前人未踏。

日本プロ野球では、この週末から、日本シリーズに出場するチームを決めるためのクライマックスシリーズ(CS)が始まっています。私は大嫌いなシステムですが、ルールですから各チームには是非とも頑張って欲しいものです。セ・リーグでは、リーグ3位で初のCS出場となる広島東洋カープが阪神タイガースを2連勝で下し、ファイナルステージへの進出を決めました。「史上最大の下克上」と呼ばれた2010年の千葉ロッテマリーンズに似た雰囲気があります。かなり不気味です。
しかし、CSの裏で、パ・リーグでは何とまだリーグ戦の試合が続いていました。まだ消化できていなかった残り2試合は、リーグ優勝を決めた東北楽天ゴールデンイーグルスと、CSに出場できないことが決まっていたオリックスバファローズとの対戦ですから、確かにここに組み込もうと思えば組み込めます。しかし、いくら何でもこれでは真剣勝負をしている2チームに失礼ですよね。本来なら、ダブルヘッダーを組んででも先に終わらせておくべきです。
ただ、この2試合は当事者たちにとっては全く別の意味を持ちます。毎年、リーグ戦が終了してからCSファイナルステージまでの日程が空いてしまい、リーグ優勝チームが試合勘を取り戻すのに意外に苦労するのをよく見てきました。しかし、今年のイーグルスはこの期間中に試合感覚を維持できる格好の機会をもらっていることになります。下位チームがイーグルスを倒してCSで「下克上」を見せるのは、かなり難しくなるのではないでしょうか。

続きを読む “前人未踏。”