には海外にも移籍できるフリーエージェントの権利を得て、「どこにでも行ける立場」になる彼ですが、これを待たずして、今シーズンの終了後にポスティングシステムによる移籍を目指すようです。
ポスティングといえば、かつてイチロー選手松坂大輔投手がメジャーリーグに移籍するために使われた制度で、ある選手の獲得を希望する球団が、そのために現在の所属球団に支払う金額を「入札」します。最高額を入れた球団が、その選手との交渉権を得ることになりますが、実際に選手が入団するかは交渉次第です。
昨年のWBCでも大活躍だった彼。すでにメジャーの各球団も熱視線を送っています。おそらく、ポスティングになれば複数球団による争奪戦になります。松坂投手に支払われた5000万ドルに近い値がつくかも知れません。

続きを読む “エースを売り飛ばすのか”