おうちシネマ

SSK Worldには「映画館に行こう」というカテゴリーがあります。映画館に行って、旬の映画を見るのが私の楽しみの一つだったわけですが、考えてみるともう3年以上映画館には入っていません。無理を言って浜松科学館のプラネタリウムに行かせてもらったのも、映画を見に行くのと同じようなもの…と言われてしまうかも知れませんけどね。

映画館に行かなくなったのと同時に、新作映画の情報を集めるアンテナもこれまでより低くなってしまったかも知れませんが、それでも気になる作品はDVDやテレビ放送などでチェックしています。先日は、「アリス・イン・ワンダーランド」のDVDを見ました。あまりにも有名な文学作品「不思議の国のアリス」の世界を元に、ティム・バートン監督が「その後のアリス」を描いた、オリジナルの物語です。今年の春に日本公開された作品が、もう映像ソフトで手に入るんですから嬉しいですね。

「不思議の国のアリス」自体は小学生の頃に読んでいるはずなんですが、さすがに今となってはすっかりうろ覚え。それでも、ちゃんと楽しめる作品になっています。やっぱり、見所はマッド・ハッターを演じるジョニー・デップの本気のイカレッぷりに尽きるでしょう。特典映像でインタビューを受ける穏和な紳士と同一人物だとはとても思えません。そのマッド・ハッターの顔が、ジョニー・デップのメイクした顔からさらにCG修正されていたりする、もはや人間の俳優を使っている意味があるのか?というギリギリの映像技術も、私のような「テクノロジーまにあ」には注目のポイントです。

映画館では、3D映像でも上映されていたそうですね。「アバター」以来、急速に映画の3D化が進んでいるようで、邦画でも今後はあの「海猿」の続編など3Dで上映される作品が出てきます。まだ映画館で3D作品は全く見たことがないので、はっきりしたコメントはしにくいんですが、あまり良いイメージは持っていません。この春から登場している3Dテレビでも、どうしても目が疲れますし、見た後の「3D酔い」とでも言えそうなふらふらする感じはちょっと苦手です。実際のところ、どうなんでしょうか。

続きを読む “おうちシネマ”

4から5へ、4から5へ

以前、SSK Worldのシステムに関してちょっと手を入れていた話をしたんですが、この1週間で作業を進め、ようやく一段落しました。今週は、画面レイアウトが崩れていたり、サーバーエラーで真っ白な画面に文字が表示されるだけだったりする状況をご覧になった方もかなりいらっしゃったのではないかと思います。企業サイトのように万全のバックアップ、インフォメーションを準備した上での作業をしたわけではありませんでしたが、どうかご容赦ください。まあ、単なる個人の趣味サイトですから、そこまでしなくてはならないほどの重要性もありませんし。

おそらく、一番目を引くのは、これまでの黒基調の色使いとは正反対のデザインだと思うんですが、これは作業の中ではほんのオマケ。スタイルシート以外はほとんどいじっていません。携帯電話向けの「SSK World mobile」では、古い端末にも対応するために、直接各テンプレートのHTMLタグを書き換えなくてはなりませんが、これも基本的には検索・置換で一発です。今回は、もっとややこしい、基幹的な部分に手を入れています。

続きを読む “4から5へ、4から5へ”

ゆかたまじっく。

暦の上では既に秋だったりしますが、実際にはまだまだこれから暑い日が続きます。まさに夏真っ盛りですね。夏といえば、これは外せない!というファッションの二枚看板が浴衣と水着。どちらも、夏でなくては着れません。水着を着る場所なら年中泳げる温水プールもありますし、浴衣は温泉宿のオールシーズンの部屋着でもあるわけですが、オシャレとしての着こなしを考える…となると、やっぱり夏ですよね。
イオンのショッピングセンターでは、現在「yukata magic・mizugi magic」というキャンペーンを展開中ですが、これのテレビCMが娘の大のお気に入り。自宅でも、店頭でも、CMの流れている間はテレビに釘付けになり、じーっと画面を見ています。試しにパソコンで特設サイトを開いてみても、やっぱり曲がかかるとパッと振り向きました。相当気になっているようです。
そんな娘が、今年はそのイオンで浴衣を買って「浴衣デビュー」となりました。最近は、子供用に限らず大人用でも、浴衣のデザインはずいぶんポップなものが増えていますね。柄だけ見ると、とても和服とは思えません。まだ娘自身が「これ!」と選ぶことはしないので、私たちが結構迷ったんですが、結局、和服らしさは外さないセンスの白い浴衣に赤い帯…となりました。

