破壊の連鎖

しばらく続いていた日曜大工フィーバーもとりあえずはひと段落。また週末の仕事は薪割りに戻りました。

今年の冬に薪ストーブで燃やすための薪は、昨シーズンの終盤あたりからかき集め、分量的にはおそらく今シーズンを乗り切るのに十分なんですが、困ったことにまだ半分以上が丸太のまま。まだまだ薪割りの作業が必要で、下手をすると大量に丸太が積んであるのに燃やす薪がない…なんて事態になりかねません。本来なら、今シーズンの薪はもう準備が終わっていて、今割っているのは来シーズンの薪であるべきだと思うんですが、思うように仕事は進まないものです。

幸い、温暖な浜松では薪ストーブの本格的な出番が来るのはもう少し先ですし、1シーズンに必要な薪の総量も寒い地方の皆さんよりはずいぶん少なくて済むはずです。少しずつでも薪割りを進めて、今シーズンは薪は買わずに済ませたいところです。

続きを読む “破壊の連鎖”