続きを読む “ゆかたまじっく。”

ブラウザの速さ

トップページに表示している「閲覧環境について」の動作確認ブラウザ一覧を更新しました。このページを更新したのは、弟・ささっちからMac OS用のSafari 4での報告をもらって以来ではないかと思うので、約1年ぶりということになります。
ウィルコムとの契約を終了したので、Windows Mobile系での確認ができなくなりましたが、それ以外はひととおりチェックしてみることにしています。いろいろなブラウザで表示してみると、結構気になるのが速度の差。通信回線の速度は十二分なはずですし、パソコンの処理速度にもそれほど不足はないはずですから、差が出てくる原因は必然的にブラウザ自身のデキということになってきます。

続きを読む “ブラウザの速さ”

ステンレスにこだわる

先月購入した新しいエスプレッソマシンで、カプチーノの練習中です。すぐに慣れるだろうと思っていたんですが、これが意外にうまくいきません。機械が変わると、ずいぶん感覚も変わってくるものです。
ちょっと前に、某テレビ番組でラテアートをしているのを見て、自分もやってみようかな…なんて思ったんですが、そもそもエスプレッソに全然クレマが立たなくて、絵の描きようがありません(涙)。まあ、まずはエスプレッソをちゃんと淹れられるように、地道に練習を繰り返しましょう。豆も新しくないとクレマが立ちにくいので、また調達しておきましょうか。
…と、それはさておき、今回は、この1ヶ月間の懸案事項となっていたコーヒーメーカーのお話をしてみようかと思います。さあ、早速始めましょう。

続きを読む “ステンレスにこだわる”

オヤジはまだ生きている

プロ野球・中日ドラゴンズの山本昌投手が、昨日・7日の対阪神タイガース戦で先発し、6回1失点の投球で勝ち投手になりました。これで、1988年から23シーズン連続で勝利を挙げたことになり、工藤公康投手が4球団を渡り歩いて作ったプロ野球記録に並びました。

山本投手の作った記録は、ドラゴンズ一筋27年目で達成されたもの。選手の流動化が進んだ現在では、これだけの期間同じチームに所属し続けること自体が容易ではありません。一方で、各チームで優勝請負人として期待され続けた工藤投手の記録も大変なものです。それぞれに違った価値があります。

山本投手は、昨シーズンに続いて今年もここまで2軍暮らしが続いていました。もうすぐ45歳になる大ベテラン。ドラゴンズでは若手投手が台頭するようになり、彼自身は今年が2年契約の2年目ということもあり、このまま引退になるのかも?と思っていましたが、どっこい、まだまだオヤジは生きてます。この勝利で来季以降の首がつながったとはとても思えませんが、意地を見せ続けてくれることには期待したくなります。

続きを読む “オヤジはまだ生きている”

ガンダム、静岡に立つ

わかる人にはあまりにもベタなタイトルですが、ご勘弁ください(苦笑)。7月24日から、静岡市駿河区のJR東海道線東静岡駅前の広場で、「静岡ホビーフェア」が開催されています。静岡市が世界に誇る地場産業の一つが、プラモデルやラジコンなどの模型産業。市自ら「ホビーのまち静岡」のプロモーションに努めています。私自身も、幼少の頃にはずいぶんハマった口です。
ガンダム、静岡に立つ(1)
この静岡ホビーフェアの目玉として、去年はお台場に立っていたガンダムの実物大立像が、今年は静岡にやって来ました。登場から30年以上が過ぎても変わらぬガンダム人気の一端を支えているのが、登場するモビルスーツたちをかたどったプラモデル…いわゆる「ガンプラ」であるわけですが、もちろんガンプラも静岡生まれ。今回は故郷に錦を飾りに来た…と言ってもよいかも知れません。
ちょうど用事があって東静岡駅周辺に行ったので、ちょっと様子を見に行ってきました。

続きを読む “ガンダム、静岡に立つ”